スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モニュメントバレー、日の出ツアー 続き

トーテムポール近くでの日の出を堪能した後もツアーは続きます。モニュメントバレーでのツアーは2時間~2時間半が一般的です。

日の出ツアー、素晴らしい!日の出のポイントから少し戻ると小川の中を少し走り、トーテムポールが良く見える場所に連れて行ってくれました。さらにこのポイントでは、風でできたと言う貴重な砂の模様を楽しむ事が出来ました。私たちのガイドであるジェロムが数日前にツアーをしたカメラマンがこのポイントで沢山写真を撮っていたそうです。

MV_sunrise16.jpg

このように綺麗な模様は貴重であり、またそのあたりは人があまり立ち入らない場所なので、立ち入って足跡を残さないようにと言われました。写真を撮る際には回り道をして模様を避けました。
sand02.jpg

その後、ジェロムは僕らを代表的なガイド付きツアーオンリーの秘境に連れて行ってくれました。
まずはBig Hoganと呼ばれるアーチ。

MV_sunrise18.jpg

Hogan=ホーガンとは典型的なナバホ族の家のことで谷内でよく見かけます。このアーチの形がホーガンに似ているという事らしいです。写っている人間と大きさを比べるとこの自然の天窓のある岩がどれほど大きいか類推できるかと思います。

モニュメントバレー内にある本物のホーガン。Big Hoganに天井に穴が開いている所などがなんとなく似ていますね!

MV_sunrise17.jpg

お次はモニュメントバレーにあるアーチです。Ear-of-the-Windと呼ばれます。
是非、砂の丘を登って近くまで行って見る事をお勧めします!その名の通り、風の音が聞こえます。それと写真ではなかなか伝わってこないかもしれませんが、このアーチはかなり大きいです

arch02.jpg

これはEye of the Sunと呼ばれるアーチ。確かにウインドが目の形をしているのが分かります。風と水により出来たというこの天の窓。
eye_of_the_sun.jpg

また“太陽の目”のすぐ脇に大昔に書かれたと言う壁画が発見されています。色んな動物が描かれています。
near_eye_of_the_sun.jpg

MV_sunrise19.jpg
再び、Mittensが遠くに見えるビューポイントへと戻って来ました。壮大でそして奥行きがあり、まるで全てが浮き上がってくるように見えるモニュメントバレー。日の出ツアーもいよいよ、終盤となりました。日の出か、日の入りかで迷いましたが、日の出ツアーはとても清々しく、朝陽に照らされる谷を見れて本当によい選択をした、と思いました。日の出ツアー、お勧めです!

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。ありがとうございました!
br_decobanner.gif      
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ国立公園旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。