スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン・ネービーヤードの夕暮れ

8月がもう少しで終わろうとしています。
息子は今日から5年生として新しい学年が始まりました。
新しいクラスには何人か友達がいたようで喜んでいました。

それにしても早いようで内容の濃い、様々なことがあった夏休みでした。
みなさまの夏休みはいかがでしたか。

今週は昨日からフロリダ州タラハシーに来ています。6時の飛行機に乗るために久しぶりに4時には家を出ました。やはり、6時の飛行機はきついです。4時に家を出ても客先には昼前についたのでそれから定時過ぎまではみっちり仕事。いや、長い一日でした。

フロリダのタラハシーに関しては…これまで行ったアメリカの街で一番何も無い街のひとつです。とにかく何も無いです。レストランもあまり無し。蒸し暑くて日本の夏を思い出します。

と言うことで、こちらのことは書かずに、前回、前々回に続き、ボストン・サンセットクルーズでの出来事について書きます。

このクルーズでは途中、

チャールズタウン

にある、ネービーヤードに停泊中の

USS Constitution

の日の入りのセレモニーを見学することができます。

USS Constitutionはアメリカ海軍で最も古い軍船で、初代アメリカ大統領であった、ジョージ・ワシントンにより合衆国憲法を記念して“USS Constitution”と名づけられたそうです。1797年に完成した長い歴史を持つ木製の帆船であり、米国独立とのかかわりからフリーダムトレールの名所のひとつとなっています。


船が少しずつこのネービーヤードを通り過ぎてゆきますが、その際に、バンカーヒル・モニュメントとUSS Constitutionがだんだん近づいてゆきます。
2010_Sunset_cruise46.jpg

USS Costitutionとバンカーヒルモニュメントが綺麗に並びました。
2010_Sunset_cruise47.jpg

そして通り過ぎました。
2010_Sunset_cruise48.jpg

続き↓をどうぞ。


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み ボストン アメリカ ボストン観光

ボストン・サンセットクルーズ その2

ボストン・サンセットクルーズその1

の続きを書いています。

ボストンの向こうに沈み行く太陽、クルーズ船はボストンハーバーの一番良いところへ船を向けてくれました。何だかとても素敵な風景。
2010_Sunset_cruise24.jpg

2010_Sunset_cruise26.jpg

2010_Sunset_cruise27.jpg
随分と沖に出ました。気持ちよさそうにセーリングをするヨットたちがあちこちに在ります。ヨットに乗ってみたい気もしますが、暗くなったら怖いです。無事に帰れるかなって。でも気持ちよさそうですし、なんといっても景色がたまらないでしょう。

続き↓をどうぞ。

続きを読む

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み ボストン ボストン観光

ボストン・サンセットクルーズ その1

この日は

イザベラ・スティワート・ガーナー美術館

ファニュエル・クインシーマーケットプレース

エアショー

と盛りだくさんですが、とどめはこの日のハイライト

サンセット・クルーズです。

せっかくだから何か思い出に残ることをしたいとイベントを探していたのですが、

Boston Harbor Cruise

という会社が提供しているこのサンセットクルーズを見つけました。
この会社はくじらワッチングを初め様々なクルーズを提供しています。

気になるお値段ですが、90分のクルーズで大人一人22ドルと良心的。


このクルーズのコース↓結構盛りだくさんというか距離があります。
sunsetcruise_map.jpg
Boston Harbor Cruiseより借用。

2010_Sunset_cruise13.jpg
いい感じに日が傾いてきたボストン、ロングワーフ。

続き↓をどうぞ。

続きを読む

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み ボストン ボストン観光

ボストンの空に・・・

夕暮れ時のボストン・ウォーターフロント。とても暑い日でしたが、夕暮れになり、丁度いい気温になってきました。港では既にクルーズ船を待つ人々の列が出来ていたので、早速列に並びます。涼しげな海風に吹かれながらサンセット(夕日)クルーズを待つ私達、本当に気持ちのよい日でした。

列に並び、しばらくすると周りの人たちがざわめき、空を見上げ始めました。指差す人たちもいます。何事かと思って見上げると、














ボストンの青空に白い文字↓が書かれている

airshow_longW00.jpg

ではないですか!
偶然出くわしたエアショー、これは待ち時間の退屈しのぎになると内心大喜び。ラッキー!

続きを読む

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン観光

ボストン・ウォーターフロントへ

Quincy Marketからウォーターフロントは歩いても5分程度の距離。この辺にはやはり見所がたくさんあるなと思いました。ちなみにノースエンド(イタリアン街)もここから歩いてすぐです。ここのところ気持ちのよい快晴が続くボストンでは自然に海の近くに人が集まります。

to_water_front2010_8_07E.jpg

to_water_front2010_8_01.jpg

子供たちが水遊びをする

ウォーターパーク

to_water_front2010_8_02.jpg

がありますが、定期的に地面から水が噴射され、子供たちがおおはしゃぎで走り回っていました。この日は結構暖かかったので、気持ち良さそうでした。大部分は子供でしたが、競泳水着を着た大人の男性が一人、遊んでいました。こんなところであんな水着を着なくてもね・・・と思いつつ、通り過ぎます。

to_water_front2010_8_03.jpg

地図によるとマーケットとウォーターフロントの間にフリーウェー93号線が走っているように書いてありますが、実は、ボストンの歴史上で最もお金のかかった道路工事Big Digによりこの道は地面の下を走っています。

実際にはこのようなちょっとした人々が遊んだり、出来る広場が道路と道路の間に出来ています。

続き↓をどうぞ。

続きを読む

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み ボストン

ボストンの中心地、Faneuil Hall Market Place

先週までの素晴らしい天気が嘘のような連日の大雨が続くボストン。今日は会社の天窓からかなりの雨漏りがしていました・・・

普段は太陽の光が気持ちよく差し込む大きな天窓ですが、雨になると、あちこちの隙間から容赦なく水が漏れてきます。いや、うちには天窓はいらないかな、と確信する瞬間です。

ところで、このように天気が悪くなる前のボストン訪問について記事を書いています。美術館、そしてボストンコモンで時間を過ごした後は、ボストンのウォーターフロントの方に向って歩き出します。ゆっくり歩いたつもりでしたが、早く着きすぎでクルーズが始まるまでにはまだ1時間半以上ありました。

そこでボストンの文化的中心地のひとつともいえる

Faneuil Hall/Quincy Market Place

2010_Q_MKT19.jpg

2010_Q_MKT20.jpg

に行き、夕食を取ることにしました。このMarket Placeはボストン・フリーダムトレールの順路に入っていますが、アメリカ革命中に重要な集会所であったFaneuil Hallや様々な食事を楽しめるQuincy Market、ボストンのお土産を売る出店もたくさんありますし、ファッション系のお店も多数あります。


2010_Q_MKT01.jpg

Quincy Market内にあるお土産屋さん。

2010_Q_MKT08.jpg

また路上でパフォーマンスをするStreet Performerが多くいることでも知られています。

一般的な観光ツアーにここが入っているか分かりませんが、ボストンを訪問するならここは外せない、と思う場所です。



続き↓をどうぞ。


続きを読む

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み ボストン アメリカ 美味いもの

ボストンコモンをぶ~らぶら

この日のボストンはとてもよい天気、少々暑いものの、湿度が低かったので過ごしやすい気候でした。この日は前述の通り、息子が留守で、はっぱと共にボストンの

イザベラ・スティワート・ガードナー美術館

の訪問し、素敵な美術館の雰囲気、美しいコートヤードの眺めを楽しみました。
はっぱの方も気になる警備員の性別も納得できる?結論が得られたようで、満足している様子


この日は、Long Wharfから出航するSunset Cruiseに乗る予定でしたが、それまで時間が時間がたっぷり。、少し、ボストン・コモンをぶらぶらとしました。

Sunset Cruiseの記事はまた後で書きます。これまた最高でした。乞うご期待。


ところで、ボストン・コモン

については何度も記事を書いていますが、1634年に設立されたアメリカ最古の公立公園です。ボストンの街中にあり、オフィス街で働くビジネスマンのオアシスであり、週末には多くの家族連れが訪れる場所でもあります。

BCommon2010Aug01.jpg

夏の間は、Frog Pondと呼ばれるものすごく浅い人口の池が水遊び用に一般に公開されており、平日でも水着を着た子供たち、家族連れでにぎわっています。

BCommon2010Aug04.jpg

続き↓をどうぞ。

続きを読む

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み アメリカ

イザベラ・スティワート・ガードナー美術館@ボストン

先日、ボストン市内にある

イザベラ・スティワート・ガードナー美術館

を訪れる機会がありました。ボストン近郊に住んで6年ですが、これまでなかなか機会がありませんでした。

今週、仲良くしている友人家族がバーモント州の湖のすぐそばにあるコテージに息子を連れて行きたい、という招待があり、4泊5日で息子が留守をすることになりました。子供を長い間、友人にお任せするのは申し訳ないと思いましたが、その家族には3人、息子さんがおられ、皆、息子と非常に仲がよく、兄弟分となっています。一人っ子の息子にとって、そのようなお友達がいることは非常にありがたいことです。

今回もこの3人の息子さん達の、是非、一緒に来て欲しいという強い要望があり、実現しました。
息子が4日間も留守だったことはこれまでなく、私達も少し寂しい気がしましたが、普通ではできない様々な素晴らしい経験をしたらしく、例えば、湖をモーターボートですっ飛ばしたり、夏の最後に良い思いでができたようです。そのことはまた後で書くことにします。

このイザベラ・・・・美術館はボストンの西の方、ボストンレッドソックスの本拠地であるフェンウェイやボストン美術館の近くにあります。最寄りの駅は地下鉄グリーンライン

ボストン美術館=Museum of Fine Arts

で、降りてから歩いて3分程度です。

ISG_museum01.jpg

外から見るとこのように何の変哲もないただのビルです。
ISG_museum02.jpg


続き↓をどうぞ。



続きを読む

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み ボストン アメリカ観光

インドレストラン@ニューベリーポート

ボストンの北、ニューハンプシャーとの州境近くに位置する歴史ある港町、ニューベリーポート。
可愛らしいレンガ造りの街をのんびりと歩いたり、港で海風に吹かれながら海を眺めたり、雑貨屋やアンティークを見て廻ったところでそろそろお腹がすいてきました。

NBPort814_10_19.jpg

そこでアンティークショップ、Oldies Market Placeを出て、前から目をつけていたインド料理屋へと向かいました。

NBPort814_10_18.jpg

このニューベリーポートは街の中心部にコンパクトにまとまっており、レストランもダウンタウンに集中しています。港からでも5分も歩けば、レストランがいくつもある通りにやってきます。

NBPort814_10_14.jpg

タイ、中華、インドなどアジア系のお店があり、けっこう人気があります。私たちはタイ料理はよく食べるので、今回はあまり食べる機会の無いインド料理を選びました。

続き↓をどうぞ。



続きを読む

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン郊外の街並み 美味いもの ボストン アメリカ

巨大アンティークショップ@ニューベリーポート

私たちのお気に入りの街、ニューベリーポートのことについてこれまで何度か記事を書いてきました。この街にはその歴史にちなんでかアンティークショップがいくつもあります。そのうちの一つはかなり

巨大で倉庫が丸ごとアンティークショップ

になっているのです。

メインストリートに大きな看板がありました。
2010_Oldies01.jpg

の方に歩いてゆくと巨大な倉庫、Oldies Market Placeが現れます。
2010_Oldies02.jpg

外から見ても面白い建物ですが、

2010_Oldies03.jpg

中にはガラクタからアット驚くようなかっこいいアンティークの品々まで様々。


続き↓をどうぞ。


続きを読む

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン郊外の街並み ボストン観光 アンティーク

夏の終わりが・・・・

夏の終わりが近づいているのを感じずにはいられない今日この頃、続きの記事を書きたいのですが、ゆっくりと書く時間が無くて・・・先日、見た綺麗な日の入りの写真をアップします。

Lychpark_8_14_10_08.jpg

川のように流れる薄い雲が幻想的な雰囲気を作り出しているかのように見えました。
Lychpark_8_14_10_06.jpg

Lychpark_8_14_10_04.jpg

この後、街の海に行きさらに夕日を楽しみました。
Lychpark_8_14_10_01.jpg

Lychpark_8_14_10_02.jpg

海辺に行くと鳥さんたちが暗くなった砂浜で何かしていました。貝か何かの食べ物があるのでしょうかね。
Lychpark_8_14_10_03.jpg

最近のボストンはとても天気が良くて、美しい夕日が良く見られ、私たちを和ませてくれています。こんな夏がもっと長く続いて欲しいのですが…。




以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      

Uはっぱ





テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

ニューベリーポートの魅力

前回に続き、ニューベリーポートのことについて書いています。

雑貨屋、Brass Lyon

を出た後、街の中心部、多くの人たちの憩いの場、ともいえる広場を通ります。レンガ造りの家々に囲まれたレンガの広場、ベンチがたくさんあり、多くの人々がアイスクリームを食べたり、休憩したりと思い思いに

この素敵な空間

を楽しんでいます。アメリカの他の都市にはなかなか見つけられないもの歴史が活きた街並み、雰囲気、これがボストン、そしてこのニューベリーポートの魅力ではないかと思います。これらのレンガの街並みは修復はされているもののもちろんオリジナル。建物によっては外壁はそのまま残し、中を近代的に作り変えて普通に住めるようにしたものもあります。しかし、昔ながらの建築を修復してそのまま残っている建物もあります。お店に入ると面白い発見があったりします。


NBPort814_10_15.jpg

この広場は、私達の好きな場所でもあります。ここでベンチに座り、はっぱとおしゃべりをしたり、リラックスできます。
NBPort814_10_17.jpg

NBPort814_10_29.jpg

続き↓をどうぞ。


続きを読む

テーマ : ボストン観光
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン ボストン郊外の街並み ボストン観光

夏のニューベリーポートで

最近はとても過ごしやすい気候の続くボストン近郊。少し肌寒い感もあり、夏が終わってしまうのではないかと危惧する人たちもいます。ニューイングランドの夏は本当にはかなく、短い夏をできる限り楽しみたい、と多くの人たちが思っており、毎週末、大きなビーチや湖に向かう(北)フリーウェーは物凄い混みようです。

この渋滞の中、海まで出るのは一苦労ですが、それでも今しかない、という切実な想いがあるのでしょう。私も実は今年の夏はまだ一度も海に行って遊んだことがありません。海に行って砂浜を歩いたことはありますが…海で遊ぶと言うのはまた違います。あちこちに出張している間に、夏の一番暑い時期が終わってしまって…残念ですが、海遊びをするには少し涼しい今日この頃です。

ところで先週末、息子が友達の誕生会によばれ、半日以上出ていたので、その際にはっぱとともにお気に入りの街の一つ、

ニューベリーポート

へと行ってきました。この街はボストンの北約28マイルに位置する歴史ある港町でこ洒落た街の雰囲気が人気を呼び普段から多くの観光客が訪れています。

日本から来られている方でもボストンノースステーションから出ている電車に乗れば、ニューベリーポートまで行くことができます!


ブラウン・スクエア、ニューベリーポートは早くから奴隷制度に反対で、このブラウンスクエアには奴隷反対を訴えていたウイリアム・ロイド・ギャリソンの像が建っているそうです。
NBPort814_10_01.jpg

NBPort814_10_02.jpg

続き↓をどうぞ。



続きを読む

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン ボストン郊外の街並み ボストン観光

自転車でマーブルヘッド探索

ニューイングランドらしい夏がここのところ続くボストン近郊。とてもすがすがしい毎日です。前回、前々回とボストンの北18マイルほどに位置する

マーブルヘッドネック

のことをかいております。美しい大西洋の大海原、そして美しい豪邸群、灯台、ボストンの景色と魅力の多い場所です。

素晴らしい天気の元、私たちは自転車でこのマーブルヘッドネックを探索しました。
mableheadbiking_phase3_2.jpg

ヨットクラブには多くの人たちレースのために集まり、華やかな雰囲気をかもし出していました。会員のみしか入れない伝統あるヨットクラブ。
mableheadbiking_phase3_24.jpg

ヨットクラブ近くにはカヤックを楽しめるようになっていました。
mableheadbiking10.jpg

mableheadbiking_phase3_25.jpg

ヨットクラブのテラスから見た港の景色が光と海と光の反射のコントラストがとても美しくしばし足をとどめました。

続き↓をどうぞ。

続きを読む

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み ボストン観光

サイクリング@マーブルヘッドネック

ボストンの郊外

にあるマーブルヘッドネック

はボストンの北18マイルほどに位置し、ビーチや灯台、そして歴史あるヨットクラブがあることで知られていますが、夏の天気の良い日にはサイクリングを楽しむ人たちも多く見かけます。

少し距離はありますが、ここ半島からボストンの街を見ることができます。

遠くに見えるボストンのダウンタウン。
mableheadbiking_phase3_21.jpg

この記事では、先日、私たちがサイクリングをした時のことを書こうと思います。自転車で走っていると車だと見落としてしまうようなこと、ものもよく見えるのでサイクリングはとても好きです。今回は普段車で見落としていた展望所を見つけ、そこから大海原と見晴らしの良い岸壁に並ぶ豪邸を眺めることができました。

続き↓をどうぞ。


続きを読む

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み アメリカ ボストン観光

海と港@マーブルヘッドネック

最近はとても過ごしやすい気候の続くボストンです。気温も22~24℃程度で湿度が60パーセント前後と調度良いです。しばらく前の暑さが嘘のようです。

やっとニューイングランドらしい夏がやってきて、多くの人たちがこの短い夏を楽しもうとしています。私たちも先日、近所の

マーブルヘッドネック

にサイクリングに行きました。

*以前にも少し書いたことがあるかもしれませんが、日本では自転車を多くの人たちが交通手段として使っていますが、ボストン近辺では特に大学のたくさんある街中やケンブリッジ以外では自転車を交通手段にはあまり使っていません。私たちが昔すんでいたアリゾナ州、フェニックスには多くの道路に自転車レーンがありました。マサチューセッツ州でまだ

自転車レーンを見たことがありません

話がそれましたが、マーブルヘッドはボストンの北18マイルほどに位置する海辺の街ですが、このマーブルヘッドネックは細い海道でマーブルヘッドと結ばれた更に小さな島みたいな場所で、ビーチ、灯台、大きなヨットクラブ、大金持ちがたくさん住むことで知られています。ここでサイクリングをする人たちを多く見かけます。私たちの住む街からここまでは15分ほどで非常にありがたいです。

marblehead_neck_map01.jpg

この日は清々しい天気で海水浴をするには少し涼しいですが、サイクリングをするには最高の天気でした。まずは灯台のあるChandler Hovey Parkから海とマーブルヘッドの港の眺めました。

普段はこの公園の駐車場は空いていますが、この日は天気が最高でしかもヨットのレースが開催されていたこともあり、駐車場所を探すのに一苦労しましたが、比較的近くの路上に駐車できました。この辺は駐車してはいけない場所もあるので注意が必要です。

mableheadbiking01.jpg

この公園からはマーブルヘッドの港がよく見えますし、大西洋もよく見えます。私たちのお気に入りの場所のひとつです。人々があちこちで海を眺めたり、日光浴をしたりしていました。

mableheadbiking02.jpg

寝そべって日光浴をする人々、ベンチに座って海を眺める人など、楽しみ方は様々。
mableheadbiking03.jpg

続き↓をどうぞ。

続きを読む

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介 ボストン郊外の街並み アメリカ

サービスディナーvsセールスディナー

オレゴン州ポートランドで開かれたアメリカ顕微鏡学会の際にサービス、およびセールスの人々と食事に行く機会があり、それが非常に対照的だったので、記事を書いてみようと思います。

セールス、いわゆる営業はアメリカの会社の部署の中でも花形と言えます。それに対し、サービスと言うのは非常に重要な部署でありながら、必ずしも待遇は良くなく、人気のある職業ではありません。

サービス部門に所属する私は学会が始まる前日に、数日前から装置の立ち上げをやっていたエンジニアやマネージャーの人たちと食事に行きました。行き先は“Microbrewery”。地ビールを作っているちょっとしたバーみたいなものです。

レストランの中にこのようにビールを造る装置が置いてあります。オレゴンにはこのようなMicrobreweryがあちこちにあるそうです。
Portland_dining08.jpg

Microbreweryはビール好きにはたまらない様々な地ビールが用意されており、食事も比較的良心的なお値段で美味しく、お酒を飲まない私でも楽しめます。

メニューはステーキから典型的な

“Bar Food”

であるハンバーガーやチキンウイングなどが置いてありました。
私が食べたのは“Lamb Burger”子羊の肉バーガーでした。

Portland_dining01.jpg

お値段も手ごろで12ドル程度。
Portland_dining02.jpg

マネージャーが気に入ってみんなに勧めていたスパイシーソース。確かに辛くて美味しいソースでした。
Portland_dining03.jpg

Lamb肉は少し癖がありますが、個人的に好きで、このスパイシーソースをかけて、美味しくいただきました。

この数日後に、セールスマンに誘われて、いつもお世話になっているお客さんと一緒にディナーへ行くことになりました。

続く↓

続きを読む

テーマ : アメリカで働く
ジャンル : 海外情報

tag : 仕事 アメリカ 美味いもの

10歳、そして10年

今日は一人息子の10歳の誕生日、午後から休みを取り、誕生会のお手伝いをしました。去年までは家で誕生会をしていましたが、今年は息子の強い要望で、家の近くにある

“Laser Quest”

に会場をかりました。レーザー・クエストは体の何箇所かにレーザーを検出するプロテクターのようなものをつけて、おもちゃのレーザー銃で撃ち合いするゲームで子供たちは大好きです。

誕生会に集まってくれた息子のお友達たち。
K_Bday_2010_01.jpg

アメリカでは、様々な場所、例えば、ピザレストラン、ボーリング場、ゲームセンターなどでこのような誕生日の会場貸し出しをしており、多くの人たちが利用しています。

薄暗いゲームフロアーに入っていく子供たち。中はかなり暗く、煙がもこもこしているらしいです。
K_Bday_2010_02.jpg

お友達の誕生会でレーザークエストをした息子はそれが楽しくて、自分の誕生会もレーザー・クエストをしたい、と言うことになりました。実は日本にいた時に、熊本のショッピングモールに同じようなゲームが在って、学生時代に何度も遊びに行ったことがあります。命中率とかのデータも出て、色々と楽しめるのです。

ゲーム終了後に表示されたスコアボード。
K_Bday_2010_03.jpg

楽しいゲームの後はスナックタイム。
K_Bday_2010_04.jpg

アメリカ的こってりアイス・ケーキ。オレオ・アイスでした。
K_Bday_2010_05.jpg



息子の誕生日を迎える度に、息子が生まれた時のことを思い出します。今から10年前、大学院留学の準備のため一度6月初旬に渡米し、その8月に息子の出産前に10日だけ戻って来ました。一時帰国中に息子が生まれることをを期待していたわけですが、なかなか生まれる様子が無くハラハラしました。


妻のはっぱが頑張ってくれて無事に渡米2日前に息子が生まれました。本当にホットしましたが、それもつかの間、生まれたばかりの息子と出産間もないはっぱを残して渡米するのは非常に辛い経験でした。

あれから10年、本当に波乱万丈、様々なことがありました。普通では考えられないような10年間でしたが、はっぱも息子もよくついて来てくれました。そして10年前にはあんなに小さかった息子が、健康に元気にすくすくと育っていることが一番ありがたいです。アメリカ人の子供たちと一緒にいると小さいですが、私たちから見ると本当に大きくなりました!

あと数週間で夏休みも終わり、小学校最後の年、5thGradeです。アメリカの柔軟な教育制度のおかげで今年も様々なことに取り組む予定です。アメリカの教育が完璧だとは思いませんが、やろうと思えば、多種多様なことに挑戦できる柔軟性があり、それが好奇心旺盛な息子の性格に合っていて、私たちとしても非常に満足しています。
10年目の節目の年、家族と共に頑張っていこうと思います。

以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      

Uはっぱ

魔女の街、せーラムのダウンタウンより。
boston_pic34.jpg




テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 アメリカ生活

オレゴン州ポートランドを訪問して

この一ヶ月ほどの旅の疲れもあり、ブログの更新が滞っておりました。この一ヶ月ほどでカリフォルニア・ベイエリア、日本、そしてまたポートランドと様々なタイムゾーンを行ったりきたりしたためか、体がついていっておりません。歳を感じます。

ところで、先日まで訪れていたポートランドについて少し書こうと思います。
ポートランドで感動したことはTrimetと呼ばれるLight Rail(路面電車)が市内ならばどこまで行っても無料なことです。*市外に出る場合は多少お金がかかりますが。

路面電車の線路。街はとても綺麗に清掃されていました。
portland07.jpg

毎年、出席するこのアメリカ顕微鏡学会では普段はシャトルバスが会場(コンベンションセンター)といくつかのホテルの間を定期的に行き来するのですが、今回はこの路面電車のおかげでシャトルがまったく必要ではありませんでした。路面電車でどこにでもいけました。これは非常に便利だと思います。

学会が行われたオレゴンコンベンションセンター。
Portland_dining09.jpg

駅がすぐコンベンションセンターの前にあり、とても便利でした。
Portland_dining10.jpg


ダウンタウンには歴史的な建物もいくつかありましたし、とても広々としていました。ボストンとはえらい違いです。
portland02.jpg

portland01.jpg


Wikipediaによるとポートランドアメリカで最も環境に優しい街、世界でも2番目だそうです。環境を考慮した法律などがあるのでしょうか。

ポートランドの街は非常に綺麗に清掃されており、碁盤の目状で分かりやすく、歩いていけるレストランもたくさんあり、とても便利な街だと思いました。

その反面、少し前の記事でも触れましたが、ホームレス・トランジェントの人たちがたくさんいました。特に、20~30歳くらいの若い人たちが多くいたのが驚きでした。街の人に尋ねたところ、ポートランドの街はホームレスの人たちのためのプログラムが充実しているらしく(地元の人は“Big Heart”のある街と言っていました)、他の街からホームレスが移動(Migrate)してくるそうな。
平日の昼間に、10人くらいの若いホームレスの人たちが街のあちこちに歩道に座ってたむろしているのを見て、色々と考えさせられました。不景気の影響は様々なところに現れていると感じます。

失業率が未だ9パーセント以上あるアメリカ…。今後どうなるのでしょうか。


以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      

Uはっぱ

ボストン・サウスステーション前より。
boston_pic33.jpg


テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : オレゴン州 ポートランド アメリカ ボストン紹介

くまちゃん

アメリカ顕微鏡学会出席のため、日曜日からオレゴン州ポートランドに来ています。ポートランドは雨が多いと聞いていたのですが、夏はとてもよい季節らしく、ここ数日、最高気温が23℃程度ととても過ごしやすく、いいところだな~と思っています。

忙しいのと、インターネットが遅いのとでなかなか更新はできておりませんが、何とか生存中。

ところで、ポートランドダウンタウンもとても綺麗です。ただし、やたらとホームレスやトランジェント(ちょっとおしゃれな?ホームレス)が非常に多いですし、ボディーピアスにタトゥー(刺青)をあちこちにしたファンキーな感じの若者をたくさん見かけます。

また、ポートランドのことについては書くとして、少し、くまちゃんのことを書いてみようと思います。
前回の記事にホテルのベットの上に何か乗っている写真がありましたが、それは私本人ではなく

前回の記事の写真↓
portland03.jpg


実は熊のぬいぐるみです。ちなみに私の趣味ではなく、ホテル側の趣味です。他の部屋に泊っている同僚たちにも確認済みですが、各部屋に一つ置いてあるらしいです。しかもこのぬいぐるみはただの観賞用ではなく、販売中です。
bear_01.jpg

しかも値段が“手書き”で書いてありました。

いくらだと思いますか?

興味のある方は続き↓をどうぞ。




続きを読む

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : ポートランド オレゴン州 アメリカ観光 ボストン

アメリカ、ホテルの不思議

長~い、飛行機のたびを経て、ボストンからポートランドへとやってきました。今回は昔住んでいたアリゾナ州フェニックス経由でしたが、ボストンからフェニックスまで5時間、そこから更に2時間半と飛行機に7半時間も乗っていました。いや、疲れました。

フェニックスに着陸する時は久しぶりに母校(Arizona State University)の校舎、およびフットボールスタジアムが見えてとても懐かしくなりました。同じ飛行機にアリゾナ時代に一緒に大学院に行った友人が同じ学会に出席するために乗っているという嬉しい偶然もありました。

ところで、毎年、この時期に開かれる学会に出席するのですが、この時だけは普段泊るよりもずっと良い(高い)ホテルに泊れます。それはそれで楽しみではありますが、不思議なことに、アメリカでは高いホテルでは何でもかんでも有料になります。

例えば、私が普段泊るそれほど高くないホテル(ホリデーインエクスプレス、ハンプトンインなどなど)は朝ごはんは無料だし、インターネットもただですが、これが高いホテルになると朝ごはんは有料、しかも15ドルくらいしますし、インターネットも一日12ドルなどのようにお金を取られます。

あと、こういうホテルには自動販売機がなかったりします。その代わり、部屋にスナック・ミニバーがあり、馬鹿みたいに高い値段がついています。

今回滞在中の私の部屋のスナックバー。
portland05.jpg

缶ジュース一本5どる。水のボトル4ドルなどなど、かなり高めの値段設定になっています。
portland06.jpg

高いホテルに泊れる財力がある人はインターネットや朝ごはんも問題なくお金を払うだろうし、缶ジュースに5ドルでもOK、ということなのでしょうか。

今回泊っているホテルはMonaco Hotel

部屋は天井がとても高く、確かに良い部屋です。
portland03.jpg

バスルームにこんなものも置いてありましたし・・・
portland04.jpg

個人的にはこのような高いホテルより出張で泊るより、本の少しだけランクが高いホテルに泊ってくれるとありがたいのですが・・・。

と言うわけで?今日(月曜日)から金曜日まで学会、確り勉強しなくては。

以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      

Uはっぱ

ボストン・コプリー・スクエアより
boston_pic31.jpg




テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

tag : ポートランド アメリカ アメリカのホテル事情 ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。