スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン郊外:歴史の街、コンコード 続き

前回に続き、ボストンの西18マイルほどに位置するコンコードについて紹介しています。

4月19日の早朝、日の出のさなかにレキシントンでアメリカ革命戦争最初の衝突が起きました。数で劣勢であった革命軍はコンコードへと退きます。イギリス軍は目的地であるコンコードへと進軍し、革命軍とOld North Bridgeで再び合間見えました。

レキシントンでは劣勢だった革命軍ですが、Old North Bridgeには数百の革命自衛兵達が集まってきてイギリス軍と戦い、3個隊を打ち破りました。数で劣勢となったイギリス軍は防戦一方となり、援軍が来たもののボストンへと退く過程で次々に集まってくる革命軍の兵士達により大きなダメージを受けました。

これがOld North Bridgeの写真。実際には1956年に建てられたレプリカです。川ではボートをこいでいる人、カヤックをしている人など様々な人を見かけました。
Old_north_bridge01.jpg

現在ではこのOld North Bridgeの周りには記念碑が建てられ、ミニッツマン国立歴史記念公園となり、多くの観光客が訪れます。ミニッツマンとは革命軍の精鋭部隊です。
minuteman_historic_park06.jpg

革命の記念碑
NBandMonument02.jpg

コンコード-レキシントンの戦いにおいて重要な役割を果たしたミニッツマンの銅像。
concord_minute_man02.jpg

Old North Bridgeのあるミニッツマン国立歴史公園の周りは秋に行くと紅葉がとても綺麗です。
northbridge02.jpg

concord_near_northbridge01.jpg

concord_leaves.jpg

コンコード、小さいけど歴史と文化のある街
機会があれば是非、立ち寄ってみてください。コンコードまでの行き方は電車で行く場合、ボストンのNorth StationよりFitchburg/South Acton Lineに乗り、45分ほどです。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。ありがとうございました!
br_decobanner.gif      
スポンサーサイト

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。