スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学での講演の経験から

土曜日に私の実家のある熊本に戻ってくると、あまりの暑さにめまいがしました。九州は全般的に暑いですが、熊本は特別暑く、涼しいボストンの気候に慣れた私達にとって本当に不快な気候でした。熊本では出来る限るゆっくりして温泉に行く・美味しいものを食べるという計画だったのですが、私の母校である熊本大学と私の恩師の先生がおられる九州大学総合理工学府にてそれぞれ一時間ほどの講演をすることになっていたので、完全には気が抜けませんでした。

九大ではCs補正装置の基礎と応用、熊大ではTEM/STEMで何が出来るか、についてお話しました。九大では内容がマニアックすぎたのか、学生からは質問がゼロ。やはり企業の人間が装置のことについて話すとちょっと内容が専門的になりすぎてしまうのでしょうか。先生方から質問があったので救われました。

熊大では基礎の話したつもりだったの学生からの電顕に関する質問はゼロ(もちろん先生方からは質問がありましたが)。後からあまりに色々と違う手法について話しすぎた、と反省しました。

講演の後、先生方とお話をしていて驚いたのですが、最近は昔ならば学部で教えられていた基礎的なことも学生の負担を減らすためにカリキュラムからはずされてしまったとのことです。材料系の大学院生達に“エバルト球って何か知っている人?”と質問した時に、手を挙げた人が一人しかいなかったのに驚きました。時代がかなり劇的に変わってきていると感じました。
九大訪問後に博多で見かけた超豪華な山笠
yamakasa00s.jpg

yamakasa01s.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 大学院
ジャンル : 海外情報

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。