スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン郊外:コンコード、文学の史跡

コンコードは革命戦争への関わり以外にも、豊かな文学との関わりで知られています。1835年にこの街へと引越してきたRalph Waldo Emersonはすぐに街で最も著名な市民となりました。そして彼の周りに知的な人々が集まって来てグループを作りました。その中にはNathanael Hawthorne、哲学者Amos Bronson AlcottLouisa May AlcottHenry David Thoreauがいます。

このような知的な環境により生み出された作品の中にEmersonのエッセー“Self-Reliance”(1841年)、Luisa May Alcottの小説“Little Women:若草物語”(1868年)、Hawthorneのストリー集“Mosses from an Old Manse”(1846年)、Thoreauの“Walden”(1854年)、“Civil Disobedience”として知られる“Resistance to Civil Government”(1849年)があります。


1845年にAlcott家は現在The Waysideとして知られる家を購入し、Hillsideと名づけました。後に若草物語の中で家族がこの家に住んでいる時の出来事が数多くでてくるようです。
wayside03.jpg

1852年に作家HawthorneがAlcott家からこの家を買い取り、妻と3人の子供と共にこの家に引越し、The Waysideと名前を改めました。Nathanael Hawthorneが1862年に亡くなった後、1870年にこの家は売られ、その後、何人かの人の手を経て、Lothrop家(夫はボストンの出版社で働き、妻が作家)の手に渡りました。

wayside02.jpg

wayside04.jpg

wayside05.jpg


The Waysideは現在、ミニッツマン国立歴史公園の一部となっており、国立公園によって管理され、中を見学することができます。

Alcott家はThe WaysideをHarwthorne家に売った後、コンコードを去りましたが、1857年にコンコードに戻り、翌年に再び家を購入しました。この家は12エーカーのりんご園のある土地にあったことからAlcott家はこれをOrchard Houseと名づけました。
orchardhouse01.jpg

Orchard Houseのすぐ脇にあるのはLuisa Alcottの父であり、哲学者であるAmos Bronson Alcottが設立したThe Concord School of Philosophy父は哲学者ではありましたが、稼ぎはほぼゼロで、娘のLuisaの作家業で家族の生計が立てられていたようです。Luisaは父のSchoolを経済的に支えていたのです。

orchardhouse02.jpg


Orchard Houseは一般に開放されており、入場料を払い、ツアーを取ることが出来ます。
入場料は大人:9ドル、シニア:8ドル、子供(6-17歳):5ドル、6歳以下:無料
会館時間についてはウェブサイトから確認できます。

schoolofphil.jpg

現在でもこの建物は地域の子供達の教育、活動などのために使われています。中はこんな感じです。
school_of_philosophy01.jpg

次回はHenry David ThoreauとWalden湖のことについて書いてみようと思います。



以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。ありがとうございました!
br_decobanner.gif      
スポンサーサイト

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。