スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイト・ハウス見物

ホワイト・ハウス(The White House)

は言わずと知れたアメリカ合衆国大統領の家ですが、このホワイトハウスもナショナル・モールの近郊に位置しており、モールから歩いて行くことができます。バージニアのクリスタルシティーにあるエンバシー・スイートに滞在中の私達はモールまで地下鉄を(20分ほど)利用して来ていたので、その日はスミソニアン駅ではなく、ホワイトハウスにもっと近い

メトロセンター駅(Metro Center)

で下車し、そこから歩いてホワイト・ハウスへと向かいました。メトロセンターからホワイトハウスまでは距離にして400メートルくらいでした。
Whitehousemap.jpg

まずはホワイト・ハウス近隣の写真 を幾つか紹介。

Sun Trust Bankの建物らしいですが、とても味があるな~と思って思わず写真を撮りました。金色の時計が派手です。でも赤いSandstoneに合っています。
Near_whitehouse01.jpg

Treasury Department(お金を造ったり、管理する政府の機関)のすぐ正面にあるBank of America(アメリカで一番大きな銀行の一つ)の建物。これは政府の建物ではないですが、造幣局と違いが分からないような感じでした。
Near_whitehouse03.jpg

ちなみにTreasury Departmentの建物は↓

Near_whitehouse04.jpg

こんな↑感じです。この建物はめちゃくちゃ大きく、奥行きが一ブロック分丸々ありました。さすがアメリカのお金を管理する部署だけのことはあります。像の人物は4代目、財務長官でニューヨーク大学の創設者でもある

Albert Gallatin

裏から見ると
Treasury_dept_back.jpg

この建物はとにかくでかかったです。

写真中の像の人はと言うと初代財務長官だったアレキサンダー・ハミルトン。経済学者だった彼は歴史に名を残す優れた財務長官だったそうです。でも政敵と決闘をして怪我をし、亡くなったそうです。

Treasury_dept.jpg

それではそろそろ、ホワイト・ハウスの写真を続き↓をどうぞ。


ホワイト・ハウスのゲート。ツアーをとる場合にはここに並び、順番に中に入るようです。
Whitehouse_gate.jpg

ホワイト・ハウスの看板
Whitehouse_map.jpg


ところで、ホワイト・ハウスのツアーを取るのは急にはできません。アメリカ市民の場合は自分の居住する州の議員を通じてツアーの依頼をしなければなりません。最低でも30日以上前に予約をすることが義務付けられていますが、私たちが自分の州であるマサチューセッツ州の議員にコンタクトをしようとした時、すでに6ヶ月先まで一杯なので6ヶ月以内に旅行する人はツアーはできません、という返事をもらいました。

ホワイト・ハウスウェブによると、日本人の場合は、大使館を通じてツアーの依頼をすることができるようです。次回訪問することがあれば、もっと早く上院議員と大使館の両方にコンタクトしてみようと思います。

今回はコンタクトをするのが遅くてツアーを取れなかった私たちはとりあえず外からホワイト・ハウスを眺めました。

ホワイト・ハウスを正面から見た写真

噴水の周りに綺麗な花がよく手入れされ植えられていました。
whitehouse_front01.jpg

ホワイトハウス表側に集まる人々。車が入ってくることができなくなっているこの正面の道路はパトカーが数台。馬に乗った警察官数名が見守る中、セグウェイで遊ぶ人や自転車でサイクリングをしている人など様々です。
whitehouse_front02.jpg

この後、ホワイト・ハウスの裏に廻り、裏からもこのホワイトハウスを眺めてみました。
綺麗に手入れをされた芝生の裏庭の遠く向こうにホワイト・ハウスが見えます。

whitehouse_back02.jpg

もう少しアップで見てみると、さすが立派。アメリカ大統領邸ですね。
whitehouse_back01.jpg

裏側は正面のような広い空間はなく結構、狭い歩道に観光客が所狭しといました。もしかしたらこちらが正面なのかもしれません!

whitehouse_back04.jpg

ワシントンDC

には見所が多く、面白いものもたくさんあります。
この後は、リンカーン・メモリアルやワシントン・モニュメントおよびたくさんの博物館の書こうと思っています。

乞うご期待!


以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      


Uはっぱ



スポンサーサイト

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : ワシントン観光 ホワイト・ハウス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。