スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイナーでお食事

ダイナー

とはプレハブ式やトレーラーハウス式のレストランなのでそれほどぱっと見た感じ豪華なレストランではないので旅行の時に食事に入る人は少数派かもしれませんが、ダイナーは非常にアメリカ的でありながら家庭的で美味しい食事を提供を比較的低価で提供するため、地元住民が多く食事を取りにやってきます。

Danvers_Diner01.jpg

ダイナーはアメリカ文化の重要な一部と言えます。
ところで最近は不景気の影響で職場近くのダイナーが閉店するのを目の当たりにしましたが、家の近所で生き残っているダイナーがあります。

ここのハンバーガーは

ひと際美味しく

時々、むしょうに食べたくなります。
土曜日に、息子の日本語学校の後、ランチを食べに近所のダイナーに向いました。

Danversの港の近くにあるこのダイナーは典型的なニューイングランドのダイナーの外観で、トレーラーハウスのような形をしています。
Danvers_Diner07.jpg

中の様子は続き↓をどうぞ。

早速中に入ると最初はガラガラで閑散としており、驚きました。
数年前なら土曜日のランチタイムには引退した年配の方々がたくさん集まり、朝食やランチを食べていたものです。近年の不景気の影響を受けているのでしょうか、お年寄りが全然いませんでした。
Danvers_Diner02_2.jpg

しばらくすると、若い人たちがどやどやと入ってきました。少し安心。
ここのダイナーはとても美味しいのでつぶれて欲しくないと思っており、お客がもっと入って来て少し安心しました。
Danvers_Diner02.jpg

私達もお気に入りのハンバーガーを注文しました。ハンバーガーは5~6ドル程度と一般的なレストランに比べて安めです。確か、数年前はハンバーガーが4ドル台だったと記憶しているので恐らく不景気で値段が上がったのかもしれません。それでも安いですが。ここのダイナーではハンバーガー以外にもクラムチャウダーやちょっとしたギリシャ料理、ステーキなどもあります。

注文していたチーズバーガーが出てきて来ます。
Danvers_Diner04.jpg

ここのダイナーではハンバーガーのバンズ(パンの部分)にバターをつけてフライパンで少し焼いてあり、バンズがカリット香ばしくて美味くなります。
Danvers_Diner05.jpg

そしてなんと言ってもお肉が柔らかくてジューシーで下味が何とも絶妙な旨さなのです。
Danvers_Diner06.jpg

やはり旨し。以前に食べたテキサスバーガーとは異なった繊細な旨さでここに食べに来て良かったな、と思いました。景気はまだまだ良くないですが、是非、生き残って続けて素晴らしい家庭の味を地域の人たちに提供していって欲しいな~と思いました。

豪華なレストランとは異なりますが、アメリカの味と言う意味ではダイナーの食事は素晴らしいものがあります。アメリカ、特に東部訪問の際には是非、ダイナーで食事をしてみてはいかがでしょうか。



以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      

Uはっぱ


ビーコンヒルより
boston_pict009.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

tag : 美味いもの ボストン・ボストン郊外

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Dinerって

自分も ブログで何度か書いていますが
ダイナー大好きです。
どこも 大抵同じメニューですけど
味つけとか サーバーさんのコスチュームが
微妙に店ごとに違うんで、 初めて入る店は
わくわくしますね。
* 相互乗り入れこちらこそよろしくお願いします。

No title

 不景気イヤですね~街のあちらこちらで、潰れているお店とか
見かけますよ。。。自分の大好きな味は、ずっと残ってもらいたいですね!!!

 バーガー美味しそう!お肉は、肉汁がたまりません!!!
でも、何よりパンが美味しそうです!!!

Re: Dinerって

MEJINAさん

ダイナーは確かにどこも似たようなメニューですが、それぞれの味があって楽しいですよね。私も出張の時に時々ダイナーに行きますが、良いダイナーを発見するととても嬉しくなります。相互リンクの件ありがとうございました。

Re: No title

いんちさん

不景気は本当に嫌ですね・・・。誰もが早く景気が回復して欲しいと思っていると思います。アメリカでも未だに失業率が高く、厳しい状況が続いています。

ここのハンバーガーは本当にジューシーで美味いです。
プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。