スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可憐な街、コンコード

可憐な街、マサチューセッツ州、コンコード。
ボストン市内から電車で行くことも出来ます。

前述のようにコンコードは革命戦争の戦いの火蓋が切って落とされたコンコード・レキシントンの戦いの舞台でもありますし、若草物語の作者、ルイーザ・メイ・アルコットとその家族が住んだことでも知られており、革命・文学の歴史を持つ可憐で気品のある街です。

2010_concord_DT01_03.jpg

2010_concord_DT04.jpg
とても人気のあるレストラン、Main Street Market & Cafe。食事時には常に外まで人が並んでいます。

2010_concord_DT07.jpg
この街にはやたらと秋が似合うんですよね。

ダウンタウンに並ぶおしゃれなレストランやお店たち。
2010_concord_DT05.jpg

2010_concord_DT06.jpg

続き↓をどうぞ。

2010_concord_DT12.jpg

2010_concord_DT15.jpg
70年近い歴史をもつコンコードのおもちゃ屋さん。コンコードに来ると必ず息子が寄りたがるお店です。

2010_concord_DT11.jpg

今回は初秋だったこともあり、それほど紅葉は進んでいなかったものの、それなりに綺麗な街、金色に輝く木々、と楽しい時間を過ごせました。

以前にも紹介したことのある歴史的レストラン・イン、The Colonial Innの今年の写真をアップして締めくくります。このInnはアメリカ独立のずっと前、1716年創業ですので老舗ですね。
2010_colonialinn01.jpg

2010_colonialinn03.jpg

建物は古いですが、とても清楚で綺麗に保存されており、アンティークの雰囲気を楽しみながらお食事が出来そうです。

2010_colonialinn05.jpg

2010_colonialinn06.jpg

2010_colonialinn04.jpg

今回はお弁当持参のピクニックだったのでこのレストランでは食べませんでしたが、食べてみたくなるようなレストランです。先々、機会があれば食事をしてみようと思います。


さて、ここ数日、コンコードのことを書いてきました。コンコードは私達のお気に入りの街の一つでお勧めの場所です。今回はオーチャードハウスやウェイサイドなどのルイーザ・メイ・アルコット関連の場所やウォルデン湖に行きませんでしたが、コンコードには他にも見所があります。ボストン近郊でお勧めの街の一つです。


以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      


Uはっぱ






スポンサーサイト

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み ボストン ボストン観光 アメリカ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お邪魔した時リクエストして連れて行っていただきましたが本当にいいところでまた行ってみたいなあと今頃の季節になるととくにそう思います。

Re: No title

コーシカ様

一緒にコンコードを訪問しましたね。あの年はとても紅葉が綺麗でしたし、タイミングもばっちりでしたね。
ウォルデンポンドの周りも素晴しかったですし。

また遊びに来られて下さい。
プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。