スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イリノイ大学アーバーナ・シャンペイン校

先週の日曜日から2週間、イリノイ州アーバーナにあるイリノイ大学アーバーナ・シャンペン校(以下UIUC)に出張して、エンジニアのトレーニングコースを教えました。UIUCはアメリカのみならず世界でも名の知れた研究型総合大学でこれまで20人以上のノーベル賞受賞者を輩出しています。ノーベル賞の歴史上唯一ノーベル物理学賞を2度受賞したジョン・バーディーン(1956年のトランジスタの発明と1975年の超伝導理論の確立)が教鞭を取ったことでも知られています。

UIUC_01.jpg

UIUCはサイエンスだけではなく、ピューリツァー賞(ジャーナリズムの権威ある賞)受賞者を20人輩出するなど、ジャーナリズム、アート、建築、法律など幅広い分野で強いプログラムがあります。
キャンパスはとても広大でフットボールスタジアムから歴史のありそうなビルに超近代的な建物まであります。
UIUC_02.jpg

私の専門としている材料科学・工学を含め、工学部、物理学部は非常に評判が高く、留学先を探している方がいたら是非、お勧めしたい大学のひとつです。

大学のあるアーバーナ・シャンペイン市に小さな空港しかないため、今回はまず、インディアナ州インディアナポリスに飛び、そこから車で西に2時間運転し、目的地に向かいました。途中はとうもろこし畑ばかりで何もなし。きわめつけのド田舎です。車のスピードでピンボケ。トウモロコシ畑が続いている雰囲気は伝わってくると思います。

Illinois_cone_field01.jpg

UIUCのCenter for Microanalysis for Materialsにはうちの会社の装置が多数入っており、お客さんも多くのデータを論文や学会で発表しておられ、いわゆるVIPです。

今回はお客さんとの交渉で、最新鋭の装置を1台、2週間に渉ってお借りし、トレーニングクラスを企画しました。それには4人のエンジニアと私を含めた2人のインストラクターが参加し少々大所帯となり、最初は実験室が非常に狭く感じましたが、段々とそんなことも忘れ、トレーニングクラスに没頭しました。本当に忙しい2週間でしたが、この間、みんなで色んな美味い物を食べました。写真を織り交ぜながら、食べた物を次回の日記で紹介してみようと思います。

励みになるのでFC2ランキングへの投票をお願いいたします。ありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ : アメリカで働く
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。