スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の癒しの空間 ~リビングルーム~ 2

アメリカでも最も古い歴史を持つマサチューセッツ州では、新築の家はむしろ少数派で、多くの家は、古い家を何度も改装したものです。私の住むベバリー市は1626年に入植が始まったマサチューセッツでもかなり古い街であることもあり、家の近辺には築数百年の家がごろごろとあります。

我が家はそこまで古くはないのですが、日本ではあまりない築60数年です。改装で家の中を完全に近代的にしているところもありますが、私の家は比較的アンティークな雰囲気が残されており、入居当初はアンティーク調の家具や雑貨を置いておりましたが、最近、民族系に目覚めた妻が、得意のインテリアセンスを駆使して素晴らしい雑貨を集めてきて、我が家のリビングルームを見事に変身させてくれました。意外とアンティーク調の我が家が民族系の雑貨や家具と合うことが分かりとても新しい発見で、今ではこのリビングルームは我が家の憩いの場であり、癒しの空間となっています。

living_room_new_look11.jpg

我が家のリビング、特に、カウチの周りをやさしく照らしてくれる5角形のランタンはフローティングロータスの蓮の模様が光に照らされてとても綺麗に見えます。
living_room_new_look04.jpg

昼間は全く違った顔を見せてくれるこのランタン、とても気に入っています。
living_room_new_look21.jpg

コーヒーテーブルといい感じのテーブルクロス、アロマポットにお花の形をしたお香ホルダー、マッチ箱。
living_room_new_look18.jpg

living_room_new_look19.jpg

夜に火を入れると、
living_room_new_look02.jpg

また違った表情を見せてくれます。

ろうそくの明かりって何だか暖かくて、冷たくなってきた空気を少し暖めてくれるような気がします。
living_room_new_look05.jpg

象のろうそくたて。こういうのは、これまであまり見たことがなかったのですが、妻が見つけてきてくれました。結構、気に入っています。
living_room_new_look06.jpg

心地よい香りのお香をたきながらしばし瞑想にふけりたくなるこの空間。
今週、出張から疲れて帰ったときに、私の疲れを癒してくれることでしょう。

続く。

FC2ランキングへのご投票をクリックにてお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。