スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノースエンドのオールド・ノース教会

ボストンのノースエンドにある革命の英雄、ポール・リヴィアハウスを見学した後、私達はポール・リヴィアモールとオールド・ノース教会を目指しました。少し歩くとすぐにポール・リヴィアモールへ着きました。ここにはポール・リヴィアの銅像があります。

ポール・リヴィアについては以前に書いたコンコードの記事および、先日のポール・リヴィアの家をお読みください。

ポール・リヴィアの銅像。
Paul_Revere_mall01.jpg

ポール・リヴィアモールのレンガの散歩道。冬は寂しい感じですね。
paul_revere_mall03.jpg

以前に夏に来た時はこんな感じでした。
old_north_church02.jpg

ポール・リヴィアモールの先に見えるのはオールド・ノース教会。ボストンで最も古い今でも礼拝に使われている教会であり、国立歴史的建造物に指定されています。この教会はポール・リベアが馬を走らせてイギリス帝国軍の進軍を革命軍に知らせに行く際に、3人の愛国者にこの教会の高い塔に2つのランタンを掲げるように指示を出しました。二つのランタンはイギリス軍が陸路から進軍すると言う暗号だったのです。

遠くからでも見える非常に高いオールド・ノース教会の塔。
09Old_north_church02.jpg

モールから道を渡ってオールド・ノース教会へと向かいます。
09Old_north_church03.jpg

この教会はいつ来ても綺麗にしてありますが、天井の高さに驚かされます。
09Old_north_church05.jpg

立派なパイプオルガンがあります。
09Old_north_church06.jpg

イエス・キリストの絵画とお言葉ステージの上にありました。
09Old_north_church04.jpg

しばし、椅子に座り、静かに瞑想。
革命の歴史に名を残した、オールド・ノース教会。手入れもきちんとされており、今でも活発に集会が行われている中々立派な教会だと思いました。ちなみに中に入るのは無料ですが、歴史的建造物の保護・保存のために献金用の箱が置いてあります。

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


スポンサーサイト

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。