スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜祭り開催のボストン

今年はワシントンDCに日本から“桜”が贈呈されて100周年に当たる節目の年ということもあり、全米の主要都市のあちこちで様々な記念イベントが行われています。

ボストンの日本人人口はそれほど多くないこともあり、これまで大規模な日本のお祭りが行なわれたことはなかったそうですが、今回は関係者の方々も随分前からかなりの準備をされたようで、大イベント、“桜祭り”の開催が実現したようです。

開催場所は有名なトリニティ教会のある

コプレー・スクエア

コプレーについては過去の記事もご覧ください。

過去記事の写真↓を見ていただくと分かりますが、
trinitychurch01.jpg
広場になっています。ここにテントや野外ステージを建て、お祭りが行われました!

実際の桜祭りの様子は・・・











2012haru_fes02_edited-1.jpg
少し風が強いものの、青空が眩しい快晴の小春日和となったこの日、会場は身動きも取れないほどの大賑わい!コプレースクエアがこれほど混んでいるのを今までに見たことがありません・・・地元の人もそう言っていました。

普段ならばもっとコプレーはもっとのんびりしていますが、やはり、これだけ人が集まるイベントがあると、警察官の人たちも近くで待機しています。
2012haru_fes01.jpg

私たち普通の日本人のみならず開催者も予想しなかったほどの人たちがこの桜祭りに足を延ばしてくれたようです。
2012haru_fes03.jpg

どこのブースにも人の壁ができていて、全然、近くにいけません。歩くのもなかなか大変で、ちょっと余所見をすると一緒に来た家族とはぐれそうになる始末・・・

2012haru_fes04.jpg
いや~正直、ちょっと人酔いするほどのすごい大混雑でした。

特に人気があったのは、食べ物コーナー。
私と家族も何か美味しいものでも食べよう(情報ではイカの姿焼きやホタテとかあったらしい)と思っていましたが、とんでもない・・・開催者もこれほどたくさん人がくると思っていなかったらしく、食券制度を採用。食券を買うのに2時間、さらに食券を持って列に並んでから食べ物にありつけるまでさらに1時間待ち、というとんでもない状態だったらしいです。

当然、私たちもすぐに諦めました。
2012haru_fes05.jpg

2012haru_fes07.jpg
ボストンで一番高い、John Hancock Buildingとトリニティー教会はほぼ隣り合わせ。近代的な建物と建物が隣り合いながら、不思議なハーモニーを生み出しているボストンの街を象徴するような場所です。

会場のあちこちでお好み焼きや焼きそばのようなものを貪り食っているアメリカ人を見かけました。美味そう・・・やはり、日本食は人気なのです。

大成功のうちに終わった桜・春祭り。日本の文化お伝えするよい機会になったのではないかと思います。関係者の皆様、お疲れ様でした。この成功を機に、お祭りを毎年恒例の行事にしよう、という声もあるそうです。そうなると良いですね!



以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      


Uはっぱ


スポンサーサイト

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン ボストン郊外の街並み ボストン観光

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。