スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーン州ポートランドの様子

ボストンの北、110マイルほどに位置する

メーン州ポートランド

を訪問した時のことを書いております。

前回の記事ではポートランドが品川と姉妹都市であり、品川から贈呈された日本の郵便ポストを街で発見したことを報告しました。ポートランドにヨーロッパから最初に入植が始まったのは1623年とかなり歴史があります。最初の入植は挫折したものの、1633年には再び入植が始まり、以降、メーン州最大の都市として発展しました。

街並は典型的なニューイングランドの港町でレンガ造りの建物がダウンタウンには多く、綺麗にメインテナンスされていました。

Portland_maine03.jpg
街並み

Portland_maine05.jpg

ニューイングランドにはおしゃれな感じの街が非常に多いのです。

続き↓をどうぞ。

土曜日だったこともあり、街には縦列駐車で車がびっしりと止まっていました。
ダウンタウンは綺麗で安全そうで落ち着いています。
Portland_maine06.jpg

すでにハローウィーングッズが多く売られていました。後数日で私の街の隣、せーラムでは毎日がハローイン状態になります。我が家も後数日でハローウィン仕立ての飾りをはっぱがすると言っていました。はっぱのコーディネートはなかなかのものです。と話がそれました。
Portland_maine04.jpg

Long Wharfと呼ばれる埠頭。ボストンにもまったく同じ名前の埠頭がありますが、そちらに比べてかなり小ぶり。停泊している船も小さい感じでした。今回はパスしましたが、ボストン同様にサンセットクルーズなるものが出ているらしいです。
Portland_maine07.jpg

ボストン・サンセットクルーズに関しては、

ボストン・サンセットクルーズ1

ボストン・サンセットクルーズ2

ボストン・サンセットクルーズの動画

をご参考ください。

ところで私たちがLong Wharfを訪れた時はすでに夕暮れ時で夕日がとても綺麗でした。
静かなポートランドの港を沈み行く太陽が照らします。
Portland_maine08.jpg

Portland_maine09.jpg

日が沈むにしたがってお腹もすいてきた私たち、そろそろディナーにしたいな~と思っていたところ・・・
海に浮かぶ船がレストランになっているFloating Restaurantなるものを見かけました。
場所代だけでも高そう。しかも、大人向けな雰囲気があったので子供ずれの私たちはもう少し家族連れが落ち着けそうなレストランを探すことにしました。
Portland_maine10.jpg

Portland_maine11.jpg

可愛い時計が・・・
Portland_maine13.jpg

Long Wharfから見たポートランドの街の様子。
Portland_maine14.jpg

ロブスターで有名なメーン州らしくロブスターの灯台レプリカ。
Portland_maine15.jpg


こうして友人家族と一緒に清々しく暖かな日に、海風がが気持ちいい港をこうして歩いていて本当に最高!だと思いました。Wharfにあるウォーターフロントコンドミニアム。ポートランドとは言え、これだけ海に近いとかなり高いでしょう。
Portland_maine17.jpg

行きは気づかなかったのですが、Wharfの先の方まで行って戻ってきた時、意外なもの↓を見つけました。

















Portland_maine16.jpg

ベルリンの壁の一部です。
最初は偽者か?と思ったのですが、本物で世界のあちこちにベルリンの壁の一部が在るようです。

アジアでは台湾のタイペイ、シンガポール、ソウル、キャンベラにあるようです。

平和と言う言葉はこのポートランドにはぴったりかもしれません。本当に田舎街で平穏な場所です。だからこそこの街に壁が在るのかもしれません。



以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      

Uはっぱ



スポンサーサイト

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン郊外の街並み ボストン ボストン観光 アメリカ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 ベルリンの壁の一部がある!!!
凄いですね~世界的歴史が、残っている(笑)
とれも薄い壁だけど…厚い困難な壁でしたものね。

 もうすぐ、ハローウィーンですね~
ハローウィーンは、飾りやグッズがとても可愛いので
好きです!日本でもここ最近だいぶ主流になって来た
気がします。
プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。