スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雨洪水のボストン

季節の変わり目に雨がよく降るニューイングランド・ボストン。先々週の週末、私のサンアントニオ行きの飛行機が遅れた週末に続き、ここ2-3日、集中豪雨でした。前回も100年に一度という大雨とか言っていたのに、今回も100年に一度の大雨とニュースで言っている始末。正直、ニューイングランドの大雨・洪水には飽き飽きします。

今回の2度の大雨・大風であちこちで洪水や地下の浸水が起こったようで、は3ヶ月ぶりにオフィスであった同じ部署の同僚とランチに行く予定でしたが、行く予定にしていたレストランの近辺で道路が封鎖され、お店もしまっていました。

雨が嫌いな私としてはこのニューイングランドの天気は最悪なのですが、最高の夏があるからここに住み続けています。


ついに3月も終わり、明日から会社にとって新年です。
この新しいFiscal Yearが良い年となることを心から願います。

同じ部署にいるのにほとんど会わない同僚および他の部署の同僚たちと久しぶりに食べに行った近所のグリーク料理。
お肉をゆっくりと回転させながらじっくり焼いたものを削り取った典型的なギリシャ料理でGyroと書いて“イロ(ロは巻き舌)”

アメリカ人の中にはジャイロと発音する人もいますが、正しくは上記の発音です。

Gyro_pita01.jpg

Gyroはそのままで食べてももちろんとてもおいしいですが、羊のミルクのヨーグルトで作ったホワイトソースとトマトなどと合わせてピタパンで巻いて食べると一段と美味いような気がします。

Gyro_pita02.jpg

同じ職場の同僚と何ヶ月も顔を合わせないってのは何とも変な話ですが、うちの部署では良くあることです。隣の部署は出張することの方が珍しいと言うのに・・・。

来週から私は3週間ほど留守の予定。彼と次に食事に行くのはまたしばらく先のことになるでしょう
それにしても早くよい季節が来ないかな~。

全然関係ないですが、最近近くのストアで見かけたドーモくん
結構、アメリカでは人気?があるらしい。

domo_kun.jpg


以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      


スポンサーサイト

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

パーティー@ブラジルステーキハウス

純粋なアメリカ料理って何?
という質問をアメリカ人にすると、ホットドックとハンバーガーと言う答えがよく返ってきます。正直、乏しい食文化です。幸い、アメリカにはこの乏しい食文化を補足すべく、様々な料理(Cuisine)を楽しませてくれるレストランがあります。

イタリアン、メキシカン、チャイニーズなどが一般人に、そしてジャパニーズも知的・健康志向層に人気です。

普段、私はタイ料理やインド料理などアジア系の食べ物を好みますが、時々、とても食べたくなる料理があります。おそらく日本から旅行中の人も食べてみるととても好きだと思うこの料理はブラジル式ステーキ、バーベキューです。

サンアントニオでの仕事が無事に終わり、日本から訪問中の技術者の方も残すところ一日となった日、ボスから今回の仕事の成功を祝うパーティーをして良い、という許可が出ました。たくさんあるレストランの中から1つを選ぶのは容易ではありませんが、インターネットの力を借りれば、日本食レストラン以外は?大抵よいものが見つかります。

*アメリカ人のレビューがよくても必ずしも当たりではないことが良くあるJapanese Restaurant。

今回はブラジルステーキに決めていたのでGoogleで調べて一番人気の高いレストラン、Chama Gauchaを選びました。
88のレビューがあり、5星。サービスのきめ細かさが抜群だとのことでした。

chamagaucha01.jpg

このレストランは少し高級なブラジルステーキハウスの典型で

1.豪勢なサラダバー
2.食べ放題の様々なお肉


の2段階があります。
お値段の方は、レストランのランクにもよりますが、食べ放題で大人一人20ドル~50ドル程度。

飲み物を選び、まずはサラダバーへ向かいます。アーティチョークという野菜がこんなに山ほどあります。これは今まで見たことが無いです。これ、結構美味いんですよ。
ChamaGsal01.jpg

そしてモッツアレラチーズ。
ChamaGsal02.jpg

軽くサラダを取ります。ここでサラダを食べ過ぎると、お肉が食べれなくなるので注意が必要です。

chamagaucha02.jpg

私はスパークリングウォーター、同僚たちはワインをゲットしました。
ワインにうまい具合に酸素が回る道具?が登場し、ウェイターがフラスコみたいな入れ物にワインを入れます。これを使うとワインがちょうどよく酸化されおいしくなるそうな。


chamagaucha04.jpg

アルゼンチンのワイン。
chamagaucha14.jpg

まずは同僚達と乾杯。今回の仕事は寝る時間や週末を返上して働いたこともあり、乾杯がとても感慨深く感じました。

サラダを頂き、食欲がそそられていよいよメインを頂くことになりました。
自分の席においてある札をひっくり返し赤色から緑色へ としました。

するとそれにいち早く気づいたウェイターがサーバーにすばやく合図を出します。

続き↓をどうぞ!



続きを読む

テーマ : 海外グルメ
ジャンル : 海外情報

tag : 美味いもの

テキサス州にまつわる6つの国旗

前回、前々回とテキサス州サン・アントニオの街にあるTower of the Americaを訪問した時の記事を書きました。このTowerの展望台にはテキサス州にまつわる6つの国旗に関する歴史を詳しく説明した展示があり、興味深く読みました。

最初の国旗はスペインのもの。
テキサス州は1519年~1686年、1690~1821年の間、スペインの領地でした。
その当時のスペインの国旗は写真右上に小さく写っているお城とライオンのものだったようです。
ToA15.jpg

2つ目の国旗はフランスのもの。当時はフランス国旗がなかったらしく、さまざまな旗があったようです。
1686年~1690年の短い間ですが、フランス人René-Robert Cavelier、あるいはRobert de LaSalleはテキサス湾岸にFort Saint Louisというフランス植民地を設立しましたが、彼が殺害された後、崩壊したようです。
ToA15_2.jpg

3つ目はメキシコの国旗。
1821年~1836年までテキサスを支配したメキシコ。テキサスがメキシコからの独立を宣言する1836年までこの旗が当時の首都、オースティンに掲げられていました。
ToA16.jpg

4つ目はテキサス共和国(The Republic of Texas)の最初の旗
1836年~1845年まで用いられたようです。
ToA17.jpg

5つ目はテキサスが1845年に加盟したアメリカ合衆国の国旗。これは現在のアメリカ国旗と同じものです。
ToA19.jpg

6つ目の旗は1861年~1865年の間11の南部州によって結成されたConfederate States of Americaの旗です。この国家はちょうどアメリカ市民戦争のころ、奴隷制度に賛成する南部の州が奴隷反対の他州に対抗して作ったものらしいです。
ToA18.jpg

南北戦争の後はまた元のアメリカ合衆国の旗に戻ります。

テキサスの6つの国旗。アメリカという国は日本や他の国に比べ歴史は浅いですが、今の国ができるまでに多くのドラマがあったのだなと思いました。


以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      



テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

Tower of the Americaってどこに? その2

テキサス州サン・アントニオの街にあるTower of the America。1968年に建てられて以来、1996年までアメリカでもっとも高い展望台でした*。

*これよりも高いビルはありました。

エレベーターで展望台に上がって最初に見たものは前回の記事で紹介したとおり、ビールでした。それでは実際にこの塔から見える景色を紹介してみたいと思います。

タワーの展望台は外と中があり、中からは鉄格子を通しての景色しか見えません。
ToA12.jpg

外に出ると ものすごい風!、しかも寒い~

しかしガラス越しに鉄格子無しで景色を見ることができました。

サンアントニオのダウンタウンの方角。手前に見える大きな建物はコンベンションセンター。
ToA10.jpg

別の方角。こうしてみるとテキサスは本当に平。そしてサンアントニオは街を少し離れると何もないただの荒野です。
ToA08.jpg

ToA21.jpg

The Alamoも見えますが、コンベンションセンターが邪魔でよく見えませんでした。
ToA20.jpg

*このタワーの展望台にはテキサスにまつわる6つの国旗についての歴史がたくさん記述してありましたが、それについてはまた書こうと思います。

十分に景色を楽しんだ後、下に降りて、真下からこのタワーを見上げてみると、
ToA02.jpg

あっ、見上げすぎて首がこきっといったような…。
この後、タワーを有するHemisFair Parkを少し歩いてみることにしました。この公園で1968年に世界博覧会、 “HemisFair 68” が開かれたときにこのTower of the Americaは建てられたといいます。

ToA26.jpg

公園の中は広くそしてのんびりとした雰囲気でいっぱいでした。
週末も働きづめだったここ最近ですが、何だかこの空間にいるとあくせく働いていることに??という気がします。時間の進み方が遅いように思えるこの土地。
ToA22.jpg

暖かい空気に澄んだ青空。あ~気持ちいーって感じです。ボストンにこのような気候が訪れる日が近いことを願います。
ToA24.jpg

おや?メキシコの遺跡と思われる巨大な石造の首が!
ToA23.jpg

かつてはメキシコの領地だったこと、メキシコと国境のあるテキサス州、やはりメキシコの影響が強いようです。
メキシコの分野研究所なるものが公園内にありました。
ToA25.jpg

こうして、Tower of the Americaで景色を楽しみ、HemisFair Parkでのんびりとした時間を過ごした後、再び、River Walkの方に向かい、前述のLone Star Cafeで“Texas Burger”と出会いました。


以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

Tower of the Americaってどこにあるの?

今朝のボストンは。テキサスの青空と暖かい気候が夢のようです。こう気候が変わると体ががついていかず、とても寒く感じます。

ところで北米でも有数の巨大モール、Mall of Americaがあるのはミネソタ州ミネアポリスですが、Tower of the Americaがあるのはどこだかご存知でしょうか。

実はこのTower of the Americaはテキサス州サン・アントニオの街にあります。

ToA01.jpg

750フィート(229メートル:アンテナの先までの距離)のこのタワーは1968年にサンアントニオで開かれた世界博覧会、HemisFiar'68の象徴としてオニール・フォードによってデザインされ建造されました。以来、1996年にラスベガスのStratosphere Towerが建つまでの長きにわたってアメリカでもっとも高い展望台でした。

このタワーに行く機会があったのそのときに撮った写真を少し紹介したいと思います。
近くから見るとやはり高いです!

ToA03.jpg

水の流れは癒し系でしょうか。

ToA05.jpg

チケット(大人$11.99)を買って中に入ります。するとレストランの受付がありました。このレストランは少しずつ回転しているらしく、食事の間に少しずつ景色が変わっていくという仕組みです。私たちはおなかが減っていなかったこともありここでは食べませんでしたが、おそらく場所代だけでかなりのものなのではないかと思いました。
ToA06.jpg

ToA07.jpg

それでは列に並びエレベーターに乗って展望台へと向かいます。
エレベーターを出て最初に目に入ったものは・・・・

続き↓をどうぞ。



続きを読む

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

サン・アントニオともしばらくお別れ

ここしばらく週末も滞在していたテキサス州サンアントニオの街。まだ記事として書きたいこともたくさんあるのですが、それはまたボストンに戻ってから書こうと思います。

今日でテキサス大学サンアントニオ校でのお客さんトレーニングを終え、最後にお客さんと熱い握手を交わし、大学を後にしました。これで装置の納入は完了し、後は2週間後に本社の技術者がお客さんへの特別サービストレーニングをしに来られるのでそれまではしばらくサンアントニオを離れます。

やっと家に帰れる、嬉しさ、仕事を終えた、ホッとした気持ちが入り混じっています。
今回の仕事ではとにかくやることが多くて、仕事の時間も長いし、寝る時間も少なくかなり体力的にきつかったので、帰ったら少し休みたいですね。

仕事の後は同僚達と共にサンアントニオでトップクラスの人気を誇るブラジルステーキハウスへと行き、パットお祝いをしました。そのレストランが本当に美味しくて最高級のディナーとなりましたが、その記事は近々アップするつもりなので請うご期待!

それではTake it easy (それじゃねと言う感じの挨拶)。


以下のランキングに参加しております。クリックにて本ブログの応援お願いします。
br_decobanner.gif      

テーマ : アメリカで働く
ジャンル : 海外情報

本物の?テキサスバーガー

テキサス州サンアントニオに週末滞在している私と同僚達。土曜日の昨日は朝から仕事でゆっくりとする時間もありませんでしたが、さすがに日曜日はお客さんも仕事をしたくない、と言うことでしたので少しゆっくりする時間がありました。とは言え、日本から技術者の方が来られているので少し朝寝坊したものの観光へとサンアントニオの街へと出かけました。

まずはTower of the Americaに行き、サンアントニオの景色を見たりしましたが(Tower of the Americaのことはまた後で書きます)、ランチに面白い出来事があったのでランチのことを先に書いてみようと思います。

少し街を見てまわった後で、River Walkへと向かい、ランチ食べるところを探すことにしました。川のそばを歩いていると、川を見下ろせるテラスにあるレストランを見つけてそこでランチすることにしました。
texas_burger01.jpg

広々としたテラス。
texas_burger02.jpg

最初は屋根がついている席に案内されましたが、直接日が当たる側に変えてもらいました。
texas_burger03.jpg

River Walkを下に見れるこのテラス。少し風が冷たかったですが、太陽の光がいっぱい丁度、暖かくなってきました。
texas_burger06.jpg

メニューが来たので、何を食べようか、ぱらぱらと見ていたところ、
texas_burger05.jpg

TEXAS BURGERなるメニューを発見!

マクドナルドが日本でテキサスバーガーというハンバーガーを出していることをしばらく前に “17個☆の栄養素★” のブログの記事から知りっていました。アメリカのマクドナルドにはテキサスバーガーというメニューは無いのですが、偶然入ったこのLone Star Cafeでテキサスバーガーを見つけるとは思っていませんでした。もちろん、日本のマクドで出しているものとは違うでしょう。

本場テキサスでのテキサスバーガーとはどんなものか興味深々となり、早速注文しました。
ぽかぽかの日向でのんびりとRiver Walkを眺めながら同僚達とテキサスバーガーが出てくるのを待ちました。

さてこのテキサスバーガーはどのようなものだったでしょうか。
続き↓をどうぞ。

続きを読む

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

嵐の後の飲茶(Dim Sum) in サン・アントニオ

今週末も会社の経費削減のためにサンアントニオに滞在。このようなことをするのは恐らく日系会社に勤める日本人駐在員のみでしょう。私は駐在員ではないですが、日本人なのでこのようなことをしなければならない時がよくあります。いわゆるダブルスタンダードですが、これは現地採用の日本人の宿命みたいなものです。

そして昨日の土曜日はお客さんが仕事をしたいと言うので仕事をすることとなりました。朝はものすごい風と雨と雷で4時過ぎには起されてしまいました。もう一度寝ようとしたのですが、余りに雨の降りと雷が激しくてよく眠れませんでした。

そんなこんなでボ~とした顔で同僚と朝ごはんを食べ、8時半には客先へと行きました。雨脚は弱くなってきたものの駐車場から建物に歩くまでびしょぬれになりそうだな・・・いやだな~と思っていたところ、急に、雨がやみ、青空が顔を見せました。
after_storm_STA001.jpg

お陰で雨にぬれずにすみました。
その後、ランチを食べる時間も無く夕方まで働き、少し休んで夕食には近くの中華料理屋に行くことにしました。ネットで調べたところそのレストランではDim Sum(飲茶)を食べさせてくると言うことでした。

外の見た目はあまりよくなかったのですが、
SAT_dimsum00.jpg

レストランの中は一般的な中華料理屋に比べて格段に綺麗でお客もたくさん入っていました。
SAT_dimsum08.jpg

このレストランではモンゴリアンバーベキューのように自分で欲しい物をどんぶりに入れて料理してもらうというメニューもありました。
SAT_dimsum07.jpg

SAT_dimsum10.jpg

Dim Sum以外のメニューもたくさんあったのですが、日本人同僚が一度も飲茶を食べたことがないということでしたので、飲茶メニューから次のようなものを注文しました。
SAT_dimsum02.jpg

焼きそばのよう麺類。これはいけました。
SAT_dimsum01.jpg

タロイモと野菜でできたねりもの。八角の味がちょっと強かったです。
SAT_dimsum03.jpg

私の大好きな胡麻団子。お味の方は・・・・↓
SAT_dimsum04.jpg

かなり美味かったです

ニンニクと塩で軽く味付けされたイカ。これも旨し!
SAT_dimsum05.jpg

そしてとどめはフライド・ライス(焼き飯)。うまいですが、ボリュームが半端じゃない!3人で食べられるだけ食べたのですが、半分も食べれませんでした。
SAT_dimsum06.jpg

Dim Sumは普通はウエイトレスがカートにたくさんの食べ物を載せてフロアーを歩き回っていて欲しい物をどんどん選ぶのが一般的ですが、このレストランでは写真付きメニューを見てほしいものを注文する、と言うスタイルでした。一般的なスタイルの方が個人的には好きですが、このレストランの飲茶はかなり楽しめたと思います。

ここのところハンバーガーを食べていたので久しぶりに少しまともな食事をしたような気がしました。
でも今日、再びバーガーを食べてしまいましたが!

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックお願いします。

br_decobanner.gif      

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

What a burger!

前回の記事でランチに食べたバーガーキングのことについて書きましたが、バーガーのことを書いたついでに今日、食べた

WHATABURGER

について書いて見ようと思います。
こう立て続けにバーバーのことを書くと毎日食べているかのように思われるかもしれませんが、ここ数日はランチに時間をあまり割けないため、仕方なくバーガーで済ませております。

昨日、バーガーキング(BK)の記事を書いている時初めて、既にBKが日本に進出していることを知りました。しかし、まださすがにこのWHATABURGERは日本には進出していないことと思います。

WHATABURGERは1950年に冒険精神豊富な実業家、Harmon Dobsonがテキサス州Corpus Christiに世界で最初の店舗を開きました。彼の目標は単純。両手でなければもてないほど大きく、そしてお客さんが一口食べただけで“なんて美味いバーガーだ(What a burger!)”と思わず口走るようなハンバーガーをお店に出すことでした。

彼はこの2つの目標を達成すると同時にこの小さなハンバーガーのお店をテキサスおよびアメリカ南部で伝説的に知られるハンバーガーチェーンへ成長させました。

~WHATABURGERのホームページより~

テキサス州Corpus Christiは私の滞在中のSan Antonioから77号線でさらに150マイルほど南に下った海のほとりにある街です。

Corpus_Christi.jpg

1950年設立ですから確りとした伝統があるバーガー屋だと言えます。
かなり暑そうな場所にあります。

私達はテキサス大学@サンアントニオ校のすぐ近くにあるお店に行き、ランチを食べました。
Whataburger01.jpg

既に1時を回っていていましたが、かなり込んでいました。
Whataburger02.jpg

せっかくなのでWHATABURGERセット(役立ち英語:英語ではセットのことを“コンボ=Combo”)と言います。
英語で注文する時は“I'll have WHATABURGER combo”って感じです。

ハンバーガー屋のやり取りで、必ず聞かれる質問に
“For Here or to Go?=店内で食べますか、それともテイクアウトにしますか”があります。
店内で食べる場合は“For Here please”
テイクアウトする場合は“To Go please”と言います。

ファーストフード注文のやり取りはどこのお店でもほぼ同じなので覚えておくと役にたちます。
注文後、ドリンクを入れて席に着き、自分のバーガーが出てくるのを待ちます。
それにしてもドリンクがでかいです。昨日のバーバーキングのドリンクよりでかいような気がしましたが気のせいでしょうか。

Whataburger03.jpg

待っているとすぐにバーガーが来ました。さて、創設者Harmon Dobsonさんの目指した両手でないともてないバーガーとはどのようなものでしょうか。
Whataburger04.jpg

続き↓をどうぞ

続きを読む

テーマ : 海外グルメ
ジャンル : 海外情報

一難去って・・・@テキサス大学サンアントニオ校

テキサス大学サンアントニオ校に数億円の最新研究装置を納入中ですが、先日、お客さんから装置の性能確認のサインをもらってホットしておりました。

昨日からお客さんの元で働く3人の研究者達に装置の使い方を講習する過程で私の会社製ではない他社製の付属装置が次々にトラブルを起こし、何度か講習が中断になると同時に、遅くまで仕事をするはめになりました。特にX線の分析をするための検出器を作っているある会社ED◎◎は何と、仕事を中途半端で終らせていたことが判明。ちょっとヒューストンに用事があるから明日、終らせる、と嘘を言ってそのまま戻ってこなかったかなり態度の悪いエンジニアの仕事はやはりかなりいい加減だったと分かりました。

彼の中途半端な仕事を終らせるために私達が残業。何で彼らから装置を買っているお客さんの僕らが彼のいい加減な仕事の尻拭いをするために残業をしなければならないのか?残念ながら、かなりいい加減な仕事をする人を米国ではよく見かけます。まじめに働いているとしばしばそのとばっちりを受けることがあります。結局、その会社のものは動くようはできたけど、キチンと調整がされていないことが分かり、今のままでは使い物にならなそうでかなりむかついています。

予想外のトラブルが続いたため、今日の昼ご飯はかなり久しぶりにハンバーガー。
日本ではまだ店舗が少ない?Burger King

気休めですが、脂肪分の少ないテンダークリスプチキンサンドイッチをゲット。
チキンがクリスピーに揚げられていてそれほど悪くない食感です。
SAT_BurgerKing01.jpg

SAT_BurgerKing02.jpg

4人分のフレンチフライズ。私の記憶が正しければ日本語ではフライドポテト。でもこれは和製英語英語ではフレンチフライズ(French Fries)と言います。
SAT_BurgerKing03.jpg

ミーディアムサイズとスモールサイズの差。
アメリカのサイズは日本の物に比べててかなりでかいです。
SAT_BurgerKing04.jpg

左のサイズがミーディアムだからすごいですよ。
この上にさらにスーパーサイズと言うのがあり、これだとミーディアムより2まわりくらいでかくなります。
健康に良くないです。

時間に追われて、このような食べ物で足早にランチを終らせ仕事に戻りました。
ディナーはもっとまともなものを食べようと思っていましたが、結局、検出器会社の手抜きの尻拭いで遅くなりまともなレストランが閉まってしまう時間となってしまい、夕食もろくでもないものを食べるはめに。

辛いが頑張るしかない、サラリーマン。
明日はもう少し良い日でありますように・・・


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      



テーマ : アメリカで働く
ジャンル : 海外情報

tag : 仕事

有名ステーキレストラン in San Antonio

大嵐のボストンから無事にテキサス州サンアントニオにやってきた私ですが、(嵐の話はこちらこちらをご覧ください)無事にお客さんからサインをもらえたので、ちょっと街に繰り出したい気分でした。

そこで既にホテルに戻っていたエリアマネージャーに電話をかけ、夕食に出かけよう、と誘いました。同僚と私は仕事を早めに切り上げ、ダウンタウンの方へと車で向かい、駐車をしてThe AlamoおよびRiver Walkへと向かいました。

前述の通り、今週は学校の春休みでRiver WalkもThe Alamoもものすごい混みようで先日私が来た時よりもずっつと混雑していました。エリアマネージャーとRiver Walkで落ち合い何を食べようか、という話し合いになり、このプロジェクトのために日本から来られている技術者の方のリクエストによりステーキを食べることになりました。

歩いて15分くらいのところにあるBohanan's Prime Steak and Seafoodというレストランがこのあたりではナンバーワンだ、という情報をゲットし、そこから歩いてレストランへと向かいました。途中道を人に尋ねたところ、あの店は予約がないと入れないよ~という忠告を受けましたが、とりあえず行ってみることに。

馬車が普通に車道を走る、典型的な観光の街
SAT_steak06.jpg

とあるレストランの前でテキサス特有のロングホーンブルの試乗をやっていました。女性の人がカウボーイの指導の下、この牛に乗ろうとしています。
SAT_steak05.jpg

見事に乗ってポーズを決める女性。まぁ、ロディオと違って牛は暴れていませんが。ロングホーンと言うだけあって角が長いですね。
SAT_steak04.jpg


続きを読む

テーマ : 海外グルメ
ジャンル : 海外情報

tag : 美味いもの アメリカのレストラン

River Walk in サン・アントニオ 続き

テキサス州サンアントニオの観光地のひとつであるRiver Walk。前回の記事の続きを書いています。

ショッピングモールであるRiver Centerから小川に沿って歩く散歩道であるRiver Walkを歩いてゆくと高層ホテル、レストランやバーがたくさんあります。

SA_RiverWalk06.jpg

SA_RiverWalk10.jpg

SA_RiverWalk12.jpg

SA_RiverWalk13.jpg

川の脇にあるレストランのパティオでランチやディナーをするのもなかなかおしゃれだと思います。多くの人が食事をしていました。


息子が昔好きで時々行ったレインフォーレストカフェ。ラスベガスやミネアポリスのMall of Americaという巨大なモールの中、アリゾナ州フェニックス、ボストン郊外にもあります。
SA_RiverWalk14.jpg

日本でもおなじみのハードロックカフェ。
SA_RiverWalk22.jpg

本当にのんびりしていて癒されます。
SA_RiverWalk15.jpg

ところで昨日、飛行機の遅れでミーティングには出席できなかったものの、到着後にエリアのマネージャー、同僚と共にディナーを共にし、ちょっとしたお祝いをするためにRiver Walkの方に行きました。今週はスプリングブレーク(春休み)だったためかものすごい人でした。先日の賑わいとはまるで比べ物にならないくらいどことレストランも混んでいました。
SA_RiverWalk23.jpg

ボートに乗って夕食、というサービスもありました。
高そうでしたが、優雅です。
SA_RiverWalk24.jpg

この後、私達はRiver Walkを歩きながら、全米でもトップ5に入ると言われている有名なステーキレストランを探し当て、ディナーを食べることとなりますが、そのお話はまた時間があるときにしたいと思います。

それにしてもこのRiver Walkでは皆がとてものんびりとしていてまるで僕らが住んでいる世界とは違う世界に来たような気がしました。こう癒しもたまには必要ですね。
えっ?いつも息抜きばかりやってるって?どきっ。

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

どこ行ってんの?

月曜日の朝、4時に家を出たものの、悪天候のため、飛行機が遅れ、午前中にサンアントニオに着く飛行機に乗れませんでした。2時間遅れでワシントンDCに到着(午前9時半)。次にサンアントニオに行く飛行機は何と午後6時50分発。わずか10分でしびれを切らした私はトラベルエージェントに電話。何とかなんないの?尋ねてみました。

そしたらコロラド州デンバーに飛べば、4時過ぎにはサンアントニオに着ける、という情報をゲット。そこから今まさにデンバーに出ようとしている飛行機のゲートに向かって走りました。普段の運動不足のせいで足が絡まりつつも何とかDゲートからCゲートに移動しゲートにいるアテンダントに飛行機の変更を交渉しました。

最初はできないとか何とか言われたのですが、しつこく食い下がり何とか飛行機を変更してもらうことに成功。ワシントンから一路、コロラドのデンバーへと向かいました。ワシントンDCからの4時間近くの長いフライトでコロラド州デンバーに到着。

デンバーではボストンでの大嵐が嘘のような天気。
平和だなー
DEN01.jpg

久しぶりにデンバー国際空港に来ましたが、こんなプロペラ飛行機が置いてあったとはこれまで気づきませんでした。
DEN02.jpg

DEN03.jpg

かなり疲れてきましたが、ここからさらにサンアントニオまで2時間以上のフライト。あ~この国はでかすぎる~。今日飛んだ飛行距離はおおよそ2800マイル

BOS_IAD_DEN_SAT.jpg

今日のお客さんとのミーティングには参加できませんでした。
自分の作ったレポートをプレゼンするつもりでしたが残念。
でも同僚がレポートについてお客さんに説明してくれて無事に契約書にサインをもらいました!
これまでの僕らの努力が報われました。ほんと良かったです。
この大プロジェクトもあとはお客さんの取り扱い説明を残すのみとなり、少しパーティー気分、夜は同僚およびエリアのマネージャーと共に街のレストランで3時間半にも及ぶディナーを楽しみ?ました。いや長いディナーで正直疲れましたが、この日が無事に終って少しホットしました。

アメリカでは天気は曲者、地域によって天気が全く異なりますし、飛行機が遅れると大事なミーティングなどに遅れたり、出席できなくなってしまったりします。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      






テーマ : アメリカで働く
ジャンル : 海外情報

Nasty Weather in ボストン

天気の変わりやすいボストン、山の天気とよく言われます。
今週末は青空が見えたのは私が空港に着いたときだけ。土・日・月と大風に大雨の最悪の天気となり、あちこちで洪水や停電が起こっています。

ボストンの雨は冷たく、風が強く、降り方が半端でないので大嫌いです。
大雨の中、朝は3時過ぎには起き、出張の準備。Unitedのホームーページで飛行機の状況を調べたら一切何の情報も無し。とりあえず空港に向かうことに。
雨がひどいだけはなく、小さな台風並みの風の強さで運転も少々大変でした。

経費削減のため、降りしきる雨の中、空港から少し離れた駐車場に止め、傘を差しながらシャトルバスを待ち、空港に向かうと。
boston_rain01.jpg

ものすごい混みよう。
boston_rain02.jpg

boston_rain03.jpg

私のフライトはキャンセルされなかったものの、2時間遅れのため乗り継ぎに間に合わず、ワシントンDCで9時半から夕方の6時まで待たないといけない、という何とも間抜けなフライトとなりました。3時に起きた努力が水の泡。ユナイテッドのフライトアテンダントの態度の悪さに辟易しました。

今日は実はお客さんと地域のマネージャーと共に非常に大事なミーティングがあったのです。ボストンの悪天候にやられてミーニングには出られないことになりました。電話で参加するって手もありますけどね。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

River Walk in サン・アントニオ

ここのところ非常に忙しく思うように書きたいことが書けておりませんが、最近のThe Alamoの記事に関連してサン・アントニオ(San Antonio)のもう一つの観光名所として挙げられるThe River Walkについて少々書いてみたいと思います。

The River Walkとはサン・アントニオ川に沿った散歩道に様々なレストラン、バー、ホテル、アトラクションなどがあり、いつも多くの客で賑わっています。

The River Centerと呼ばれるショッピングモールのところからRiver Walkのツアーボートが出ています。
SA_RiverWalk01.jpg

ショッピングモールもこのRiver Walkの一部となっており、川のロータリーになっています。このロータリーをツアーボートが一周して戻って行きます。
SA_RiverWalk02.jpg

丁度、ツアーボートが来ましたよ~。結構、一杯ですね。
SA_RiverWalk03.jpg

SA_RiverWalk04.jpg

ショッピングモールのロータリーのところに知る人ぞ知る“Hooters”がありました。

Hootersでは綺麗目のお姉さんぴちぴちのTシャツと短パンを着てサービングをしてくれるレストランでチキンウイングで知られています。飯はお世辞にも美味くないと思います。このショッピングモールにはその他にもたくさんレストランがありました。

SA_RiverWalk05.jpg

ツアーボートの発車地点
SA_RiverWalk05_2.jpg

ツアー代は
一般:8ドル25セント
子供:2ドル(5歳以下)
シニア:6ドル

とお値段は良心的。

続きはまた時間があるときに。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

ニューアーク経由でボストンへ

テキサス州サンアントニオからボストンへと帰る今朝、朝5時ごろタクシーでホテルを出て空港へと向かいました。タクシーはホテルのフロントに前もって手配をしてたので数分遅れましたがほぼ時間通りに来てくれました。

前回、来た時のサンアントニオ空港はガラガラでしたが、来週から大学が春休みに入るため、空港はそれなりに込み合っており、機械を使ってチェックインは済ませたものの、荷物のチェックが遅く、私よりも長く待っていたおじさんが添乗員に怒っていました。

一応、怒っていたおじさんも私もコンチネンタルのElite Accessというファーストクラス、コンチネンタルエリート、そしてスターアライアンスのゴールドメンバーの列に並んでいたのにいっこうにサービスに来なかったので怒るのも無理は無い、と思いました。

荷物をチェックして、セキュリティチェックポイント(Security Checkpoint)へと向かいましたが、コンチネンタルのターミナルではほとんどの場合、エリート(Elite)用の列があり、こんなに込んでいる時でも一気に列の一番前へと出ることができました。ラッキー。まあエリートと言ってもただ単に出張が多いからエアラインにとって良い客だ、と言うだけの話なのですが。

今日はサンアントニオから満席の小さめの飛行機で3時間40分のフライトでニュージャージー州ニューアーク国際空港へと向かいました。前回は真中の席をあてがわれましたが今回はかろうじて窓際の席。それでも真中に大き目のおじさんが座って、狭い狭いと文句を言っていました。

ニューアーク空港に近づいてきたところ、下には濃い雲が見えます。ニューアークは雨。雲の上は美しい青空でいつ見ても綺麗なんですけどね。

SAT_NEWARK06.jpg

天気の悪いニューアーク国際空港へと着陸。
飛行機の外に出ると冷たい風が・・・。昨日までいたサン・アントニオでは昼間は27℃まで上がっていましたが、ニューアークでは一桁台の気温、それを肌で感じました。それと雨の匂い。

SAT_Newark02.jpg

いつもならばこの空港からマンハッタンが見えますが今日は天気が悪くて良く見えませんでした。

SAT_Newark03.jpg

朝ごはんを食べずにいたのでニューアーク空港のターミナルCでランチを食べることに。このターミナルは天井が高く、そして大きく新しい感じでとても綺麗です。国際線の大部分はこのターミナルだろうと思います。一月に日本に帰国した際もこのターミナルから飛び立ち、このターミナルに戻ってきました。

SAT_Newark04.jpg

SAT_Newark05.jpg

ゲート近くのイタリアンファーストフードでチキンスパゲティーアルフレッドを注文すると・・・↓

SAT_NEWARK09.jpg

こてこてのチーズが半端ではなく、野菜は一切無し。
これにドリンクつきで11ドルなり。空港とは言えどもファーストフードでもこんな値段です。

SAT_NEWARK08.jpg

味はチーズが濃かったですが、まあそれほど悪く無しで、とりあえず、私の空腹を満たしてくれました。

天気の影響か多少、飛行機が遅れ、いつ、飛行機の搭乗が始まるか分からない状況でしたので、ランチ後の眠気を我慢するのに苦労しましたが、幸い、まだ太陽が出ているうちにボストンに戻ることができました。気温は1℃少々と寒かったものの、ボストンはとてもよい天気で嬉しくなりました。

9日間もテキサスの25℃以上の気候にいたためか寒さが身にしみます。それでも久しぶりにホームタウンに戻ってきた安堵と喜びがありまあした。“I am home”

SAT_NEWARK10.jpg

来週の月曜日の早朝のフライトでサンアントニオに戻り、午後にお客さんとその地域のマネージャーと共に今回の大プロジェクトの明暗を分けるミーティングがあります。それまではしばしの休息です。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

理系大学院留学マニュアル

長い長い9日間が終わり、明日、久しぶりにボストンに帰ります。と言っても来週の月曜日には戻ってきて再び、このテキサス州サンアントニオに再び9日間滞在しますが・・・。

今、私の会社では前代未聞のプロジェクトが進行中で、普通は4ヶ月~6ヶ月かかる仕事を2ヶ月ちょっとで終らせようとしており、この9日間は寝る時間も惜しんで仕事をしていました。まあいつものことですけどね。僕ら現場の人間にできることは同僚と共にすべてやり尽しました

事故にも遭い、少し首が痛かったのですが、病院に行く時間すら無かったです。いや~忙しかった。土曜日先週の土曜日に数時間空きができてThe Alamoにいけたのた夢のようです。プロジェクトの進行に影響を与えるようなトラブルもありますが、これは他会社関連だったり、天災的なもので僕らにはどうすることもできません。何とか予定通り、プロジェクトがまとまってほしいものです。

ところで、お知らせですが、私の所属するカガクシャ・ネットというアメリカの理系大学院留学生・経験者達からなるネットワークのメンバー達と共に理系大学院留学マニュアルを執筆し、それがこの3月末にアルク社から出版予定となっておりましたが、実際に出版日が決まりましたのでお知らせいたします。

【タイトル】理系大学院留学ーアメリカで実現する研究者への道
【編著】カガクシャ・ネット 著/山本智徳 監修
【発売日】2010年3月26日予定
【総ページ数】280ページ

理系大学院留学表紙


執筆者達は皆アメリカの理系大学院でPh.D.プログラムに在学中あるいはすでにPh.D.を取得して大学・研究所、そして企業で活躍する人たちばかりで、これまでに類を見ない充実した理系大学院留学実現マニュアルで体験談や留学達成までのプロセスを細かくそして適切に解説しています。

私が大学院留学の準備をしていた10年前、理系大学院の留学情報は非常に乏しく、ほとんど手探り状態でとても苦労したのを覚えています。そしてカガクシャ・ネットのメンバーも同様に苦労して留学準備をしてきました。

この本には著者達の“こんな本があの時に欲しかった”。という想いが込められています

留学に興味のある方、あるいは私達のように留学した人はどんな人なのか興味のある方、アメリカの理系事情に興味のある方等、是非、ご一読ください!またこれらどれにも当てはまらない方でも、私達留学経験者の経験に基づいたエッセーなどもたくさん盛り込まれているので面白いと思います!

おっと、もう1時。明日は朝6時半の飛行機なのでもう寝なくては。それではよろしくお願いします。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


テーマ : アメリカ留学
ジャンル : 海外情報

tag : 理系大学院留学

あら、もーじゃなくてThe Alamo その3

テキサス州サンアントニオにあるThe Alamoの記事を前回前々回に続いて書いています。

訪問した日(2010年3月6日)にはThe Battle of the Alamoを記念、そして再現する特別なイベントが行われており、かなりの賑わいでした。

The Alamoのイベントに集まる人々。
The_Alamo_event15.jpg

テキサス軍の兵士を演じる人々。大砲と一緒に撮影。後で大砲を発砲する(空砲ですが)デモンストレーションもありました。
The_Alamo_event01.jpg

テキサス軍200人以下の立て籠もるThe Alamoは1500人以上からなるメキシコ軍に10日以上も包囲されていました。テキサス軍は何度も近隣の街に応援を頼みましたが、応援は少なく、結局、3月6日に全員討ち死に、という結末を迎えたようです。
The_Alamo_event17.jpg


そしてメキシコ軍を演じる人々。結構イケメンの若者とか美人のお嬢さんもいました。恐らくは歴史保存協会が地元から募ったボランティアか何かでやっているのだと思います。
The_Alamo_event02.jpg

この方達は気持ち良さそうにスペイン語で歌を歌っておりました。意外と上手かったです。
The_Alamo_event03.jpg

The_Alamo_event16.jpg

ナレーターが歴史的背景を読み上げてそれにあわせて、衣装を着た兵隊達が演技をする、という感じで進行していったこのイベント。途中、地元のミュージシャン達の素晴らしい演奏や素晴らしくない演奏が入りました。

また実際に大砲の打ち方・手入れの仕方を子供に教えてくれていました。
その動画を紹介。
最初の動画はタイミングが間に合わなくて遠くから取ったものですが、結構、発砲の瞬間が迫力があります。

次の動画は近くに行って撮影したのですが、火薬が少なかったのかやり方がまずかったのか、全く迫力なしでした。

最初の動画。
[広告] VPS


2つ目の動画。
[広告] VPS


The Alamoにいたのは短い時間でしたが、タイミングよく3月6日の記念日に当たったこともあり、イベントを見ることができ、楽しむことができました。これまでアメリカの独立の歴史は少し学びましたが、それはボストン近辺で起きたことが中心でしかも、独立した当初は13州しかなかったわけで、テキサスを初め他の州が、他国から独立してアメリカ合衆国の州となるまでの歴史をもう少し学んで見たいと思いました。



以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

あら、もーじゃなくてThe Alamo その2

前回の記事の続きで、The Alamoについて書いています。記念のイベントが行われており、かなり込んでいましたが、中にも入ることができました。ちなみに入場料は無し、つまり無料です。しかし、施設のあちらこちらにドネーションを入れる箱が置いてありました。私も多少、ドネーションをさせてもらいました。

1836年当時のThe Alamoの様子。
The_Alamo_11.jpg

The Alamoのメインの建物を右から見た写真。
The_Alamo07.jpg

左からの写真。
The_Alamo_14.jpg

中に入っていく人の列。
The_Alamo13.jpg

中は天井が非常に高いつくりになっていました。壁には触らないでください、と注意書きがあちこちにあったにもかかわらず観光客が刻んだ、と思われる名前などを時々見かけました。中は写真撮影禁止でした。

中にはで見かけた当時の大砲。
The_Alamo_12.jpg

これは実はギフトショップでした。
The_Alamo04.jpg

The_Alamo03.jpg

ガイドが中庭で歴史のお話をしてくれました。これも無料。
The_Alamo05.jpg

1836年、3月6日に戦死した人々を記念するモニュメント。
The_Alamo_10.jpg

The_Alamo09.jpg

歴史の浅いアメリカですが、独立、そして今のような国になるには様々なドラマがあったのだと思いました。歴史をもっと知っていると、さらに面白かっただろうと思いました。

次の記事ではもう少し、この日に行われていた特別イベントのことを書いてみようと思います。

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

あら、もーじゃなくて、The Alamo

先週からテキサス州サン・アントニオに出張していますが、コストと時間の節約のために週末こちらに滞在することになりました。レポートとか仕事もありますが、ずっと仕事をしているのも息が詰まるので少し生き抜きに観光に行くことにしました。

サンアントニオにはテキサスがメキシコから独立してアメリカの州となる歴史に名を残した砦、The Alamoがあり、映画にもなっております。

ホテルからThe Alamoの近くまで車で行き、駐車場に車を止め(駐車場はそこら中にあり、土曜日だったからか一日止めて8ドル~10ドル程度)、The Alamoへと向かいます。入口のところに特別イベントをやっているという看板があり、中へ入っていくと1800年代の兵隊の格好をした人たちがそこら中にいて、一瞬、タイムマシーンんに乗って昔に戻ったような感覚を感じました。

The Alamoのゲート
The_Alamo01.jpg

特別イベントの看板
偶然ですが、3月6日というのは1500人からなるメキシコ軍にこのThe Alamoを守るボランティアの自衛軍180~200名が惨殺された日だったらしく、大きな記念イベントが進行中だったのです。
The_Alamo_event06.jpg

The_Alamo02.jpg

中にはこんなカッコをした人たちがあちこちに。
The_Alamo_event13.jpg

The_Alamo_event12.jpg

昔の銃。これって見た目よりものすごく重いんですよね、持ってみると。恐らく数キロあるかな。
The_Alamo_event11.jpg

The Alamoの戦いで戦死したヒーローの中に有名なJames Bowieという人がいましたが、彼はBowieナイフを発明したことでも有名です。

敷地内で子供たちがナイフの投げ方を習い、的に向かってナイフを投げていました。
これはちょっと危ないのでは?
The_Alamo_event10.jpg

そして様々な種類のナイフが展示してありました。
The_Alamo_event07.jpg

The_Alamo_event08.jpg

The_Alamo_event09.jpg

偶然にもこのようにThe Alamoにとって歴史的に重要な日にここを訪れることになり、非常に興味深い話も聞けましたし、大砲の発砲も見ることができました。

続きはまた。

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

ランチにイタリアーノ

最近、定期健診で医者に行った時に、ビタミンDが少ないからビタミンDの入ったものを気をつけて食べるか毎日15分~20分日光に当たるようにという指示を頂きました。

私は以前はよく牛乳を飲んでいてビタミンDは十分に摂取できていたと思うのですが、ここ1年ほど、アメリカの牛乳があまり合わなくて牛乳を飲まなくなっていました。また仕事がらいつも室内、しかも地下等の暗いところで働くため、日に当たることなど日中はほとんどない私。

italian_SAT07.jpg

こんな天気ならば、できれば乳製品とかビタミン剤を飲むよりは日中15分くらい光に当ってリフレッシュするべきですね。

今日はランチに小さなファーストフード系イタリアンレストランに行きました。
テキサス大学サン・アントニオ校からすぐのプラザの中にありました。
italian_SAT01.jpg

メニューは豊富でこれまで食べたことのない名前のパスタがたくさんあります。同僚のグレッグに聞いても??で形がちがうだけじゃない?と言っておりました。
italian_SAT02.jpg

Cannelloniという知らないパスタに挑戦してみました。出てきたのは・・・・↓


italian_SAT04.jpg

ラザニアに似ているし、イメージと全然違いました。う~ん。何か違う。
食べてみると味はラザニア。もちろんまずくは無いがちょっと残念。
もっと新しいものを期待していたのに・・・
それとこのチーズの量。半端じゃないですね。カロリー高そう!

italian_SAT05.jpg

とりあえず、食べました。美味しかったですが、ラザニアとの違いが分かりませんでした。
ランチを終えて15分も日光浴をする時間など無く仕事に戻りました。
夕方少し、休憩をして外へ。

italian_SAT08.jpg

既にかなり日が傾いていてとても日光浴とは行きませんでしたが、青空と雲をしばらく眺めて気持ちをすっきりさせることができました。

ここまでは良い日でしたが!


夜遅くまで働いた後、同僚と晩飯を食べてホテルに帰る途中、何と左折したところで後ろから飛ばしてきた車に追突され、警察を呼ぶはめになりました。運転していたのは渡米一ヶ月半の若いエンジニアで少しびっくりしたと思います。911に電話して事故のことを伝え、待機している場所など説明しましたが、警察は中々来ません。結局警察が来たのは事故が起こってから一時間以上たってから。その間、IHOPというパンケーキ屋さんの駐車場で待ちつつ、レンタカー会社に事故の報告と車の交換の手配に追われました。

後ろから追突され、トランクが開かなくなったHyundaiのErantra。かなり良くない車です
accident_SAT01.jpg

accident_SAT02.jpg

僕らに追突してきた車はJeepのCherokeeというSUVでライトのプラスチックが割れただけ。
accident_SAT04.jpg

ホテルがすぐ近くだったので何とか外でレンタカー会社が来るのを待つのを避けるため、ホテルまで5分ほど運転。朝食エリアでレンタカー会社に電話をかけてホテルに代車を持ってきてもらう手配をしました。その間、今度は同僚と共に警察に提出する事故届けを書き込みました。

事故届けを書き終えて、レンタカー会社に車を交換してもらい、部屋に戻った時には既に1時を回っていました。その後さらに、レンタカー会社に提出する事故レポートの詳細を会社の担当者に尋ねるメールを書いタリなどとこの日は非常に長い一日となりました。いやはや、疲れました。それに何だか首が重いです。

アメリカでは携帯で電話しながら運転している人が多く、ウインカーを出さない人の方が多数派、しかもレーンを変える時も死角となる側方を確認するクセの無い人が多いので車を運転する時は注意が必要です。追突も良くあるのでスピードを落とす時は後方の確認は必須。気をつけようが無い時もありますが・・・・


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

Blue blue sky

昨日からテキサス州サン・アントニオにやってきております。
サン・アントニオはヒューストンの西約200マイルに位置する観光業などがメインの中規模の街です。

SAN_ANTONIO_location.jpg

有名な観光地としてThe AlamoRiver Walkがあります。

その他、Seaworldという巨大な水族館もあります。

前回、来た時は毎日雨で本当に嫌な天気でしたが、今回は空港に降り立った瞬間から澄んだ青空で清清しく癒されました。
BOS_SAT10.jpg

BOS_SAT11.jpg

BOS_SAT12.jpg

今月はここにかなり長くいる予定なのでこの素晴らしい天気が続いてくれるといいな~。

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : アメリカで働く
ジャンル : 海外情報

今日もまた

今朝は3時過ぎには起き、眠い眼を擦りながら出かける準備をしていると、虫の知らせか、息子妻が目を、覚ましてきました。今日から9日間、テキサスへ出張するので、家族とはまたしばらく会えなくなります。元気でね~、と言いつつ、4時には眠い目を擦りながら空港へ向かいました。

BOS_SAT01.jpg

朝早い空港ですが、それなりに人が結構います。
BOS_SAT02.jpg

今週はユナイテッドエアラインで飛ぶため、ユナイテッドのカウンターへと向かいました。
BOS_SAT03.jpg

チェックインをキオスク(機械)で済ませて、荷物をチェックもらうのを待ち、荷物が片付いたらセキュリティチェックポイントを通り、ゲートエリアへと向かいます。

ユナイテッドのゲート近辺は一度セキュリティチェックポイントを過ぎるとあまり食べ物が無く、朝からベーコン・チーズ・エッグサンドイッチなるかなり濃いものを食べることととなりました。

BOS_SAT05.jpg

食べてみるとまあ食べれないことは無いのですが、チーズが凄いです。
BOS_SAT06.jpg

チーズ、ベーコン、卵のこってりとした朝ごはんで今朝のエネルギーを補充し、ゲートへと向かいました。しばらくボストンともお別れ、ワシントンDC経由でテキサス州サン・アントニオへと向かいます。

前回、訪問した時は、暖かいはずのサン・アントニオで毎日みぞれのような冷たい雨に降られ嫌な思いをしましたが、今回は暖かい天気を期待します。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

tag : 仕事

食べ物でよく遊ぶアメリカ人

気がついたら2月が終っていました。めまぐるしい毎日。今月は週末も行きっぱなしの長い出張が2つもある上、来月の初めも出張で埋まっております。今月中に取らないといけない休みが1週間ほどあったのですが、4月の後半までは無理だから、と言うことで特別にデッドラインを延ばしてもらいました。

厳しい世の中となりました。

ブログを更新するのもかなり遅れていますが、数週間前に息子のカブスカウトのバンケットがあった時の出来事を少し書いてみようと思います。

日本では文化的に食べ物で遊ぶとはけしからんという雰囲気がありますが、アメリカ人はよく食べ物で遊びをします。食べ物をよく残すし、躊躇いも無く大量の食べ物を捨てます。

カブスカウトの活動で“家族対抗マシュマロとスパゲティーを使って3分間でどれだけ高い構造を作れるか”ってのをやりました。参加家族は私達を入れて4家族。私達の家族ともう一つの家族が圧倒的なデットヒートを繰り広げました。

もう一つの家族のお父さんは、学部の時に航空工学を勉強して、かの有名なマサチューセッツ工科大学(MIT)で管理系の博士号を取っており、さすがに構造のことがよく分かっておられます。

スパゲティーが折れないように補強をしながら上へと積み上げてゆきます。娘2人、息子2人に奥さん、お父さんで6人だったこともあり、有利でした。
cub_MS03.jpg

私達もエンジニア・サイエンティストのバックグラウンドを活かしつつ、3人でありながらもほぼ互角の高い構造を作り上げました。
cub_MS02.jpg

cub_MS01.jpg

建築士の家族の作ったのは・・・
cub_MS04.jpg

ちなみにアメリカの建築学は工学ではなく芸術に分類されていて、デザイン・芸術系の学部に所属していることが多く、彼はきっとエンジニアではないのでしょう。

もう一つの家族。ここの息子さんはかなり負けず嫌いで相当、悔しがっていました。
cub_MS08.jpg

マシュマロとスパゲティーでこんなゲームをやることを考えつくのはきっとアメリカ人くらいでしょうね。マシュマロがもったいない、と思ったのは僕らだけかもしれません。
楽しく?遊んだ後はディナー、そしてこの日のメインイベントがあります。それはまた後で。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。