スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーバード大学にて仕事

今週はハーバード大学の工学部内にあるナノスケールシステムセンター(Center for Nanoscale System)で仕事をした。

harvard_engineering.jpg

このセンターには自社の電子顕微鏡が2台ほど入っている。そのうちの一台はもともと原子レベルでの試料観察が出来たのに、最近出来なくなった、とお客さんから一度見て欲しい、と依頼があり、訪問することに。

ハーバードのこのセンターは出来たばかりで、非常に綺麗で、最新の装置が多数入っている。数年前にこのセンターに世界最高性能の電子顕微鏡を買う予算がついてわが社とライバル会社がオーダーを取ろうとかなり熾烈な顧客獲得競争をしたのだが、残念ながらハーバード側は性能をさておき、業界4番手の実績ゼロの会社の装置を買うことにしてしまった。その理由は“お金”。当初より、予算が削られてしまったので一番安くて装置がたくさん買える会社を選んだということだ。しかし、安い装置を買う、ということにはリスクが伴う。

harvard_campus.jpg


この会社は装置を完成させるのにかなり苦労したようだ。2年以上経ってようやく装置客先に納入中であるが、ハーバードのラボのマネージャーはかなり性能に不満があるようで、8年もののうちの装置で取ったデータをその会社のエンジニアに見せて、古い装置でもお前の装置より良いデータが出てる、何ていやみをよく言っているようだ。

やはり良いものを買うにはそれなりにお金を出さないといけない、ということだ。
今後、この納入がどのように展開するのか私の会社もかなり注目している。

ところでうちの装置だが、電子銃をもう少し調整してみないと何ともいえない、状況なのでまた来週、エンジニアが戻る予定だ。

スポンサーサイト

テーマ : アメリカで働く
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。