スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立航空宇宙博物館~宇宙コーナー~

サッカー日本代表がデンマークを3-1で破り、決勝トーナメントに出場決定しましたね。非常に嬉しいいです。今日は午後はずっと気になっていて(ボストンでは午後2時半から試合でした)、落ち着きませんでした。素晴らしい!

ワシントンDCのスミソニアン国立航空宇宙博物館のことについて記事を書いてきましたが、今回の記事では

宇宙関連

の展示物について紹介したいと思います。
最近、うちの息子は宇宙のことに非常に興味を持ち、

ディスカバリーチャンネルの
Into the Universe
with Stephen Hawking


同じく、ディスカバリーチャンネルの
How The Universe Works

を熱心に見たり、サイエンスフェアー宇宙のことを紹介したり、しましたが、今思えば、この博物館の宇宙コーナーに触発されたたからだと思います。

このHow The Universe Worksという番組には、Michio Kakuという日系の理論物理学者が登場しますが、彼の書いた

“Physics of The Impossible”
もはまって読んでいました。

大人が見ても十分楽しめるこの宇宙コーナー。

巨大なロケットや宇宙船があちこちに展示されていました。
ntnl_air_space_museum22.jpg


とにかく大きさが半端じゃない です。実物大なのでしょうか。

ntnl_air_space_museum19.jpg

続き↓をどうぞ。



もっとロケットです。
ntnl_air_space_museum36.jpg


大きな展示物の多い宇宙関連のコーナー。これはやはり宇宙の規模が大きいように、ロケットや宇宙船などもスケールが大きいと言うことでしょう。
ntnl_air_space_museum42.jpg

これはアポロが月に行った時の模型ですかね。
ntnl_air_space_museum23.jpg

宇宙に神秘・ロマン・好奇心を感じる大人、子供は多いのでしょう。とにかく人が多かった。
ntnl_air_space_museum40.jpg

宇宙の研究に欠かせないHubble Space Telescopentnl_air_space_museum41.jpg


熱心にブラックホールの仕組みを説明する学芸員。うちの息子も非常に興味を持ったらしく、しばらく聞き入っておりました。
ntnl_air_space_museum39.jpg

宇宙飛行士はこんな感じで宇宙へと飛び立つのです。
ntnl_air_space_museum33.jpg

ところで、この宇宙関連展示物でもとりわけ子供の人気を集めていたのはトリビアコーナー。宇宙へのたび、NASAやこれまでの宇宙に関する知見に関してかなり難しい質問が出ておりました。子供たちが点数を競っていました。
ntnl_air_space_museum32.jpg


ntnl_air_space_museum30.jpg

ntnl_air_space_museum29.jpg

このように私たちを宇宙の世界へと連れて行ってくれた航空宇宙博物館の宇宙コーナー。
大人も子供も楽しめる素晴らしい展示がたくさんあり、更に、この博物館が好きになりました。
また来たいです。

以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      

Uはっぱ


ボストン以外の写真も紹介してみようかな、と思いまして。

モニュメントバレーより。
monu01.jpg







スポンサーサイト

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : ワシントン観光 航空宇宙博物館 宇宙 アメリカ観光 スミソニアン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 宇宙は、底知れず…夢が、あって良いですね!!!
いまだに、ブラックホールの仕組みが良く分かっていない私です。

 モニュメントバレー凄く素敵ですね!!!
まだまだ、素敵な場所が世の中には、沢山あるんだな~。。。

Re: No title

いんちさん

ブラックホールと言うのは不思議なものだと思います。アメリカのディスカバリー・チャンネルで物理学者たちが熱心にブラックホールの仕組みを説明しているのを見ましたが、それでも分かりにくいものですね。
プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。