スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンシルバニア州ベツレヘムへの出張

あっという間に5月が過ぎて行きました。6月の第1週はLehigh Universityで開かれるLehigh Microscopy School (電子顕微鏡スクール)のサポートでペンシルバニア州ベツレヘムに来ています。ベツレヘムと言えばイエス・キリストが生まれた街の名前ですが、この街は恐らくはその街にちなんでつけられたのでしょう。

このペンシルバニア州のベツレヘムはかつては鉄鋼の町として栄えましたが、鉄鋼産業の衰退と共に街も衰退して行ったようです。街には昔の製鉄所の廃墟が残っていますし、かつて繁栄した歴史を感じさせる街並みがあります。しかし現在は産業の街というよりも大学の街という感じです。

少々、Lehigh Universityの紹介をしましょう。1865年にテクニカルスクールとして設立されたLehigh Universityは現在、4つのカレッジを有し、学部生約4800人、大学院生約2000人、教授陣600人、スタッフ1500人から構成される大学へと成長しました。歴史ある名門校だけありキャンパスは中々立派でした。
Lehigh Univ01
Lehigh Universityは私立大学で年間の授業料が37550ドル(約380万円)と非常に高く、お金持ちの子弟が多く学んでいます。10代の学部生がJaguarなどの高級車を乗り回している という話を聞きます。
Lehigh Univ02
学部の教育は充実しており、全米で1400校以上ある大学の中で全国区大学(National University)の分類で35位にランクされており、トップクラスと言えます。
Lehigh Univ03
一方、大学院レベルでは工学部が健闘しています。電子顕微鏡研究・教育では世界的に名が知られています。

Lehigh Universityでは30年以上毎年、電子顕微鏡スクールを開催しており、これまで多くの受講者を集めてきました。今年は偶然、いつも担当している方の都合が合わず、私が代理でこのスクールの実験をお手伝いすることになりました。

月曜日から木曜日まで朝8:30に授業が始まり、途中でランチ・ディナーが入るものの最後の授業が終るのは夜の9時半。その後はソーシャルアワーとは名ばかりの飲み会が12時過ぎまで続くというハードスケジュール。

日曜日に現地入りし、明日からいよいよ電顕スクールがはじまります。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカで働く
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。