スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sneak Peek of ハロウィーン in 魔女の街セーラム

アメリカの最古の街の一つであるセーラム。古い街であるがゆえに忌まわしい過去の歴史もあります。その一つが魔女裁判の歴史。これにより罪の無い人たちが多数投獄されたり、処刑されました。

現在ではその過去の歴史を逆手に取り、“魔女の街”として観光客を集めています。セーラムの紹介については過去の日記に紹介していますので是非、一度ご覧ください。魔女の街、セーラム その1魔女の街、セーラム その2魔女の街、セーラム その3魔女の街、セーラム 最終章

今年はハロウィーンにセーラムに行きたかったのですが、体調を崩していたこともあり、今回は昼間に妻の協力を得て、少し覗いた様子を紹介しようと思います。ハロウィーンにセーラムに行くと街に入るのも一苦労ですが、出るのはほぼ不可能状態になります。

ワシントン・ストリートとニューリバティー・ストリートの間のエセックス・ストリートは常に歩行者天国になっており路上で季節の物や魔よけのものなど色んな物が売っています。特に10月は観光客も多いので出店の数がいつもよりかなり多くなります。
salem_halloween01.jpg salem_halloween02.jpg

10月のセーラムでは毎日がハロウィーンのようなもので昼でも夜でも普通に仮装した人がその辺を歩いています。でもセーラムであるがゆえに全く違和感が無いのです。
salem_halloween03.jpg

道端でおしゃべりをしている魔女と魔法使い。
salem_halloween11.jpg

十字架を身にまとい、綱を胸に下げているのは魔女ハンター?
salem_halloween13.jpg

売り物の石鹸を並べる魔女。
salem_halloween04.jpg

仮装をするだけではなく、さらにもう一歩進んでパフォーミングをしている人もいました。これは一見、ただの銅像ですが、実は↓

salem_halloween06.jpg

salem_halloween05.jpg

仮装をして銅像になりすましているパフォーマーなのです。かなり長い間(数時間?)人を感じさせないほど動きません。チップを入れる箱がちゃんとあり、お金を置いていく人もいます。
同じコンセプトのパフォーマー発見。さっきの銅像の方がもっとリアルだったかな。

salem_halloween09.jpg

セーラムの中心街はそれほど大きくはありませんが、あちこち見てまわろうと思うと、結構歩きます。ハロウィーンの季節は車での移動は非常に難しいので、↓のような人力の乗り物を利用すると便利です。
salem_halloween07.jpg

続く。

ボストン市内のハロウィーンを紹介しているブログ↓もあります。
From Boston ~ボストン便り~


励みになるのでFC2とボストンブログランキングへの投票をお願いいたします。↓のFC2ブログランキングとCool Bostonのロゴをそれぞれクリックしてください。ありがとうございました!



スポンサーサイト

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカのイベント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。