スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンカーン・メモリアルへ

奴隷解放で知られるアブラハム・リンカーンは歴代大統領の中でもかなり人気があります。

人種差別は表面上は無くなったと言えども、まだ見えない人種差別の根強いアメリカですが、リンカーンはヒーローのように称えられ、ワシントンのナショナル・モールに立派なメモリアルが建てられています。

ホワイト・ハウスからリンカーンメモリアルまでは歩いて2キロ程度でした。
Lincoln_memorial_map.jpg

リンカーンメモリアルに向かう途中の道で。
waytolinc03.jpg

緑が一杯のナショナル・モールの中(まるで森でした)楽しみなが西へ、西へと歩きます。ほぼ西の端にリンカーンメモリアルはありました。
Lincoln_memorial23.jpg


リンカーンメモリアルの写真は続き↓をどうぞ
遠くからでもよく見える大きな建物、

リンカーンメモリアル

1922年に建てられたそうですが、とても綺麗で、荘厳な感じがします。さすが、リンカーン大統領の記念ですね。

かすかに中に見えるアブラハム・リンカーンの像。
Lincoln_memorial01.jpg

リンカーンの像がハッキリと見えてきました。
Lincoln_memorial02.jpg

マサチューセッツ州の文字がありました。これは南北戦争でリンカーンの側(Union)に入った36の州の名前とそれぞれの州がユニオンに加わった年が書いてあるとのことでした。
Lincoln_memorial06.jpg

階段を登ってから後ろを振り返ると・・・
Lincoln_memorial03.jpg

ワシントン・モニュメントがReflecting pond (反射池)に反射してしかも池の真ん中に見えました。見事に計算されて建てられているのですね~。
それにしてもリンカーンメモリアルはものすごい人気で後から後から人がやってきていました。

続きはまた。


以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      


Uはっぱ
スポンサーサイト

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : ワシントン観光 リンカーン メモリアル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。