スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりボストンが好き

朝の4時半に目覚ましがなったのが夢の中のように聞こえ、危うくとめてそのまま再び寝てしまうところでした。二つ目の目覚ましがなったところで、はっとして、起きあがったものの、まだ頭は寝ていて、しばらくぼ~っとしてしていました。朝起きは昔から苦手でした。

泊まっていたホリデー・イン・エクスプレスからはホテルのタクシーで移動しましたが、空港まで道で急に後ろからパトカーが来て、タクシーがプルオーバーされる、というハプニングがありました。メキシコの警察は腐敗していることで有名なので何事か?と心配しましたが、どうやら、停止サインのところで完全に停止せずに発進した、ということで止められたらしいのです。

どうなることかと思いましたが、運転手が少し警察と話して30ペソ(およそ3ドルくらい)を渡すと、そのまま行ってよい、ということになったようです。やはりメキシコ警察は腐敗しているようです。しかし同僚によると30ペソの賄賂で許してもらえたのはラッキーで、同僚の住むメキシコシティーならば多分200ペソくらいは渡さないとね~と言っていました。それでも安いような気がしました。

一瞬、はらはらとしましたが、問題なく空港に着き、出国を済ませてあとは待つだけ。
チワワのような小さな空港で、飛行機も小さいのに、アメリカ人がかなりゲート前で飛行機を待っていて驚きました。チワワに来た時も飛行機は満席でしたが、帰りの飛行機も小さかったですが、満席。

チワワの街にはアメリカの車、電気、などなどの会社が多くあるようです。Made in Chinaだけではなく、Made in Mexicoの物もアメリカには結構あるようです。

ボーディングが始まり、少し外を歩いて小さな飛行機に向かいました。今日は少し天気が悪く、空港に向かう途中には、小雨がちらつきましたが、この時には、すでに雨はあがっていて、東の空から日が出ようとしていました。
chihuahua_airport01.jpg

chihuahua_airport02.jpg
小さな飛行機で1列2列の構成。それでも25列くらいあって、飛行機は満席。こんな何もない街でも結構アメリカ人は来るもんだな~と思いました。

窓から見えた隣の飛行機の模様がモザイクがかかっているかのような変な絵で思わずシャッターを切りました。なんか嫌な模様だな~。
chihuahua_airport04.jpg

月曜日から5日間滞在した、チワワともこれでお別れ。お客さんからは是非、また来てくれ、と頼まれましたが、ここに来るのには飛行機代を含めてかなりお金がかかるので簡単には来れないでしょう。
小さくてのんびりした街でした。さようなら~。
chihuahua_airport03.jpg

飛行機は20分早く、ダラス空港に到着し、急ぎ足で入国ゲートへと向かいます。今回はグリーンカードを取った後、初めての入国だったので、ビザの時と、プロセスがどう異なるか、結構興味がありました。
ダラスの入国ゲートは“アメリカ市民と永住権所有者”の列と“訪問者”の列に別れていましたが、ガラガラ。早速、市民と永住権保有者の方に並ぶとそのまますぐに入国審査になりました。受けた質問はビザの時と比べて少しやわらかく、やっている仕事のことや会社のことはそれほどこと細かくは聞かれず、5分もかからずに入国完了。ビザの時に書かないといけなかったI-94も書かなくて良いので楽ちんでした。

あっさりと入国できたものの、違うターミナルに行かないと行けないし、セキュリティも通らないといけないので大急ぎ。朝ごはんも空港のお店が閉まっていたので何も食べずに来たため、お腹もぺこぺこ。

セキュリティーを通り、電車に乗ってようやくターミナルAに到着し、まだ30分ほど合ったので、急いで食べる場所を探して、ブランチを食べました。お腹が落ち着いてきたところで早速、飛行機の搭乗が始まり、飛行機に乗り込みましたが、この飛行機も満席。隣に坐ったおじいさんがとても背の高い人で席の足場が狭いことを何度も繰り返し文句を言っていました。私は彼に比べたらかなり背は低いですが、それでも狭く感じたので彼にとっては本当に窮屈だったでしょう。無事にボストンに到着した時、”This was the most uncomfortable 3 hours I have ever had” これまでの人生で最も心地悪い3時間だった、と捨て台詞を言っていました。私も同感。行きに乗った飛行機は比較的足場が広かったのですが、この飛行機はやたら狭かった!アメリカンエアラインにはもう乗りたくないですね。

ボストンについて最初に口から出た言葉は・・・

”寒っ”でした。
チワワは25~28℃で湿度が50パーセント以下のとても過ごしやすい気候でしたが、ボストンは15℃、湿度87%。しかも、空港からホテルに向かう途中で雨が降ってきました。

出発した時のあの暑さが嘘のようです。まあ8月最後の週末だから仕方がないですが。それでもやはりホームタウンに帰って来た、という気がしました。やはりボストンが好きです。街もずっと素敵ですし。渋滞もありましたが、そのまま、一番お気に入りのベトナムレストランに直行し、大好きな“Pho”ヌードルを食べました。色んな種類のヌードルを取り揃えているこのレストラン。今日は”トムヤン・ヌードル”を選択。少し辛くてすっぱい味が絶妙にうまいこのヌードル。
888_pho_tomyan01.jpg

シアントロタップり、そしてベービーコーン、パセリ、たけのこ?のような野菜などなど、野菜がたくさん。チキンにも下味がついていてしかも美味い!このレストランのヌードルはどれも本当に美味しく、自分の中では既にラーメンを越えました。
AAA_pho_tomyan02.jpg
このヌードルを食べていると、ボストンに戻ってきた、と言う実感が沸きました。ホームスイートホームですね。

来週も半ばから出張予定ですが、この週末は体を休めて、しばし、ホームタウンでの時間を楽しもうと思います。


ここをクリックして本ブログの応援をお願いいたします。



スポンサーサイト

テーマ : メキシコ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。