スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルク・ド・ソレイユのショー最高♪

昨日、ラスベガスから運転して帰ってきた。
フェニックスまでは片道6時間ほど。大渋滞が無いのでボストンからニューヨークへ行くよりはずっと楽な運転ではあったが、とにかく途中、あまりに何も無いので気分的に疲れた。

ラスベガスの感想
ラスベガスはどこに行っても人ごみの中で歩きタバコをするマナーの悪い人があちこちにいてあまり好きになれなかった。時々、無料の噴水ショーや火山ショーもやっていて短期で遊びに行くには良いが、基本的にはギャンブルの街。あまりガラは良くない。

[広告] VPS

火山ショーの動画。

2013Las_vegas_volcano1.jpg
火山ショーの様子。

2013Las_vegas_volcano2.jpg
短いショーながらなかなかの迫力だった。

ただ、シルク・ド・ソレイユのショーは最高だった。はっぱが前から真中右側の前から5列目のすごい良いチケットをゲットしてくれたこともあり、アクターの息が聞こえ、筋肉の動きがはっきり見えるほどステージに近かった。このショーだけでも今回、遠出してここまで来た甲斐があったというものだ。訪問中のはっぱのご両親もこのショーは楽しまれていたようだ。

残念ながらショーは写真撮影禁止・・・


ショーの余韻に浸りたいところだったが、今日から現実に引き戻され仕事。
しかも同僚のおじさんの尻拭いで、夜遅くまでサービス残業。このおやじにはとことんやられまくっている。どうにかしてくれ。


クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : ラスベガス 火山ショー シルク・ド・ソレイユ

ラスベガス散策

ラスベガスに到着してからラスベガスを散策中。ストリップ(ストリップショーではない)メインストリートをぶらぶらと歩いてみた。
この道は夜になると凄く混むので歩いてみて歩く方がずっと良い。

2013Vegas17.jpg
空中に浮く男。チップを要求していた。
どうやって浮いているのだろうか?

2013Vegas18.jpg
エッフェル塔だ!

2013Vegas19.jpg
凱旋門もあるぞ。

2013Vegas20.jpg
ライトアップの色がどんどん変わってゆき、真っ白な建物が違った雰囲気を出す。

丁度良いタイミングで通りかかり、噴水ショーを楽しむことが出来た。
[広告] VPS

動画をアップ。水がかなり高く吹き上げられ迫力あり。かなりの人気で見るのも少し大変。



クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカ ラスベガス 噴水ショー

ラスベガスに出没!

今日はフェニックスからラスベガスに車でやって来た。久しぶりのラスベガス。前回来た時はバブルのはじけた後で、ここは悲惨な状況だった。

早速、外を歩いてみたが、かなりかつての人気を取り戻しつつあるような気がするほど、どこに行っても混んでいた。きらびやかな様子は少し、ニューヨークを髣髴させる。

2013Vegas15.jpg

2013Vegas14.jpg
M&Mはニューヨークにもあったな~。
それにしても凄い人。

2013Vegas01.jpg
今回泊まっているホテルの近く。かなりにぎわっていて夜も騒がしい。

2013Vegas05.jpg
ネオンの明かりがいい感じ。

2013Vegas03.jpg
歩道はたくさんの人でごった返し。

2013Vegas04.jpg

2013Vegas11-2.jpg

明日はシルク・ド・ソレールのショーを見る予定。
楽しみだ。



クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : ラスベガス ラスベガスのショー

クリスマスディナー

前述の通り、クリスマスには近所のウッド家族を招待して一緒に夕食をいただいた。その家族は奥さんがElsavadorの出身で以前、家族でしばらくElsavadorに住んでいたので、娘さん2人はスペイン語もしゃべる。


2013Christmas_dinner1.jpg

しかし、なぜか下の娘さんは大の日本好き。はっぱから日本語のレッスンを取り、自分でもかなり日本語の勉強をしている。アニメのイラストも上手だ。

この日ははっぱのご両親がいたこともあり、興奮気味でかなり日本のことを話していた。日本の歴史にも詳しく、戦国時代の話になって、織田信長が明智光秀に裏切られたことや伊賀・甲賀忍者の話など、かなりのりのりで話していた。

今度、お父さんのお兄さん夫婦が日本にしばらく行くことになるらしく、早く、遊びに行きたいと言っていた。

ディナー後ははっぱのお父さんがクラッシックギターを披露♪
拍手喝采!

次はお父さんと息子がギターとバイオリンのコラボ。
2013Christmas_dinner2.jpg
素敵な曲をたくさん弾いてくれ、最後にクリスマスの曲であるGreenleevesを演奏するとクリスマスの雰囲気が一気に高まる。二人の息はぴったり!

ウッド家族も娘二人は高校のコーラス部に所属する音楽家族。ピアノとデュエットを披露。二人の声が合っていて見事なハーモニーを奏でてくれた。

2013Christmas_dinner4.jpg
最後にはお父さんも一緒に“聖しこの夜”を歌って締めくくり。
アリゾナの家は天井が高いので音が良く響く。

音楽たくさんのクリスマスは初めて?だったけど、私たちも訪問してくれたウッド家族もこの素敵な夜を楽しんだのではないか思う。



クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : クリスマスディナー クラッシックギター バイオリン

メリークリスマス♪

メリークリスマス

アメリカ最大の休日、クリスマス。クリスチャンではない人でも大抵、休みを取り、家族で集まったり、ゆっくりしたりする。休みの少ない新入社員でもさすがにクリスマスは休みをもらえる。

今年のクリスマスは特別。日本からはっぱのご両親が訪問中でアメリカに来てから初めて、はっぱと息子以外の家族を迎えてのクリスマスだ。去年のクリスマスは近所のインド料理レストランで外食した記憶が・・・

でも今年は日本好きの娘さんのいるアメリカ人家族をご招待してのディナー。お義父さんのその家族のお父さんはすでにアリゾナリゾートで一緒にゴルフ済み。

にぎやかなクリスマスディナーになりそう。
ティーネージャーの息子には今すぐは分からないかもしれないが、きっとこれは良い思い出になるに違いない。

2013Christmaslight003.jpg
新聞に載るくらい有名な近所のライトアップ。

2013Christmaslight002.jpg

次はチャーチのテンプルライト。
これはかなり有名。
2013Templelight08.jpg
イエス・キリストを探して旅をする3人の賢者とラクダ。かなりでかい。

2013Templelight07.jpg
羊飼いがイエスを訪問。

2013Templelight02.jpg
ものすごい数のライト。

2013Templelight05.jpg
まるで夢の世界だ。

2013Templelight03.jpg
反射プールがあって、光を反射している。

2013Templelight04.jpg
かなり高いやしの木の上にもたくさんのライト。

2013Templelight01.jpg
地面にまで草・花に見立てたライトアップ。

やはりクリスマスは良いね。

クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アリゾナ アリゾナリゾート ゴルフ クリスマス クリスマスライトアップ

レモン収穫!

我が家の裏庭でレモンがたくさんなり、日本から訪問中のはっぱのご両親が収穫してくださった。
お疲れ様でした。

2013_lemon1.jpg

2013_lemon2.jpg
実は正体不明のかんきつ類もなっていて、食べてみるとやたらと旨い。
無農薬で新鮮な美味しさ。しかもとても大きい!

最高だ!

これでレモンブレッドやレモンブレッドを作ったり、料理にかけたり、はちみつレモンを作ったりとたくさん利用しているが、それでも使い切れないので友人にもかなりおすそ分け。



クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : レモン アリゾナ かんきつ類

クリスマス直前・・・でも仕事・仕事・仕事

ここのところ本当に連日のように難しい実験が入り、また、プライベートでも忙しく、やや疲れ気味だ。同僚のおじさんは相変わらず休みまくり。と言っても、仕事に来てもiPadで遊んでいるだけだからいなくても一緒だけど。

共同研究ももう少しパートナーとして働ければ、こちらもやる気が出るし、実験へのアプローチも変わってくると思うのだが、とにかく最高性能を一度でだせ、という態度でこられるとちょっと…

特に最新の装置はここ半年、いろんな問題があり、思ったような性能が出ていない。というか性能を出すには装置を動かす人が相当がんばらねばならない。

本当に難しい装置なのだ。おかげで少し体心をすり減らしているような・・・クリスマスだが、クリスマスのような気はあまりしてこない。おじさんは相変わらず、自分が最高の電顕屋だと思っていて、裏でどれだけ、他人に迷惑をかけているか分かっていない。余計疲れる。バケーションから帰ってこなくていい。

来週、仕事に出てこないといけないのは新人の僕だけだ。

とりあえず、近所のライトアップを紹介。

2013Christmas01.jpg
最近はLEDがかなり多くなってきた。個人的には伝統的なライトの方が好きだが。

2013Christmas02.jpg
白のLEDで作った小川がいい感じ。

2013Christmas04.jpg
ライトだけではなく、小物がたくさん使われている。

2013Christmas05.jpg
カラフルなライトも悪くない。



クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ

テーマ : アメリカで働く
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカ アリゾナ クリスマス クリスマス・ライト

コンサートマスター♪

年末が近づき、研究所が慌ただしくなってきた。というのは毎年1月の第1週に開かれる電顕スクールの準備をしないと行けないのと電顕学会の締め切りが2月1日だったりするので、今ぐらいから実験である程度結果を出してストーリーを考える必要があるからだ。

おかげで毎日朝から夕方までランチの時間も無く、実験。
最近使っている装置は調子が悪いので、結果を出すのに一苦労だ。

ところで、コンサートの多い年末だが、今日の夜は息子の中学のオーケストラのコンサートがあった。一学期の最後を飾るコンサートで、学期の始めに比べてみな、オーケストラの呼吸があってきている様に感じた。

ところで、これは今日のコンサートまで気づかなかったのだが、実は、息子がオーケストラコンサートマスターだった。今年、最年長でバイオリンを担当しており、オーケストラの代表として、最初に音合わせの“音”を出す役だ。

オーケストラのディレクターから名前を紹介され、一番、最後にステージに上がって前に出て、音出しをする。
アリゾナでよいバイオリンの先生にも恵まれて、練習も少しづつするようになってきて、バイオリンもこの一年で随分、上達した。コンサートマスターに選ばれたのは息子にとって、今後の成長のためにも非常に良かったと思った。

2013Endofyearconcert.jpg
一番、前の列で演奏していたので、息子のバイオリンの音がこれまでになくよく聞こえてきた。リラックスして、とても楽しそうに弾いたのが本当に良かった。

訪問中のはっぱのご両親も今回のコンサートに来てくださった。
私たち両親以外の家族がコンサートに来たのは初めてだったので息子も嬉しかったのではないだろうか。

"Thank you for making all of us proud"


クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ

テーマ : アメリカの教育
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカの中学 音楽教育 オーケストラ バイオリン コンサートマスター

レモンの香り♪

レモンの香りがする我が家の庭♪

レモンって冬になるものだっけ?
レモンの木が熟れたレモンでたわわになってきた。

2013Lemon1.jpg

2013Lemon2.jpg
使わないともったいない!
ということで、レモン・ブルーベリーブレッドを作ってみた。

一度、レシピをちゃんと読んでなくて失敗・・・でも2度目は上手く行き、いい感じに焼けた。
2013Lemon3.jpg
食べてみると、レモンの酸っぱさが爽やかで美味い。うちのレモンはベリーグッド!

せっかくの無農薬の自家製レモン。もっと料理やベーキングに使って楽しみたい。


クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカ 自家製レモン レモンブレッド

クリスマスコンサート

年末に立て続けにあるバンドとオーケストラのコンサート。
親は時間の都合をつけないと行けないので大変ではあるが、自分の子供が輝く機会なのでみなこぞって出席している。私の場合もコンサートの始まる時間が早かったりするので、職場から直接会場に足を運ぶことも多い。

今回のコンサートは息子の参加しているMetropolitan Youth Symphony (MYS)のクリスマスコンサートで、フェニックスの隣街であるメサ市にあるヒルトンホテルで行われた。

ホテルで行われた、といっても立派な会場を取って行われた訳ではなく、ホテルロビーの奥にある"バー”近辺にある空間を使っていた。前回のコンサートはお金を取ったのに今回は無料だったのでおかしいを思っていたが・・・

それでもコンサートは大盛況、バーでお酒を飲みながら、子供の演奏を聞く親たちもいたが、相乗効果を狙ったヒルトンが無料で会場を貸してくれたのだろう。

2013-MYS-Christmascon4.jpg
このMYSはオーディションによる審査があるため、中学のオーケストラよりはずっとレベルが高い。かなり上手い人たちもいるので、息子も刺激になっているようだ。もちろんプレッシャーもあるようだが。

2013-MYS-Christmas_concert2.jpg

2013-MYS-christmas-concert1.jpg
8月から始まったこのMYSのプログラム。前回のコンサートではまだオーケストラとしての完成度は高くはなかったが、やはり練習を重ねることで、全体としてのレベルがかなり上がったのではないかと感じた。

とにかく席が少なかったので、吹き抜けが会場になっていることを利用して2階からコンサートを拝聴した。4つあるディビジョンがそれぞれ頑張ったが、やはりディビジョン1はかなりハイレベルな演奏を披露してくれた。

MYSはこのコンサートが今年最後の活動で、1月まではしばしの冬休み。息子は今年はじめたばかりではあるが、良い学びの機会になっていて、私たちもコンサートを楽しめるので一石二鳥だ。


クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ







テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アリゾナ メトロポリタンユースシンフォニー

我が家のクリスマスツリー♪

日本から訪問中のはっぱのご両親が我が家のクリスマスツリーを奇麗に飾り付けしてくださった。我が家のクリスマスツリーがこれだけ奇麗に飾り付けされるのはかなり久しぶりのような気がする。

渡米したばかりでお疲れのところありがとうございました!

2013ChristmasTree2.jpg

一番上の赤星は重くて上手くつけられなかったのだが、ハンディーマンのお義父さんがあっという間につけてしまった。さすが!

今年のクリスマスはひと味違うクリスマスになりそうだ。

クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカのクリスマス クリスマスツリー クリスマスライトアップ

Welcome to Phoenix!

あっという間に12月も3分の1が過ぎてしまった!
毎年、1月の第2週にはうちの大学で冬の電子顕微鏡スクールが開かれるため、その準備やそれまでにデータを取っておきたい先生や学生から仕事が毎日のように転がり込む・・・

良い意味で忙しい12月。着任したばかりの去年とは違う。

今週は難しい実験がいくつも控えているので頑張らねば。

ところで、本題に入るが、今日からはっぱ(妻)のご両親がはるばる日本から今日、フェニックスにやってこられた!

Welcome to Phoenix!

12月のフェニックスは必ずしもとても暖かくはないが、やはり日本よりは随分暖かいとのことだ。これからはクリスマスや年末年始とイベントの多い良い季節。特に、アリゾナは去年まで住んでいたマサチューセッツのように雪がないためかみんなライトアップを惜しみなくやっているので、ライトアップはとても奇麗だ。

このクリスマスの季節の雰囲気を是非、お二人にも楽しんで頂きたい。

私たちもアリゾナに来て初めての家族の訪問。息子とお義父さんが早速、即興でバイオリンとクラッシックギターで演奏。私たちは演奏を楽しく聞かせて頂いた。二人とも初見の曲をばんばん弾いていた。息子も初見でバイオリンをかなり弾けることに驚き感動。

これからも楽しみだ。

2013Lightup1.jpg

P.S. うちはもう少しライトアップを頑張らないと。うちの木に少しライトを巻いてみた。外からクリスマスツリーが見えるように家の家具も配置換え。

クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカ生活 アリゾナ州 家族の訪問

クリスマスの季節の到来♪

先日、私たちの集うチャーチでコミュニティー・クリスマス会があった。
今年はこれまでのような小さな内輪のパーティは辞めて、もっとコミュニティーに貢献しようと言うことで、近隣の中学校や高校のコーラス部を招待して、クリスマスコンサートを開催し、普段はうちのチャーチに来ない人たちが多数訪れた。

また、クッキーやアップルジンジャーを準備して、地元市民との交流が行われ、非常ににぎやかな会となった。またこの会の目玉は

イエス・キリストの誕生の様子を実際の人間が演じるライブ・ネーティビティだった。偶然にも10日ほど前に男の子を授かった若い夫婦がボランティアとしてマリアとヨセフ、そしてイエスを演じることを買って出た。その日は朝から会場の準備で大忙し。

このライブ・ネーティビティーの準備も着々と進んだ。
コンサートもさることながら、このライブは非常に見事だった。
台詞がある訳ではなく、実際に生きた人間と動物が演じているというだけなのだが、クリスマスの雰囲気が非常に良く伝わってきて、多くの人が感動していた。

2013ライブネーティビティー1
ロバやヤギも生きた動物を使っているのでかなり臨場感がある。でもロバもヤギもただひたすらわらを食べていた。

2013ライブネーティビティー

この晩は気温が2−3℃でフェニックスとしては寒かったが、2時間にわたって我慢した生後10日の赤ちゃんと出産したばかりの若いママに拍手!



クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ




テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカのクリスマス クリスマス イエス・キリストの誕生

Gifted Education

少し前にも書いたが、アメリカの公立の学校では高校でも日本のような入試はなく、住んでいる地域によって個別によって学校が運営されており、学区によって多少違った方針で教育を進めている。

私たちの住むアリゾナの学区では住んでいる地域によって行く高校は自動的に決まるが、希望すれば、少し遠い校区以外の学校にも行くことが出来る。いずれにせよ、高校には様々な学力の子供が同じ高校に入学してくるためクラス分けは希望者のみが受けるテストによって行われることを書いた。

このテストは学区内にある6つの高校に行く予定の子供は誰でも受けることが出来、全体の上位23パーセントに入れれば、“Honor class”という難易度の高いクラスを高校で受講できる。Honor classを受講すると成績表にもそのことが記述されるので、将来、大学に出願するときにも有利になる。

更には受験者全体の上位1パーセントに入ると、“Gifted(天分の才がある)”とみなされ、Honor classはもちろんであるが、Giftedの子供たちのみを集めた高校への入学資格が得られたり、各高校内にあるGifted Programへ参加することが出来るようになる。

少し前に息子が進学予定の高校の説明会があり、はっぱと共に参加してきた。多くの両親たちが参加しており、この地域の人々の教育への関心の高さが伺えた。また、この高校は勉強のプログラムが充実しているだけではなく、音楽(オーケストラやバンド、マーチングバンド)も充実しており、マーチングバンドでは今年はアリゾナ州チャンピョンに輝いた。

アメリカの教育は学校によってかなり差が出てくるが、この学校は非常にしっかりしていると感じた。また、日本に比べてよいことは大学受験がないこと。受験に関係ない科目はかなり手抜きな日本に比べ、音楽やアート、体育など、かなりバランスよく学べるし、様々なことをやっている方が、大学に出願する際にもプラスになるようだ。

また高校内に芸能分野に進むためのプログラムがあることにも驚いた!
このプログラムでは音楽や歌、ダンス、演劇など将来芸能界に進むために必要なクラスを選択的に履修できる。多様性のあるプログラムがアメリカっぽいと思った。

ところで、先日、学区のGiftedの子供たちを集めたアカデミーから入学のお誘いの手紙と学校のパンフレットが届いた。住んでいるところから少し遠いこともあるが、息子は一切興味なし。なぜか?





パンフレットの写真に出ている子供たちがみなオタクっぽくてCoolじゃないから、だそうだ(笑)。
まぁ地元の高校にもGiftedのための特別プログラムもあるし、わざわざ遠くまで行くこともないだろうか。どこの高校に行っても、やる気があれば、何でも出来る、というのが私と彼の自論。

がんばって欲しいものだ。

2013DV_MB2.jpg
アリゾナチャンピョンのTシャツ

2013DV_MB1.jpg
1996年に創設の比較的新しい学校だが、アリゾナ州のチャンピョンに4度輝いているらしい。


クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ



テーマ : アメリカの教育
ジャンル : 海外情報

tag : アリゾナ アメリカの教育 アメリカの高校 アメリカのバンド

Ikea? I don't care

アリゾナに引越してきてすでに1年経つが、ベッドルームのひとつが未だに手付かずのままになっていた。その理由としてはアリゾナの家がマサチューセッツの平均的な家に比べて2倍近く大きいことがある。

ベッドルームの大きさがまったく違う。以前、ボストンで住んでいた家の一番大きなベッドルームが今のアリゾナの家の一番小さなベッドルームに相当する。向こうから持ってきた家具では家がすかすかだった。

幸か不幸か?家からそれほど遠くないところにIKEAがあり、この一年、何度もIKEAと足を運び、少しずつ家具を増やしてきた。IKEAの家具のクオリティはそれほどよくはないが、とにかく、値段がお手ごろで機能性は悪くないので、こちらでもかなりの人気で、週末や休みはパーキングを探すのも大変なほど込み合う。

ただIKEAの家具は組み立てがかなり大変なので、男たちはいつも文句を言っている。

来週から、我が家に日本から家族が遊びにやってくることもあり、“客間”として一年間、ほぼ放置プレーしていた第4のベッドルームにIKEAのベッドを入れることにした。

ベッドの部品を買った後、運んで来るのも大変であった(合板でめちゃくちゃ重い…)がこれを2階運ぶのも一苦労。この一年で大きくなった息子にも手伝ってもらう。

組み立ても二人がかり。


2013-12-IkEA01.jpg
まずは部品を並べて、説明が一切書いてない絵だけの説明書をじっと見つめる。

2013-12-Ikea03.jpg
息子と二人で作業を進める。説明書を解読するのは息子の方が得意なので、息子に指示を出してもらいながら、力仕事を進め、

2013-12-Ikea04.jpg
いい感じになってきた。これに引き出しをつければ完成。
このベッドの良いところは普段はコンパクトでしかも引き出しが3つもついているので収納にも良いし、下の部分を引き出すと…






2013-12-Ikea05.jpg
大人が2人十分寝むれるクイーンサイズのベッドになる。
この辺の小技が、IKEA(英語ではイケヤではなく、アイケアと発音)を完全にI don't careと言えない所以なのかもしれない。


P.S.楓君(息子)、手伝いお疲れさま。




クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : IKEA アメリカ生活 アリゾナ グランドキャニオン セドナ 砂漠

感謝祭ウィークも終わり・・・

今週はアメリカで最も長い感謝祭の祭日は木・金・土・日の4連休。
多くのアメリカ人は家族と集まり、盛大な食事をする。


てこのThanksgivingの食事に登場するのがTurkey=七面鳥だ

Turkeyは好き嫌いがあるかもしれないが、個人的には好きな方。ただ自分達だけで焼くと焼くのも大変だが、残こりを食べるのが大変で、妻は好きではない。

我が家ではもっぱらハムを食べてきた。

去年のThanksgivingは車で移動中で、モニュメントバレーのホテルで大量の日本人を見かけた。日本人は家族がアメリカにいない場合が多く、この連休を利用して旅行に出かけるのだろう。

今回は恵まれて近所の家族の宴に誘われ、ハム、パンプキンパイ、パンプキンブラウニーを持って参加。ターキーをはじめ、伝統的なThanksgivingの食事をいただき、興味深いお話をすることが出来た。この宴には私たち以外にも2家族くらい参加していたのだが、みな教養が高くかなり難しい話をしていた。また、中学・高校に通う子供たちのゲームのことについてかなり面白い話が聞けた。

ところで普通は食事の後はゆっくりと家で過ごしたり、散歩をしたりするものだが、今年はクリスマス商戦がかなり加熱しており、ターゲットやウォルマートと言ったアメリカの代表的なお店以外にもショッピングモールも夜6-8時くらいから開くことになっており、私たちも6時にはショッピングモールへと足を運んだ。

早い時間に行って早速、興味のあるお店へと向かう。すでに少し列が出来ていた!

2013Katespade.jpg

時間がたつにつれて列はどんどん膨らんでいくし、モールも込み合ってきた。
不思議なのはモールにいる客の大部分は中国人。中国語があちこちで飛び交っていた!
大量に女性もののかばんや財布を買っていく中国人男性たち。これは国に帰って売るつもりなのだろうか??


残念ながらゆっくりとした感謝祭の休みも終わり。
今日から仕事だ。


クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif 

Uはっぱ


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : Thanksgiving ショッピング ターキー ハム

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。