スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン・シーフードレストラン

海がすぐそばのボストンにはたくさんのシーフードレストランがあります。今週は、ボストンで開かれている学会に出席するためにたくさんの研究者達が世界各国から来ていたこともあり、どこのレストランもかなり込んでいました。私の恩師の先生とそのご友人の先生、そしてその先生の大学院生と夕食に行くことになりなりました。

ボストンだからシーフードを食べたい、と言うことで、学会の開かれていたHynes Convention CenterのあるBoylston StreetにあるAtlantic Fish Coに行って見ることにしました。

レストランの場所はプルデンシャルセンターのBoylston Street側の出口から出てすぐです。レストランの外観。
atlanticfishco.jpg

ボストンの食べ物で有名なのはニューイングランドクラムチャウダー、生がきとロブスターなどだと思います。先生方は既にクラムチャウダーを食べられていたので、恩師のご友人の先生と彼の博士課程の学生さんは2人でLobster Feast for Two(ロブスターの宴、二人用)と生がきを注文されました。

まずはアペタイザーの生がき。マサチューセッツ産のものです。レモンとチリソースにホースラディッシュ(わさびみたいな味がするような気がする)でお好みに応じて味付けします。私は個人的にはレモンとホースラディッシュで食べるのが好きです。
atlanticfishco03.jpg

そしてでてきたロブスターの宴、二人用は↓

lobsterfortwo_atlanticfish01.jpg

2パウンドのロブスターにたくさんのムール貝ベークドレッドポテトが付け合せありました。食べられたお二人は“美味い!”とおっしゃっていました。

私はつい先日、自宅でロブスターを食べていたので、Giant Scalops(巨大ホタテ)のソテーを頂きました。バターでソテーしてあり、少し表面が焦げ気味でしたが、非常に美味しく、食べ応えのある大きさでした。さすがGiant。

atlanticfishco02.jpg

atlanticfishco04.jpg

今回は先生方に夕食をご馳走になってしまいました。ありがとうございました!

Atlantic Fish Coそれなりに値ははりますが、街中にあることを考えれば、リーズナブルだと思いますし、アメリカのシーフードレストランでは非常に美味しいと思いました。個人的にはLegal Seafoodよりも好きでした。お勧めできます。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

スポンサーサイト

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。