スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モニュメントバレー、日の出ツアー

モニュメントバレーで日の出ツアーを取るのは初めてで、とても楽しみにしていました。7時にナバホ族ツアーガイドのジェロムと約束の場所に行き、夜明け前の谷見ると、少し赤らんできている東の空に見えるMittensのシルエットがなんとも幻想的で綺麗でした。

MV_sunrise01.jpg

この写真を撮ってしばらくジェロムを待っていたのですが、なかなか現れません。日の出も近いし、少し心配になり彼の家に電話しましたが、電話にも出ない!
やばいか?と思ったその時、めちゃめちゃ飛ばした車が僕らの方に向かってやって来ました。ジェロムの車であることを確認するとホット胸を撫で下ろしました。彼の車に乗り込むと急いで日の出を見るビューポイントへと向かいました。

彼が遅れてきたこともあり、日の出がかなり近くなってきました。でこぼこの土道を飛ばすします。車が揺れまくりました。昨日、トーテムポールを見たビューポイントを通り過ぎると、ガイド付きツアーオンリー、と書いてある道に入り、ものすごいガタガタ道を進みます。途中で小川のようなところも突っ切ってさらに突き進みました。

時には車の底をすってました。飛ばすこと約18分ほど、ようやく彼のお気に入り日の出ビューポイントに到着しました。ここだ、と言われて??何もなかったのでびっくりしたのですがそこの丘を登ってみろ、と言われて登ってみると、トーテムポールがすぐ近くに見え、そのすぐ脇がかなり白んできていました。
MV_sunrise02.jpg

いい場所しってるじゃん、ジェロム。
MV_sunrise05_family.jpg
日の出を待つ息子も朝のモニュメントバレーを楽しんでいました。
いよいよ日が昇るその瞬間、
MV_sunrise06.jpg

トーテムポールのすぐ左から太陽が少し顔出しました。
MV_sunrise08.jpg

モニュメントバレーを赤らんだ朝陽が照らし、岩が赤く染まりました。
MV_sunrise11.jpg

日の出の前は随分待ったような気がしますが、一旦、日が出ると、なんだかあっという間ですよね。谷の岩いわが一揆に赤みを帯びてモニュメントバレーの朝ならではの荘厳なコントラストをかもし出していました。
MV_sunrise09.jpg

MV_sunrise12.jpg

MV_sunrise07.jpg

幻想的なトーテムポール近くでの日の出、谷が赤く染まる様を見た私たち、それだけでもかなり満足でしたが、日の出ツアーはまだ続きます。

続く

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。ありがとうございました!
br_decobanner.gif      
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ国立公園旅行記
ジャンル : 海外情報

tag : モニュメントバレー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。