スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のセーラム、魔女の街 続き

今日から東京で2週間の研修を受けています。
今朝、ホテルで、朝食を食べていたら少し離れたところにどこかで見たことのある外人のおじさんが座っていました。目を凝らしてみてみると、数年前にフランスであったバーンさんと言うドイツ人エンジニアでした。こんなところで彼に再会するとは思っていなくて、一瞬目が(・o・)点になりました!
お互いに朝飯よりもおしゃべりの方に夢中になってしまいました。そんなこんなで仕事ではバーンさんとフランスから来ているミシェルさんと共に、別々ですがお互い研修です。

ところで、最近の魔女の街、セーラムの寒い冬の様子の記事を続けて書いてみようと思います。

昔のセーラムの市役所。今では中は空っぽで時々、絵などが展示されていたりします。
2010Salem11.jpg

この辺りはレンガ造りのコンドミニアムがあり、非常におしゃれです。このコンドミニアムは1816年(築200年)に建築された古いものですが、中は完全に綺麗に改装されていて、古い壁/水道管などは取替えられており、古くてもとてもモダンな内装となっているようです。このようなコンドーはとても人気です。

2010Salem19.jpg

2010Salem09.jpg

まだ一部残る、リスマスの飾りやイルミネーションが街のあちこちで見られました。
2010Salem13.jpg

セーラムと言えば、やはり、古いお墓。このお墓は1637年に作られたセーラムで最も古いお墓で、ちょっと怖いのでハロウィーンの頃になるとこの辺りを心霊ツアーが通ります。このお墓の周りは夜になるとかなり真暗で、けっこう不気味です。
2010Salem15.jpg

セーラムのランドマークとも言える歴史と風格を感じさせるこの教会。塔が高く遠くからでもよく見えます 。
2010Salem18.jpg

また同じ道にある幽霊が出ることで有名なHawthorne Hotelこのホテルは本当に出る部屋があるらしいです。数年前に、サイファイ・チャンネルの心霊特集でも登場していました。セーラムに泊まるならばこのホテルはお勧めです!

2010Salem20.jpg

次回は真冬の海辺の様子を書いてみようと思います。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

スポンサーサイト

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン郊外の街並み

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。