スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり初夏

昼間は30℃を超える(湿度がないので過ごしやすい)暖かい毎日が続くアリゾナ。大学で働く身ではあるが、教授たちも平気で短パンにTシャツで仕事に出てくるので、去年までは長ズボンを履いていたが、ここ最近は短パンで仕事をしている。短パンは動きやすいし、涼しいのでアリゾナの気候に合っていると実感する。

ここ最近は去年の仕事の評価、つまり査定で忙しくしてた。去年の夏から、大学スタッフからアカデミックスタッフという教授ではないけど、教授と大学スタッフの中間のポジションになった。待遇(給料は別)はかなり教授に近く、テニュアを取ると簡単に首にできなくなるらしい。また、7年に一度、サバティカルという有給の休暇(普通はどこかに研究をしに行く)を取ることができる。

評価の仕方もポジションの変更に応じて、様々な項目に関する4段階評価から、自分がどのような仕事をしたかを自由に数ページから10何ページにわたって記述し、それを他の部署(私が何をしているかあまり知らない人たち)がそれを読んで4段階評価をつけるという、よく分からない評価方法になった。そして私自身も他の部署にいる3人の自己アピール文を読んで彼らの仕事ぶりを4段階評価した。

他の部署にいる人が評価する、というのがよく分からないし、ちょっと不公平なシステムだと思うが、長年それでやってきたから変えようがないとのこと。最終的にはセンター長が全員の評価を元に評価を決定するそうだ。どうなることやら。

ところで、アリゾナ州はまたしても不景気に逆戻りしつつあるようだ。州知事はアリゾナの州立大学3校に対する99ミリオンの予算カットを発表した。お金が足りなくなると教育を削るというアメリカ最悪の方法だ。最適の法要は税金の本の少しあげることなのだが、政治家たちはそうすると州民の怒りを買って、次期選挙で当選できなくなると思い込んでいるらしく、税金をどうにかするよりまず、大学や小中高への援助を断ち切る。また酷い場合は警察官や消防士の数を減らす。全く酷い話だ。

この予算カットでうちの大学もやばいらしい。うちの部署は最近、一人が引退し、もう一人はやめてしまった。でもこのままいくとしばらく代わりの人は雇えない・・・たたでさえ、同僚が仕事をしないので仕事の負担は大きいのに、さらにしわ寄せが!

予算カットの影響がどのような形で現れてくるのか、今後、注意をしてみていないといけない。


スポンサーサイト

寝てる時に足が・・・

最近、すっかり暖かく最高の気候が続くアリゾナ。
これまではジーンズにTシャツというラフな格好で仕事に出ていたが、今週からは短パンTシャツとさらにラフな格好で仕事をしている。こちらの大学のドレスコードはかなり自由で教授たちも大部分は短パンTシャツだ。

ところで夜中に足がつった激痛で目がさめた。めちゃくちゃ痛くて、しばらく眠れなかったが、気が付いたら朝。足がつったことも忘れてベッドから起き、歩こうとすると、つった足が痛すぎてまともに歩けない・・・。シャワーでお湯をかけながらマッサージしてなんとか歩けるまでにはなった。それでもふくらはぎが引っ張られている感がまだ取れない。

実は昨日、以前からやっている運動プログラムで、かなりの全速力で数分走り続けるのを何度も繰り返した。ここのところ運動にも慣れてきたので、大丈夫だろうとタカをくくっていたが、やはり年には勝てないのか?最近、よく足が激痛を伴ってつる。次回走る時はもう少し、控え気味に走ったほうがいいな、これは。

話は変わるが、今日から息子はチャーチのキャンプ活動で2日留守。土曜日に帰ってきたらそのまま、オールステート(アリゾナ州代表)オーケストラのオーディション。キャンプで練習ができないので、これは厳しそう。

urayama2015-3-12-1 copy

urayama2015-3-12-2 copy
去年の大雨・洪水の傷跡が裏山の散歩道に見られる。

urayama2015-3-12-3 copy
あちこちに花が咲いていた。

夏の計画を立てねば・・・

ここのところコロラドから友人が実験をしに来ていたのと、税金申告の書類作成で大忙し。なかなかブログを更新できずにいた。税金申告は毎年のことながらかなり大変。いや、疲れた。とりあえず、書類をまとめて会計士のところに送ったので、ひとまずは安心だ。

あとは今年の査定用の書類を作成すれば、当面の面白くない事務仕事は終わる。

早いものでもう3月。息子あてに夏の高校生向けプログラムからお誘いが来たこともあり、すでに夏の計画を立てないといけなくなった。

まず、お誘い(invitation)1:Intensive Law & Trial

スタンフォード大学法学部とコラボでやっているプログラムらしいが、高校生向けの2週間の集中法律・司法講座。プログラムを主催している機関は将来のリーダーを育てる、プログラムを多数提供している。これは去年息子が受けたPre-SAT(大学入試向けの基礎学力試験の基礎版)を受けた時に、司法関係の仕事に興味がある、とアンケートに答えたことから招待を受けたらしい。

なかなか面白そうなプログラムではあるが、2週間で4500ドルとお値段は決して安くない。

お誘い2:National Students Leadership Conference
趣旨は似たような感じではあるが、将来のリーダーを育てることを目的とした高校生向けの夏期講座でワシントンDCを中心に大学で様々な講座を受けられるらしい。サイエンス、エンジニアリング、バイオテクノロジーから政治、法律など分野は幅広い。お値段はやはり、4000ドル以上。またワシントンまで連れて行かなければならい。個人的にはこちらの方が面白そう。

あと、ディベートクラブからはジョージアの名門エモリー大学が主催している夏のディベートキャンプに参加することを勧められている。

他にも参加したいものがあるらしく、どれも締め切りが今月末。早めに申し込まないとどれにも参加できなくなる。いや、どうしたものか。ただ、ハーバード大に子供を入れた友人の話では、Pre-collegeと呼ばれるプログラムは子供のレジュメに効いてくるから参加させた方が良いらしい。またリーダーシップについて若いうちから学ぶというのは非常に良いことだと思う。ただ、しがない地方公務員の財布にはちときついものがある。

2015-grandcan-3-2.jpg

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。