FC2ブログ

実験に解析

来年2月頃に卒業をもくろんでいる大学院生とその指導教官との共同研究の実験とデータ解析に追われている。その指導教官はかなりせっかちな人で電子顕微鏡のことはあまり知らないのだが、大学院生と私が実験している時によく実験室に出没してはこんなデータをとって欲しい、とか何とか言って去っていく。

大学院生曰く、自分のラボではよく大学院生を怒鳴り散らしているらしく、その子も早く卒業したいらしい。アメリカの場合、Ph.D論文のディフェンスは学期の途中いつでもやっていよいことになっていて、その大学院生は前述通り、2月を予定しているが、指導教官には言わないでくれ、と断られている。
卒業時期がばれると引き継ぎのまだ1−2年の大学院生が金魚の糞の様にどこに行くにも付いてくるようになってかなり面倒らしい。

論文をこっそり書き、仕事を見つけてから、指導教官にディフェンスの時期を告げるそうな・・・
よっぽど苦労しているんだろうな(汗)。

頑張ってくれい。

ところで、この大学院生との実験で最近、なかなか面白い結果が出た。教授もやたらと興奮して、この週末に論文を書いて、論文をチェックしてくれと、下書きを送ってきた。この論文を読んだり、さらに追加実験をしたりと、良い意味で忙しくなってきた。

2013Tecoma-FRM.jpg
お気に入りのファミリールーム。Ikeaのショールーム並みにIkeaの物ばかり・・・



クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ


スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカ 電子顕微鏡 アメリカ理系大学院

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に工学系大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの18年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。渡米時、2ヶ月だった息子も高校を無事卒業し、秋からイギリスで大学院生となる。

フリーエリア
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク