スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドキャニオンの日の出

この旅では日の出を見ることはお約束のようになって来ました。今回はグランドキャニオン村内に泊まったので日の出が良く見える、といわれているマーサポイントまでは車で5分ほど。日の出が7時半だったので7時過ぎにでても余裕で間に合いました。

before_sunrise04.jpg

before_sunrise03.jpg
既に人が集まり始めてはいましたが、ちょうど良い時間に着き、良い場所も取れました。少しすると観光バスでやってきたと思われる日本人たたくさんやって来たかと思うと、いきなりどこからか“ヤッホー”と叫びが聞こえました。夜明け前の静かなグランドキャニオンにこだまはしませんでしたが響きました。ちょっと恥ずかしかったですが。
before_sunrise02.jpg

sunrise02.jpg
夜明け前のグランドキャニオンは結構寒いです。ようやく日出始めました。
sunrise001.jpg

日が少し顔を出すと、大きな拍手喝采が聞こえました。
sunrise002.jpg

sunrise003.jpg

sunrise004.jpg
前回来た時には山に雲がかかっていて日が出るのに少し時間がかかりましたが、日の出が本当に綺麗に見えます。

sunrise01.jpg

sunrise04.jpg

sunrise05.jpg

sunrise03.jpg
夜明けのグランドキャニオン。昼間に比べて圧倒的に人は少なかったですが、すがすがしい朝の空気と朝日に映えるキャニオンが私達に元気を与えてくれたような気がします。
朝日見た後はホテルに戻り朝食を。美しい日の出を見て元気をもらったせいか、お腹がぺこぺこ。
ホテルの窓からグランドキャニオンを見ながら食事を取りました。なんとも贅沢な時間でした。
Kachina002.jpg
ホテルの部屋からの眺め。
View_from_hotel.jpg
この後はグランドキャニオンを出発し、再びユタ州のブライスキャニオン国立公園を目指す予定ですが、その前に、グランドキャニオンビレッジおよびホテルのことを紹介したいと思います。

僕らはEl Tovar所属のKachina Lodgeに泊まりました。本当はEl Tovarに泊まりたかったのですが、キングサイズベット一つだけの部屋しか空いてなかったため、クイーンサイズベット2つの部屋が空いていたKachinaにしたわけです。El Tovorでも折りたたみ式のベット(Rollaway bed)で泊まれたかも知れません。

1905年設立の歴史あるEl Tovar Hotelはグランドキャニオン村にあるロッジ・ホテルの中でもっともチャーミングなホテルなホテルであり、その人気の高さからかなり前から予約しないとシーズン中は中々予約が取れません。
El_Tovar04.jpg

El_Tovar06.jpg
ホテルの中は歴史を感じさせる造り、剥製や絵などが飾られており、ここに訪れる人々ならば一度は泊まってみたい、と感じるのではないかと思います。
El_Tovar001.jpg

El_Tovar08.jpg

El_Tovar02.jpg
一方、僕らが泊まったKachina LodgeはEl Tovarの別館みたいなものですが、El Tovarのような魅力は全くなく、まるで学校のような建物でした。しかしながらロケーションは最高。El Tovarのすぐ隣かつ、キャニオンのすぐ脇にたたずんでいるので景色は素晴らしく、ちょっと散歩するだけでグランドキャニオンの美しい景色を堪能することが出来ます。まあ、機能的ではあります。

Kachina01.jpg
El Tovar所属のロッジとしてThunderbird Lodgeがあります。これもKachinaのすぐ隣でキャニオンのすぐ脇にあります。見た目もKachinaとほぼ同じです。そしてEl Tovar、Kachina、Thunderbirdはどれもグランドキャニオンのリムに張り付くように建てられています。
Grand_canyon_hotels.jpg
他にはBright Angel Lodge、Maswik Lodge、Yabapai Lodgeなどがあります。Bright Angelはキャニオンに近いですが、おそらく部屋からはキャニオンは見えません。Maswikはもう少し、キャニオンから離れています。Yabapaiは一番安いロッジで村内にはありますが、さらにキャニオンからは離れています。ここには以前と待ったことがありますが、部屋はそれなりに綺麗でセキュリティも悪くはありませんでした。

グランドキャニオン村にはホテルの他に、お土産屋、レストランなどがあります。お土産屋はEl Tovarの中にもありますし、Bright Angel、Yabapai Lodgeなどを管理している建物の中にもあります。
Rim_Lodge.jpg
また、がけのすぐそばにあったお店、Lookout Studioも必見です。ベランダに出て景色を見ることが出来ます。
GCanyon_shopping.jpg

GCanyon_shopping02.jpg

それぞれのロッジの位置関係に関してはグランドキャニオン国立公園内のマップをご覧ください。

最後にリムに沿って散歩をした後、グランドキャニオンの壮大な景色を惜しみつつも、ブライスキャニオンへ向かって旅立ちました。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ国立公園旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。