スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の包丁を見つけよう!

先日の日曜日に先週から一緒にトレーニングを受けているドイツ人エンジニアのカロスケおじさんから包丁を買うのを手伝って欲しいと頼まれました。娘さんの誕生日プレゼントに伝統的な日本の包丁を買いたいのだが、お店に行くと種類がたくさんあって、店の人に尋ねたが、店員とコミュニケーションが取れなかったらしいのです。

一緒に立川駅すぐ近くの高島屋、包丁売り場へと行きました。高島屋の包丁売り場にはかなりの数の包丁があって、カロスケさんが違いが全く分からない、と言うのもうなずけました。
japanese_knife02.jpg

japanese_knife03.jpg

私も包丁のことは全く知らないので、何が違うのだろう?と説明がないかと探していたら全くなし。困ったな~と思っていたら店員の方が来てくれて一つずつ丁寧に質問に答えてくださり、魚用、お肉用、野菜用、などなど違いを教えていただきました。カロスケさんが最初に買いたいと思った包丁はどうやら魚専用だったらしく、ぼつ。

彼が探しているのはキッチンで気軽に使えるマルチな、でも日本的な風格のある包丁でした。
実際に幾つかの包丁を手にしてみて最終的に彼が決めたのは箱が立派なこのシリーズ。真中のものと左端の小さめの包丁2つを2組。自分用と娘さん用だそうです。大きい方は1万7千円程度、小さいほうも1万2千円。2組でそれなりのお値段になりました。

japanese_knife01.jpg

この包丁は芯は硬い鋼で表面にはステンレス鋼が重ねてあり、よく切れるが、手入れもそれほど難しくない、とのことでカロスケさん向きだったのではないかと思いました。
その他にもお土産をたくさん買っていました。

立派な包丁を見つけて大満足のカロスケさん、綺麗にギフト用の包装+壊れないように厳重なバブルラップまでしてもらった彼は超~ご機嫌。一緒に夕食に行くことになりました。それは次の記事にするとします。
日本の包丁も様々な種類があり、近年はいくつ物違う層からなる包丁などかなり工夫されているものも多く、とても勉強になりました。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      
スポンサーサイト

テーマ : ショッピング
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。