スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーバーナ-シャンペイン

先日、仕事でイリノイ州のアーバーナ-シャンペインを訪れた。世界でも屈指のイリノイ大学アーバーナ校がある大学の街であるが、大学以外にはほとんど何もない・・。いい街だけどね。

空港が小さいこともあり、ボストンからシカゴまで飛行機で行き、シカゴからは同僚と一緒に車で向かった。シカゴでは大渋滞。街を抜け出すのに1時間くらいかかったが、街を出るとまわりには牧場が広がるのみのど田舎。運転していると眠くなってくるような風景がひたすら続いた。

イリノイ大学は私の恩師の先生が若い頃2年ほど研究生活を過ごされたこと、また私の尊敬するジョン・バーディーン(ノーベル物理学賞を2度受賞した唯一の研究者)が長年研究をしていた学校ということもあり、キャンパスを歩いていてとても感慨深かった。材料科学・固体物理学の聖地の一つである。

UofIllinois2.jpg


本当はもっと写真を撮りたかったのだが連日の大雨でキャンパスを歩き回ることが出来なかった。残念。また次回に写真を撮ろう。

UofIllinois1.jpg


今回仕事をしていたCenter for Microanalysis of MaterialsはアメリカのDepartment of Enegyからのお金がどんどん降ってくるらしく高価な装置が揃い、スタッフも多数いた。これまでの実績もあるだろうが、お金が降ってくるというのはすごいなと思った。うちの会社の電子顕微鏡だけでも4台。計10億円を越す計算だ。最新の装置のテストを同僚と共に進め中々良いデータを得ることが出来た。とてもよい装置に仕上がってきている。

アーバーナは典型的なアメリカの大学の街という感じがした。治安がよく生活費も安く済みやすそうだった。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。