スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の癒しの空間 ~リビングルーム~ 最終章

小さいけどたくさん光が差し込む小さな窓を背に、アームチェアーに座って読書などいかがでしょうか。
living_room_new_look32.jpg
この椅子はIKEAで数年前に買った地味な物ですが、妻が、チャイハネという日本の雑貨やで買って来たらハンカチを置いてみると、それっぽく大変身。

living_room_new_look33.jpg

楓のはっぱの形をしたモチーフは木の枝を編んで作った物で、かなり手が込んでいます。手作りぽいところにこのモチーフのよさを感じます。近くに、鳥さんもいます。
夜はこのアームチェアーに座って読書をしたり、ぼ~っとしたりします。
9歳の息子のギター。時々、リラックスタイムにギターをぽろぽろと弾いてくれます。

living_room_new_look16.jpg

キッチン側から見た我が家の癒しの空間のはこんな感じです。
living_room_new_look28.jpg

逆に窓側から見るとこんな風です。
living_room_new_look35.jpg

ソファーの上にも秋を意識したクッションを置いています。
ソファーの横になってぼ~っとしてみたり、雑誌を読んだり、読書をしたり、昼寝をしたり!
living_room_new_look34.jpg
夜はまさにリラックスの空間。

ちょっとアンティークな雰囲気のある我が家のリビングルーム。以前はカントリー風にしていましたが、最近、エスニック系に目覚めた妻が民族系の雑貨を多く取り入れることで全く違った雰囲気となりました。夜にランプを落とし、ろうそくとランタンに火をともすとリビングルームは途端に癒し・瞑想・リラックスの空間へと変わります。改めて妻のセンスのよさに感謝。

この癒しの空間はボストンの秋の雰囲気にぴったりです。これからはここでリラックスし、そして癒されることでしょう。

ご訪問ありがとうございました!

FC2ランキングへのご投票をクリックにてお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。