スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年のハイライト

2009年も間もなく終ろうとしています。今年も様々なことがありましたし、色んなところに行きました。2009年を締めくくるにあたり、今年ハイライトと共にブログで紹介した写真の中で私が個人的に気に入っているものを紹介してみたいと思います。

まず今年前半のハイライトはなんと言ってもグランドサークルを回ったことだと思います。以前にアリゾナに4年住んでいた私達ですが、今回は両親と妹を連れて家族でワイルド・ウェストと呼ばれる荒野をレンタカーを借りて大冒険したのはとても記憶に残る経験でした。

#1:モニュメントバレーにて日の出ツアー+広大なこの谷の中で自分達の小ささを実感させられた写真。日の出前の静かな谷に朝焼けが射し、谷の神秘的な雰囲気をさらに増してくれました。関連記事もどうぞ!

09BestPic_MV03.jpg

大自然はでっかい!
09BestPic_MV01.jpg

#2:アーチーズ国立公園で撮影した写真ですが、広大な荒野、不思議な形をした赤岩の向こうに見える雪山が非常に対照的でした。関連記事をご覧ください。

09BestPic_Arches01.jpg

09BestPic_Arches02.jpg

#3:ブライスキャニオン国立公園ナバホトレールを歩いた時の写真。ナバホトレールではフードゥーズと呼ばれる大きな針のような岩の間を歩きますが、光の届かない谷のそこに光が差し込んでいる場所があり、その光に向かって木がたくましく伸びていました。関連記事もどうぞ。

09BestPic_BC_Tree2.jpg

これがフードゥーズ。この谷の中を歩きました。上から見るより実際に歩いてみてその大きさに驚かされました。
09BestPic_BC_hoodoos.jpg

#4:グランドキャニオン国立公園で見た日の入り。夕日で赤く染まるグランドキャニオンはいつ見ても楽しめます。あまりの壮大なスケールに自分が吸い込まれそうになりました。関連記事もどうぞ。

09BestPic_GrandCanyon_sunset.jpg

#5:ボストンのビーコンヒルにある可憐な路地。ビーコンヒルは19世紀にアメリカで最も文明の進んだ街と呼ばれた場所です。関連記事もどうぞ。
2009Beaconhill.jpg

#6:グロースターの街にあるグッドハーバービーチ。ボストンの北にあるビーチの中でも私達の一番のお気に入りです。細かい白砂のビーチ、遠浅で子供達も楽しめるグッドハーバー。ボストンの短い夏を楽しむのに最高の場所です。関連記事1関連記事2もどうぞ。
Good_harbor_sunset2009.jpg

#7:ニューイングランドの紅葉はアメリカ人の間でも良く知られており、紅葉の季節には旅行までして見に来る人もいます。私の働くオフィスの近くのゴルフ場にとても綺麗に赤く染まる木が緑の芝生と美しいコントラストを生み出していました。関連記事1関連記事2

2009fall_foilage_golfcourse.jpg


#8:Faneuil Hallのすぐそばにあるニューイングランド最大のクリスマスツリーの周りはとても綺麗にライトアップされており、一層華やかさを増していました。関連記事もよろしくお願いします。

2009FaneuilHall_Xmas_Ill.jpg

#9:バンカーヒルモニュメントボストン・フリーダムトレールの最終地点。中は階段になっており、上まで登ることができます。夕日を受けて赤く染まるバンカーヒルモニュメントを見れてとてもよい思い出となりました。関連記事もどうぞ。

bunckerhillmonu08.jpg

バンカーヒルモニュメントから見た夕暮れのボストン。
View_from_Bunker_hill2009.jpg

#10:今年はクリスマスイルミネーションを楽しむことができました。その中でも印象に残ったのはイプスイッチの街で見た壮大なクリスマスイルミネーション。関連記事1関連記事2もどうぞ。
2009Christmas_Illumination.jpg

2009年もお陰さまで、家族と共に様々な素晴らしい経験が出来きたくさんの良い思いでも出来ました。

本ブログを今年応援してくださった皆様、感謝申し上げます。皆様、良い年をお迎えください!

2010年度もよろしくお願い申し上げます。

最後まで読んでくださった方、宜しければ、この10個の出来事の中から1番良かったと思われるものをコメントにて例えば“#3”のように投票していただけると大変嬉しいです。ありがとうございました。

P.S. 心機一転、ブログのタイトルを変えてみます!


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


スポンサーサイト

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外

BJ's Wholesaleを体験

最近、BJ's Wholesale Clubという会員制のホールセール(倉庫型店舗)ストアーのお試し会員になることができたので、お店にいってみる機会がありました。

このBJ'sは日本にも進出しているコストコと同じシステムで大きな倉庫のような大きなお店に電化製品から、お肉、果物、などの食べ物、タイヤや洗剤など様々なものが格安で売っています。

*コストコ=Costcoは英語読みでは“コスコ”でtは発音しません。

コストコにしてもBJ'sにしてもそうですが、買い物をするには年会費を払ってメンバーにならねばならず、私の家族は3人で小さく、私が出張が多いのでパーティー・大家族サイズのホールセールの品物はどれも大きすぎでこれまでメンバーにはなったことがありませんでした。今回、無料のお試し会員になれたのでBJ'sを覗いてみることにしました。

お店に入ってすぐのところ。お店は天井が高く巨大でまさにホールセールです。
BJs_whole_sales02.jpg

品物の陳列の仕方がまさに倉庫のようです。一つ一つの品物が大きい~。高く品物が積んであります。
BJs_whole_sale01.jpg

シリアルの箱は普通サイズの3倍はありました。
BJs_Cereal.jpg

肉も一つ一つの大きさが半端じゃありません!しかも安いのでアメリカ人は大量に肉を買ってバーベキューをしたり、大きな冷凍庫にて保存します。
BJs_Meet01.jpg

BJs_Meet02.jpg

一つの塊が数キログラムはあります。
BJs_Meet03.jpg

甘いお菓子やパン、ケーキ、何でもあります。
BJs_bread.jpg

置いてあるものは食べ物だけではありません。フラットスクリーンのテレビを初め、コンピューター、ラップトップ、ハードドライブからプリンターまでありました。
BJs_Electronics.jpg

車のタイヤまで売っていました。
BJs_Tires.jpg

大量に物を買うには非常にお買い得なホールセール。特に良い肉が非常に安く手に入ります。BJ'sのメンバー費は年間45ドルなので頻繁に買い物をする場合には45ドルはあっと言う間に元が取れるかと思いました。ただ、ものがとにかく大きいので、基本的にそれほど体が大きくなく大量にお肉を食べない日本人には量が多すぎるかもしれませんね。



以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカのスーパーマーケット

ハーバード大学自然歴史博物館、鉱物部門

先日、機会があり、ハーバード大学内にある自然歴史博物館の鉱物・ミネラル部門を見る機会があったのでその時の写真を紹介しようと思います。

会館時間は毎日午前9時~午後5時。
正月、クリスマスなど特別な祭日は閉館。
ホームページを見て確認できます。

大人の入館料:9ドル
ハーバード大学以外の学生:7ドル
子供:6ドル
メンバーは無料

入ってすぐのところ。右手中央に隕石コーナーがありました。
harvard_museum01.jpg

鉱物・ミネラル部門でまず驚いたのはそのコレクションの多さ。様々な種類の鉱物・鉱石が所狭しと並んでいました。好きな人にはかなり見ごたえがあります。

harvard_museum03.jpg

隕石コーナーの大きな隕石。鉄分が多いらしく鉄が固るときにできる結晶粒が肉眼でも観察できるほど大きくなっています。これは隕石がかなり高温からものすごくゆっくりと冷えていったことを示しています。鉄の結晶粒は普通は顕微鏡で拡大しないと見えません。
harvard_museum09.jpg

ピンク色の鉱石。これはマンガンという金属が炭酸化したもので比較的低価のジュエリーとして使われるようです。
harvard_museum04.jpg

硫黄成分の多い鉱石。硫黄が入っている石は黄色っぽい色になります。
harvard_museum05.jpg

銀鉱石。不思議な形をしています!
harvard_museum11.jpg

これも銀鉱石。銀を含む鉱石は不思議な形をしていますね
harvard_museum02.jpg

大きな水晶の結晶。
harvard_museum12.jpg

緑色の石。これは何が入っているのでしょうか。
harvard_museum06.jpg

その他、本当に様々な鉱石がありました。宝石の元となるエメラルドやルビーなどもありました。時間があまりなかったので、それほどゆっくりは観れませんでしたが、とても楽しめました。さすがハーバードと言うか、コレクションの豊富さには脱帽させられます。

次回、来る時は鉱石部門以外のところも見てみたいと思いました。



以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

アフタークリスマスセール

不景気がまだ続くアメリカ、未だ10パーセント近くの失業率でいつまでもなかなか景気はよくなりません。

その中で、このクリスマス商戦。多くの小売店が去年の失敗から学んだのか、今年は早くから色々な特典をつけて何としてでも買わせよういう意気込みを感じました。(例:WiiやDSのゲームソフト、一つ買ったらどれでももう一つ半額!50ドル以上買ったら10ドルのギフトカードプレゼント!等)その商戦が、買い物フリークのアメリカ人の我慢我慢の生活に上手く作用し、まんまと乗せられ、あちこちで買い物をしまくる人たちが続出した今年のクリスマス。12月になるとどこのお店に行っても、ものすごい混みようで
殺気立った買い物客
で溢れかえっていました。

私達は不況を考慮すると、とてもアメリカ人のようにクレジットカードにバンバンつけて買い物などする気にもなれず、そんなアメリカ人達を冷めた目で観察していました。

もっとも、私たちの狙いはなんといっても、“After Christmas Sale”!このアフタークリスマスセールとはその名の通り、クリスマスで売れ残った品物を格安で売りさばくセールでクリスマスの次の日、12月26日から始まります。

去年はこのセールでたくさんの掘り出し物を手に入れた私達。このセールを楽しみにしている人たちも結構います。私達はクリスマスの次の日にセールを期待して近くのショッピングモールへと出かけました。

思ったとおりショッピングモールは混みこみで駐車場を探すのも一苦労。大きなモールの駐車場は一杯でした。
09After_Xmas01.jpg

私達が最初にチェックするのはクリスマスの飾り、カードやギフトで、これらはクリスマスの後は半額や70%オフの大割引になることが普通です。去年はたくさん売れ残りがあり、良い品をかなり安く手に入れておいしい思いをした私達でしたが、今年はずいぶん様相が異なっていました。


感謝祭の頃(クリスマスセールが始まったばかりの頃)のTarget(人気のストアー)はこんな感じでした。
クリスマスツリーも飾り物もたくさんありました。

09After_Xmas10.jpg

09After_Xmas12.jpg



・・・・・そして、クリスマスの次の日・・・・・。
あれだけツリーがあった売り場はツリー一本残すのみ・・・・。
09After_Xmas06.jpg

クリスマスの飾りは、ほとんど何も残っていませんでした。
09After_Xmas04.jpg

売り切れ、売り切れ、売り切れ・・・・
09After_Xmas05.jpg

私の息子が目当てにしていたスターウォーズのゲームも売り切れ・・・残念!

今年は本当に良く売れたんでしょうね~。
去年とは本当に全然違います!


話は変わりますが、クリスマス後のお決まりのカスタマーサービスで気に入らなかった品物を返品する人々。下手すると返品するのにかなりの時間を要します。気に入らなかったクリスマスプレゼントを返品したり、返品ができない場合(レシートがない場合)は次の年のクリスマスに誰かにプレゼントするのもありらしいです。

09After_Xmas02.jpg

今年のアフタークリスマスセールは思ったよりも収穫の少なかった私達ですが、物がたくさん売れることは景気回復に欠かせないものなので、良い兆候と受け止めました。今年たくさん買い物をした人たちがクレジットカードの借金で泥沼にはまらないことを祈りますが・・・・。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

ミシガン食べ歩き、第五回:歴史的レストラン・イン Weber's

1937年からの長い歴史を持つレストラン・ホテルであるWeber's。今ではミシガン州Ann Arborの街の歴史的な建造物となっています。設立から70年経った今でもAnn Arborでトップクラスの人気を誇るレストラン・インであり続けています。

Googleで調べると実に117もレビューが残っていて4/5つ☆ということでかなり評価も高いと言えます。
Ann_Arbor_webers16.jpg

Ann_Arbor_webers01.jpg

レストランの入口。
Ann_Arbor_webers02.jpg

入ってすぐのところにあった、クリスマスツリー。レストランのいたるところにワインがおいてありました。
Ann_Arbor_webers05.jpg  Ann_Arbor_webers14.jpg

ホテルの中は綺麗に改装されていましたが、歴史を感じさせるアンティークチックな雰囲気がとても気分を落ち着かせてくれました。平日の昼間だと言うのにレストランは大賑わい。なぜか?60才以上のお年寄りがお客の7割以上を締めていました。この人たちはきっと昔からここに食べに来る人たちなのでしょう。それとウエイトレスもお年寄りが多かったです。

Ann_Arbor_webers03.jpg

このレストランはプライムリブとシーフード(海ではなく湖からの魚)が有名との事だったので、私はWalleyeという淡水魚、魚系スコットはPerchという淡水魚の料理を注文し、肉系ジェリーはプライムリブ、ピッキー(好き嫌いの激しい)デービットはフレンチディップを注文しました。4人の注文したものは非常に対照的でした。

同僚達。左からデービッド、ジェリー、スコット。
Ann_Arbor_webers13.jpg

デービッドのフレンチディップ。フレンチと言っていますけど、ものすごくアメリカンな食べ物。
Ann_Arbor_webers10.jpg

ジェリーのプライムリブ。さすが肉系。ランチでこれを食べるのがすごいですね。
Ann_Arbor_webers06.jpg

魚系スコットのPerch。おいしそうですね、このお魚。

Ann_Arbor_webers09.jpg

私のWalleye
Ann_Arbor_webers08.jpg

私はこれまで淡水魚は少しクセがあって食べにくい、という印象があったのですが、Walleyeはとても食べやすくて美味しく、とても感激しました。Perchも含めて海の近くの州ではあまりレストランで見かけないとスコットが言っていました。ミシガン、イリノイなどの内陸で近くに魚が取れるような大きな湖がある所のみで楽しめる魚達とのことでした。

Weber'sは必ずしも安いとは言えませんが、ランチメニューの値段は良心的で量も適度であり、お魚は非常に美味しく、感激しました。今回のミシガン出張では色んなものを食べましたが、日本食と並んでこのWalleyeがこの中でも一番美味しかったです。アメリカ中部のレストランで見かけたら一度お試しあれ。結構いけます。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : 美味いもの アメリカのレストラン

メリークリスマス!

クリスマスイブは、友人宅にお邪魔になりお泊りまでして、とても素晴らしい時間を過ごしました。
朝、起きてクリスマスを迎え、友人の子供達はサンタクロースから素晴らしいプレゼントをもらい大喜び。
私の息子は家に帰るまでプレゼントはお預けでした。

サンタクロースをまだ信じている息子は、はやる気持ちを抑えながら我が家に戻ってきました。急いでドアを開け、クリスマスツリーに向かう息子。クリスマスツリーの下にたくさんのプレゼントを見つけて大喜びしました。

09Christmas01.jpg

手前の青い包み紙がサンタクロースからです。日本の家族にも手伝ってもらって、Getしたサンタクロースのプレゼントの数々に楓も大満足。待った甲斐がありました。私達にもささやかなギフトが。ありがとうございます!

09Christmas02.jpg

今年新たにゲットしたツリーのオーナメントの写真。これまでのキラキラしたものとは全く異なり、すべて“わら”でできており、シンプルですが、とても可愛く気に入っております。

09snowstorm_12_20_18.jpg

09Christmas07.jpg

クリスマスの今宵は、暖炉に火を灯してみました。
暖かな明かりが、心も体もほんわかと温めてくれます。

09Christmas03.jpg

暖炉には、家族3人分の靴下が。
サンタさんからは、この中にも小さなプレゼントが入っていました。
09Christmas04.jpg

クリスマスの夜、友人宅を何軒かキャロリングしながらまわったり、友人宅ではクリスマスの本当の意味を話し合ったり・・・と、とても充実したクリスマスを過ごしました。

キャロリングの途中で見かけたクリスマスライト。
09Christmas06.jpg

09Christmas05.jpg

皆さまにとって、心に平安のあるクリスマスの夜であった事を願います。

Merry Christmas!!


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカの休日

ボストン北、Ultimate クリスマスイルミネーション続き

前回に続き、Ipswichの街、Bull Brook Lnにある広大・ダイナミックなクリスマスイルミネーションの紹介をしています。

家の敷地の外から見るとこんな感じに見えます。かなりの広範囲をライトアップしています。アメリカの国旗のライトは近づくとかなり大きいです。
ipswich_Xmas_Ill15.jpg


お隣の家も多少は頑張っていますが、相手が悪すぎます・・・。
ipswich_Xmas_Ill14.jpg

動画を一つ。
[高画質で再生]

広大なクリスマスイルミネーション2

[広告] VPS

動画、もう一つ
[高画質で再生]

広大なクリスマスイルミネーション3

[広告] VPS

まるでメルヘンチック
ipswich_Xmas_Ill11.jpg

おとぎの世界にいるような気分にしてくれるこのクリスマスイルミネーション
ipswich_Xmas_Ill10.jpg

最後にもう一つ動画。
[高画質で再生]

広大なクリスマスイルミネーション4

[広告] VPS

今年のアメリカは不景気で、ボストンエリアも全般的にイルミネーションは少なめでしたが、何件か頑張ってくれているところがあり、色鮮やかな様々なライトで私達の心を和ませてくれました。しばし、不景気を忘れてクリスマスの気分を味わいましょう。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      



テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

ボストン北、Ultimate クリスマスイルミネーション

ボストンの北、ノースショアはボストンに比較的近い住宅地でクリスマスイルミネーションも街中と違う広い土地を利用したダイナミックなイルミネーションが良く見られます。

先日、オフィスでIpswichという街にランドスケープ(庭)ビジネスを経営する人が広大な土地にものすごいクリスマス・イルミネーションを展示している、という話を聞いてきて、早速、家族で見に行くことにしました。これらの写真は大雪が降る前に撮ったもので、雪があったらもっと趣があったかもしれません。それでもすごいです。

場所はIpswichのBull Brook Ln↓と言うところです。
Ipswitch_Xmas_illumination.jpg

かなり有名らしく、次から次に車が出入りしていました。もはや一般の家ではなく、観光地化していました。早速私達も個人の家のドライブウェーに車を乗り入れました。非常に長いドライブウェーが見事にライトアップされていました。

ipswich_Xmas_Ill01.jpg

巨大なアメリカの国旗があるところがアメリカらしいですね。これは自作?まさかね・・・。
ipswich_Xmas_Ill03.jpg

サンタも農業をする?トラクターの前にて。
ipswich_Xmas_Ill02.jpg

ライトの数が半端ではないし、非常に奥行きがあってどこまでも綺麗に飾ったライトが見えました。すごいですね、これは。
ipswich_Xmas_Ill04.jpg

これだけのライトアップを見たら、サンタもきっと笑うでしょうね、ほっほっほー!
ipswich_Xmas_Ill05.jpg

トナカイとサンタ発見。
ipswich_Xmas_Ill06.jpg

また別のサンタが
ipswich_Xmas_Ill07.jpg

少し先にお家が見えます。
ipswich_Xmas_Ill08.jpg

もう少し近づいてみると家も見事に飾り付けしてありました。本当に一般の家庭とは思えない。しかも観光地化していて車もどんどんと入ってきています。寄付金ウェルカムとは書いてありましたが、事実上、無料。すごいです。
ipswich_Xmas_Ill09.jpg



続く。



以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外

大雪かき!

昨日の明け方から雪が降り始めものすごい吹雪が続いていましたが雪は午後1時過ぎまで降り続きました。私の住むボストン・ノースショアでは30~45センチくらい積ったのではないかと思います。少し15マイルくらい西の街では少なかったようです。

雪は確かに美しいですし、子供達は大喜びしますが、私達のような一軒家に住んでいる人にとって雪が降るとその後の雪掻きが非常に大変です。私達も雪がやんでようやく2時くらいから雪掻きに外に出てみるとポーチのドアの上まで雪が積っていて足場がなく、足がいきなり雪に埋まってしまいました。

09snowstorm_12_20_03.jpg

車も雪に埋もれています!いや~よく降った!
09snowstorm_12_20_04.jpg

防寒着を着て雪掻き開始。雪の量が半端じゃく、いくらかいても減りません・・・。
09snowstorm_12_20_05.jpg

ひたすら雪をかく私。入口付近にあった雪は除雪車により固められていて重く、腰に負担がかかりました。去年これで腰を痛めたので慎重に膝を使いながらもすばやく雪をかき続けました。
09snowstorm_12_20_06.jpg

9歳の息子も良く手伝ってくれました。
09snowstorm_12_20_07.jpg

子供はやはり雪が大好き。しょっちゅう休憩?して雪と戯れる息子。
09snowstorm_12_20_16.jpg

雪掻き開始から2時間以上してようやく進歩が目に見えてきました。
09snowstorm_12_20_08.jpg

綺麗な夕日にも雪掻きが終ったことを祝福されているかのようでした。これで雪書きも終わりです。
09snowstorm_12_20_09.jpg

雪とライトアップは非常に良く合います。クリスマスの気分が随分高まりました。
09snowstorm_12_20_12.jpg

09snowstorm_12_20_14.jpg

こんもりとできた雪の壁。
09snowstorm_12_20_15.jpg

小さな三角屋根の我が家にも真っ白な雪、雪の壁がクリスマスライトのリフレクションを生み出してくれてまた違った雰囲気を作ってくれます。この真っ白な雪がクリスマスまであると良いな~と思いました。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン

大雪のボストン

ワシントンDCで大雪を降らせたSnow Stormが北上してきて昨日の夜中から大雪が降っています。朝起きてみると外は銀世界でした。まだ雪はあと6時間くらい降り続くらしく、風も強いので今日の出かける予定はキャンセル。

09snowstorm_12_20_01.jpg

09snowstorm_12_20_02.jpg

随分積りそうです。このまま行くとホワイトクリスマスもいけるかも!

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

ボストン北、クリスマスイルミネーション2

今晩はこれから雪の予報、私の住む街では今晩から明日昼にかけて約30センチほどの積雪が予想されています。雪は嫌いではないのですが、明日は出かける予定があるので心配しています。

ところでボストンの北ノース・ショアクリスマスイルミネーションを紹介しています。その1の写真も綺麗なので是非、お立ち寄りください。またその3も近いうちに公開予定ですが、その3はこれまでよりももっとスケールの大きいイルミネーションです。請うご期待!

これは私の近所の家のイルミネーション。非常に凝っていてとても楽しめました。

まずは全体の様子。
09XmasLight_beverly06.jpg

正面から見るとこのような感じです。
09XmasLight_beverly01.jpg

↓の続きを読むをクリックするともっと写真が出てきます。

続きを読む

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

最近のハーバード大学の写真

1636年に設立されたアメリカ最古の大学Harvard University。私が歴史を説明するまでもなく、ネット上に多くの情報があります。日本からお客さんが来ると必ず見たい場所の一つにリストアップされます。先日、日本から来られた方を連れてキャンパスまで行った時の写真を少し紹介してみようと思います。

ハーバードヤードの写真。はっぱは落ちてしまっていますが、まだ芝生は青々としていて、学生、観光客が庭を歩いていました。

harvard_yard01.jpg

正面に見えるビルは現在のハーバード大学内で一番古いビルで1720年に建設されたMassachusetts Hallです。
harvard_yard02.jpg

相変わらずハーバードヤード内は歴史を感じさせる美しいレンガ造りの建物と綺麗な芝生があり、とても趣があります。日本から来られたお客さん(大学教授)もここなら勉強する意欲がわくだろうな~と言われていました。

そして観光客が良く写真を撮っているJohn Harvardの銅像。右足を触るのがお約束で右足が金色に光っています。

John_Harvard.jpg

枯れ木、が少し寂しいですね。紅葉の季節か夏の方がこのハーバードヤードは綺麗に見えるかな。
harvard_yard03.jpg

ハーバードヤードの少し外にあるMemorial Hall。これはアメリカ市民戦争で戦った人たちを記念するために立てられた建物だそうですが、非常に立派な建物で中も一部は入ってみることができます。
harvard_memorial_hall.jpg

中の写真。ステンドグラスがとても綺麗でした。
harvard_memorial_hall04.jpg

harvard_memorial_hall03.jpg

季節によって違う表情を見せてくれるハーバードヤード。日本人観光客を初め多くの人々がこの美しいキャンパスを訪れています。

ボストンの街中からハーバード大学への行き方は地下鉄Red Lineに乗り、Harvardで降りればすぐです。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      





テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン紹介

ミシガン食べ歩き、第四回:イタリアン

ボストン北、クリスマスイルミネーション2は現在、写真をまとめ中で近々アップします!。

ふたたび、ミシガン食べ歩きの記事にを書いてみました。
ミシガン州Ann Arborの街でPaesanoというイタリアンレストランに夕食を食べに行きました。Ann Arborの街ではとてもおしゃれなイタリアンレストランとの事でした。

住所は
3411 Washtenaw Ave.
Ann Arbor, MI 48104
(next to Arborland Mall)
(734) 971-0484

レストランの中はクリスマスに向けてとても綺麗にデコレーションされていました。
Ann_Arbor_italian03.jpg

お店に入ってすぐのところのたくさんのワインがおいてありました。ワイン好きにはたまらないレストランですね。
Ann_Arbor_italian14.jpg

お店の中の様子。
おしゃれであちこちにポインセチア、クリスマスデコレーションがありました。
とてもよい雰囲気。

Ann_Arbor_italian02.jpg

Ann_Arbor_italian01.jpg

そしてウェイトレスがものすごい美人で同僚達、特に独身のデービッドは鼻の下が伸びていました。ケリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)似で彼女よりももっと顔立ちが整っていました。

ワインがたくさんおいてあっただけあり、かなり立派なワインリスト。私は飲まないのでワインの好きなスコットにワインリストを手渡しました。
Ann_Arbor_italian07.jpg


Ann_Arbor_italian09.jpg

最初に出てきたシーフードスープはくリーミーでリッチな味に加えてクラムなど数種類のシーフードが入っていてとても美味しくいただけました。レストラン内が暗くてあまり綺麗に写真が撮れず・・・。

Ann_Arbor_italian06.jpg

私が注文したのはゴルゴンゾーラチーズの入ったラビオリにSquabのお肉のつけ合わせ、グレープソース。
Ann_Arbor_italian12_2.jpg

ゴルゴンゾーラチーズの入ったラビオリは美味しかったのですが、グレープのソースが甘すぎてちょっと残念。ソースを避けながらラビオリを美味しく頂きました。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

ボストン北のクリスマスイルミネーション1

アメリカで一番大きな休日とも言えるクリスマス。最近はキリスト教徒以外の人口が増えているアメリカではMerry Christmas!ではなく、Happy Holidays!と言わないといけないような風潮になってきていますが、それでもクリスマスの時期の雰囲気は特別であり、他のシーズンでは味わえません。

私の住むボストンの北は、クリスマスの時期になると各家庭が独自のクリスマスイルミネーションをしてクリスマスを祝っており、車で走っているだけでも結構楽しめます。

数件の家が協力してイルミネーションをしている場合もありますし、近所で競っている場合もあります!

私が良く通る道に面する3-4件の家のクリスマスイルミネーションは毎年目を見張るものがあり、この記事で写真と動画で紹介してみようと思います。

これが競っている?か協力してクリスマスイルミネーションをしている一角。
01Christmas_lightup01.jpg

↓の続きを読むをクリックすると写真や動画がたくさん出てきます!

続きを読む

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン・ボストン郊外 ボストン郊外の街並み アメリカのイベント

ミシガン食べ歩き、第3回:日本食

アメリカ人同僚達と出張に行く時、段々と日本食が恋しくなるものです。アメリカ人の中には日本食を食べたことがない、食べたくもない、と言う人もいますが、近年は健康的な食事、という印象もあり、アメリカ人の中でも特に中流~上流の人たちの間で結構人気のある食事となってきています。

今回一緒に出張しているスコット、ジェリーは日本食大好きでお寿司も大好物ですが、ピッキー(食べず嫌い)デービッドはアメリカのものしか食べない、という時々いる典型的なアメリカ人で生の魚なんか“おぇっ”というヤツです。

昼が近づき、ランチに何を食べようか、と話し始めたところで、スコットが日本食はどうか、と提案。私は当然賛成。ピッキーデービッドは少し嫌そうな顔。魚系スコットが以前に行ったことのあるレストラン、Yotsubaに行きました。

Res_Yotsuba01.jpg

Res_Yotsuba08.jpg

レストランの住所は
2222 Hogback Road
Ann Arbor, MI 48105
Ph: 734-971-5168

見た感じ、アメリカナイズされたようなレストランという印象で多少の不安はありましたが、中に入ると日本人の寿司職人がいたので一安心。アメリカでは日本食=寿司と考えられていてJapanese Restrantと言えば鉄板焼きか寿司中心なのです。

同僚達。左からジェリー。魚系スコット、そしてピッキーデービッド。
Res_Yotsuba05.jpg

ところで、寿司・刺身大好きのスコットはメニューから刺身セットを、ジェリーは寿司ランチ、私も刺身セット、そしてピッキーのデービッドは親子丼を注文しました。

刺身セットは盛り付けはとてもカラフルで綺麗でおいしそうです!
Res_Yotsuba06.jpg

Res_Yotsuba04.jpg

ジェリーがゲットした寿司ランチは日本的な握りにアメリカ的なまき寿司。
Res_Yotsuba07.jpg

刺身はとても新鮮で美味しかったです!特に、サーモンとさばが最高でした。大陸のほぼ真中近くにあるAnn Arborでこれだけ新鮮なお魚を食べれるとは思いませんでした。Very Good!
魚系スコットは刺身を堪能し、ディナーを食べにまたここに来ようと言っていました。

寿司ランチを食べたジェリーも大満足。
親子丼を食べたピッキーデービッドもそれなりに満足。


Yotsubaさん、ご馳走様でした!

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      





テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : アメリカのレストラン 美味いもの

夜のボストン

食べ物の記事ばかりが続いたので少し息抜き。
最近見かけた夜のボストンの写真を幾つか公開します。

ノースエンドから見た夕暮れ時のボストン。
09freedomtrail23.jpg

ボストンローガン国際空港から見たボストンの夜景

09boston_yakei01.jpg

クリスマスライトアップされたFaneuil Hallの夜の様子。
Faneuil_Hall_evening02.jpg

Faneuil_Hall_evening01.jpg

Old State Houseの夜の様子。
old_state_house.jpg

夜のボストンも中々素敵です。

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

ミシガン食べ歩き:第3回、メキシカン

メキシカン料理はアメリカ人が好きな料理のトップ3に入る、と言うくらい非常に人気があり、ファーストフード系のタコベルを初め街のいたるところにMexicanレストランがありました。Ann Arborは先日から昼でもマイナス10℃近くの寒い毎日で外にも出れず、実験室の中でひたすら実験をしており、ランチ時間は重要な息抜きとなります。そこでランチを食べに行く場所も熱心にインターネットで探していました。今日はメキシカンを食べに行くことになったのでメキシカンレストランをネットで検索。ダウンタウンにあるレストランが非常に美味そうだ、といことでSabor Latinoというレストランにランチに行きました。

Ann_Arbor_mexican09.jpg

行った時間がかなりランチ時間を過ぎていたこともあり、中はかなりガラガラ。メキシカンの割りには混んでない・・・。少々不安が。

Ann_Arbor_mexican04.jpg

Ann_Arbor_mexican08.jpg

ガラガラながらもレンガの壁にあちこちにある写真や絵がとてもよい雰囲気を作っていました。メキシカンのレストランとしてはハイエンドなところなのでしょう。レストランの中もおしゃれでしたが、ウエイトレス達が皆若く美人で独身のピッキーデービットが大喜び。

まずはメキシカンお約束のチップスがサルサと共に出てきました。サルサは辛すぎずとてもマイルドで、チップスもカリカリで美味しかったです。
Ann_Arbor_mexican01.jpg


メニューを見ると一般的なメキシカンのランチにしては高めで学生はあまり来ないだろう、という気がしました。普通ならメキシカンのランチは6~8ドルくらいだと思いますね。
Ann_Arbor_mexican10.jpg

メニューから私はメキシカンのコンボを注文しました。チキンエンチェラダ、ブリトーにタコス、ライスにガカモレ、にビーンズで典型的なメキシカンですが、普段食べるメキシカンよりも美味いと思いました。

Ann_Arbor_mexican02.jpg

Ann_Arbor_mexican05.jpg

特にタコスはトーティアがぱさぱさしていなくて美味しかったです。
Ann_Arbor_mexican06.jpg

久しぶりに量だけでなく味も楽しめるメキシカン料理を食べえたような気がします。
このレストランはauthentic mexican = 本物のメキシカンと言うだけあってとても美味いと思いました。



以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : 美味いもの アメリカのレストラン

ミシガン食べ歩き、第2回: 韓国料理

University of Michiganの近くには韓国レストランがいくつもありました。同僚のスコットは前回一緒に仕事をした時に韓国料理を食べて以来、かなり好きになったらしく、ランチを食べに、韓国レストランに行くことになりました。

AnnArborKorea05.jpg

ホテルの近くにあった韓国レストラン。中は思ったよりも狭かったですが、とても綺麗で、サービスも早く丁寧でした。韓国料理はやはり前菜が楽しみですよね。

AnnArborKorea01.jpg

キムチ、海藻サラダ、お芋の煮物、なます見たいな物?など5品出てきました。この前菜は好き嫌いの激しいデービッド以外は皆美味しく頂いていました。ベービッドは典型的なアメリカ人で自分の食べたことのないものは食べない、と言うタイプ。食べたこともないのに好きじゃない、と食べないのです。損していますね。スコットとジェリーからもからかわれていました。食べたこともないのに美味いかどうか、どうやって分かるんだ?と。

写真は左からスコット、ジェリー、デービット。

AnnArborKorea02.jpg

ところで私は韓国レストランで必ず食べるのは石焼ビビンバ。

AnnArborKorea03.jpg

AnnArborKorea04.jpg

魚系スコットはやはり魚料理を注文。肉系ジェリーはお肉の入ったチャプチェ。デービッドはスパイシーなチキンヌードルか何かを注文してました。

石焼ビビンバはもう少し、石のどんぶりが熱かったらよかったかな~と思いもしましたが、味はとて美味しく、おこげも良い感じだったので、実際のところ調度良い温度だったのかもしれません。ピッキー (好き嫌いの激しい)デービットも半分くらいは食べていました。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

ミシガン食べ歩き、第一回:Mongolian BBQ

デトロイトから車で30分ほど西に位置するAnn Arbor。1824年に街として確立され、1837年にUniversity of Michigan (ミシガン大学アナーバー校)が移転してきています。Ann Arborは人口の32パーセントが大学生・院生というアメリカの典型的なCollege Town (大学の街)と言えます。

前回の記事でも紹介した地図。Ann Arborはデトロイト、五大湖の近くにあります。
Ann_Arbor_map.jpg


私は先週の日曜日からエンジニアのトレーニングのためにこのAnn Arborに入り、フロリダから来ている南部系ジェリー、インディアナから来ている不良系デービット、そしてインストラクター& お魚系スコットと共にまじめにそしてハードに仕事をしつつも、このAnn Arborで色んなものを食べまくりました。

今回食べた料理は
トルコ料理(既に記事を書きました)
タイ料理
モンゴリアンBBQ
メンフィスBBQ(こてこてアメリカ料理)
アメリカン
メキシカン
イタリアン
日本食
Ann Arborでの食べ歩き?の様子を少し書いてみようと思います。

まずはモンゴリアンBBQ

モンゴリアンBBQは本当にモンゴルで食べられているBBQと言う意味ではないと思うのですが、アメリカ人の間で非常に人気のある食事です。Ann Arborの街中に大きなチェーン店、BD's Mongolian BBQがあり、そこに皆で行きました。

AnnArbor_BD01.jpg

モンゴリアンBBQとは野菜、魚、お肉、スパイスを一つのボールの中に入れて(ソースは別の小さなカップに入れる)これをシェフの所にもって行くと、シェフが大きな鉄板の上でボールの中身を調理してくれます。このBBQを美味しく食べれるかどうかはどんなものを選んでボールに入れるか、ソースに何を選ぶかなどが重要になってきます。

自分でボールを片手に自分の欲しい物を選んでボールに入れて行きます。

AnnArbor_BD02.jpg AnnArbor_BD03.jpg

私達が行ったBD Mongolian BBQは非常に豊富な食材を準備しており、お肉も牛、豚、鳥、以外にもDuck、ソーセージ、ミートボールもありました。もちろんえび、いか、白身魚など魚介類もたくさん種類がありました。

AnnArbor_BD14.jpg

種類が豊富なお肉。
AnnArbor_BD13.jpg

野菜もたくさんありました。豆腐は健康的なたんぱく質源と考えられており、お肉の代わりに食べる人たちもいます。
AnnArbor_BD06.jpg

AnnArbor_BD07.jpg

私が取ったのは野菜とシーフード中心で少しだけ?お肉。
AnnArbor_BD08.jpg

ソースはガーリック系とスパイシー系を混ぜ合わせたものを選び、鉄板のところに持って行き、調理をしてもらいました。シェフはなぜか体育会系の人たちばかりでした。

AnnArbor_BD09.jpg

出来上がりは
AnnArbor_BD10.jpg
これは美味そう?ではないような。味は食べるまで分かりません。

実際に食べて、お味はぼちぼち。やはり選んだソース次第という感じがします。もう少し辛めのソースを選んだ方が良かったかな。

これをトーティアで包んで食べます。トーティアに包んで食べると結構いけます。同僚達もかなり気に入って食べていました。同僚の一人はお代わりまでしました。お代わりをすると2ドル余計に払うだけで食べ放題になります。食べ放題は私には少し危険。今回は1杯で我慢しました。

AnnArbor_BD12.jpg

同僚達のショット。左からデイビットとスコット。

AnnArbor_BD11.jpg

私の住むエリアにはモンゴリアンBBQがないので今回は久しぶりでしたが、好きなものを選べる楽しさがある反面、ついついたくさん取りすぎてしまい、結局、食べきれない、ということもあり、とる量のバランスが美味しくいただけるかどうかの鍵だと思いました。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

tag : 美味いもの

ボストン・ノースエンド Copp's Hill Burying Ground

ポール・リヴィアの家オールド・ノース教会に続きボストン・ノースエンドの見所を紹介しています。

ボストン・フリーダム・トレールの通路となっているCopp's Hill Burying Groundは1659年にボストン市によって設立されたボストンで2番目に古いお墓場です。

Copps_hill02.jpg

このお墓場に眠る人々の中に、ポール・リヴィアの指示を受けてオールド・ノース教会からランタンで革命軍に信号を送った愛国者ロバート・ニューマンがいます。

Copps_hill01.jpg

お墓の向こうに海が見えますね。海が近いのです。

このセメタリーの近くに、少し?有名な“The Skinny House”があります。ボストンで一番幅の狭い家だそうです。中はどうなっているでしょうか。一番狭いところでは幅が1.89メートル、広いところでも2.8メートルしかないようです。玄関は狭い路地に見えます。中は隣とつながっているのでしょうか?

North_end02.jpg

幅の狭い家の隣のレンガ造りのタウンハウスには別の玄関があるみたいです。と言うことはやはり中はつながっていなさそうです。
09North_end04.jpg

今回、じっくりとノース・エンドを見てみて、イタリアレストランの多さに改めて驚かされましたし、ボストンとはまた違う感じのレンガ造りの街並がとてもキュートだなと思いました。最後にノース・エンドを出てチャールズタウンに向かう橋から見た眺めの写真を紹介します。

charlestownbridge.jpg

何だか爽快な気分になりました!

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

極寒のミシガンより

日曜日から仕事でミシガン州Ann Arborに来ていますが、ここ数日めちゃくちゃ寒くて凍えております。気温はマイナス12℃くらいで、さらにものすごく風が強くてマイナス20℃くらいに感じます。いや~寒い。しかもよく雪が降っています。ミシガンは寒いと聞いていましたが、本当に寒い!風の方を向くと鼻の中が凍りそうです。

Ann Arborの場所。デトロイトから車で30分ほどの大学の街です。街にはアメリカではとても有名な(日本ではあまり知られていないかもしれない)ミシガン大学があります。今回の仕事先はこの大学です。ミシガン大学はこれまで19人のノーベル賞受賞者(卒業生7人、所属の教授・研究者12人)を輩出している実力校です。

Ann_Arbor_map.jpg

今週は3人の同僚と一緒に出張していることもあり、よくも悪しくも色んなものを食べています。そのうちまとめて記事にしようと思っておりますが、とりあえず、少しだけ。

トルコ料理屋の
Ayse's Turkish Cafe
1703 Plymouth Road, Ann Arbor, MI
に行きました。このレストランは同僚のスコット(6年くらい前に仕事でよくAnn Arborに来ていた)が昔、ランチを食べたところだそうで行ってみたのですが、昔より、2倍くらい大きくなっていて驚いていました。

AATurkesh01.jpg

メニューは日替わりだそうです。結構おいしそうな食べ物があります。
私は子羊の肉を使った食べ物を注文してみました。

AATurkesh03.jpg

まずはスープ。このスープは好き嫌いがあるかもしれません。
AATurkesh09.jpg

きゅうりの冷たいスープをスコットが注文していましたが、とても美味そうでした。
AATurkesh08.jpg

今回、一緒に仕事をしている同僚達。ブログへの出演ものりのりでOKしてくれました。左からスコット、デイブ、ジェリーです。

AATurkesh02.jpg

黄色のピーマンに子羊のひき肉がたくさん詰まった料理で、食べてみると子羊の美味さが際立っていました。美味いです。

AATurkesh05.jpg

AATurkesh06.jpg

ターキーの料理はギリシャの食べ物に近く、非常に美味なものがいくつもあるかと思いました。

ここしばらくはミシガンで食べるおいしいものを少しでも紹介していこうと思います。

ここのところは

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

tag : 美味いもの

ノースエンドのオールド・ノース教会

ボストンのノースエンドにある革命の英雄、ポール・リヴィアハウスを見学した後、私達はポール・リヴィアモールとオールド・ノース教会を目指しました。少し歩くとすぐにポール・リヴィアモールへ着きました。ここにはポール・リヴィアの銅像があります。

ポール・リヴィアについては以前に書いたコンコードの記事および、先日のポール・リヴィアの家をお読みください。

ポール・リヴィアの銅像。
Paul_Revere_mall01.jpg

ポール・リヴィアモールのレンガの散歩道。冬は寂しい感じですね。
paul_revere_mall03.jpg

以前に夏に来た時はこんな感じでした。
old_north_church02.jpg

ポール・リヴィアモールの先に見えるのはオールド・ノース教会。ボストンで最も古い今でも礼拝に使われている教会であり、国立歴史的建造物に指定されています。この教会はポール・リベアが馬を走らせてイギリス帝国軍の進軍を革命軍に知らせに行く際に、3人の愛国者にこの教会の高い塔に2つのランタンを掲げるように指示を出しました。二つのランタンはイギリス軍が陸路から進軍すると言う暗号だったのです。

遠くからでも見える非常に高いオールド・ノース教会の塔。
09Old_north_church02.jpg

モールから道を渡ってオールド・ノース教会へと向かいます。
09Old_north_church03.jpg

この教会はいつ来ても綺麗にしてありますが、天井の高さに驚かされます。
09Old_north_church05.jpg

立派なパイプオルガンがあります。
09Old_north_church06.jpg

イエス・キリストの絵画とお言葉ステージの上にありました。
09Old_north_church04.jpg

しばし、椅子に座り、静かに瞑想。
革命の歴史に名を残した、オールド・ノース教会。手入れもきちんとされており、今でも活発に集会が行われている中々立派な教会だと思いました。ちなみに中に入るのは無料ですが、歴史的建造物の保護・保存のために献金用の箱が置いてあります。

以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

ノースエンドのポール・リヴィアの家

ボストン近郊に入植が始まった1630年台から続くボストンで最も古い住宅街でるノースエンド。小さな敷地におおよそ100ものレストランがあり、革命のヒーロー、ポール・リヴィアの家など、様々な観光スポットがあります。またLittle-Italyと呼ばれるほど、イタリア系アメリカ人の多い地域でもあります。

ポール・リヴィアは革命戦争勃発の際に、ボストンから革命家たちのいるコンコードまで真夜中に馬を走らせてイギリス軍のコンコード-レキシントンへの進軍を知らせました。詳しくは以前に書いた記事をご覧ください。

boston_north_end_map.jpg

Faneuil HallやGovernment Centerから93号線を渉って北側がノースエンドです。ちょうど93号線を渉ってノースエンド側に来たところでボストンの高層ビルが向こうに見えました。

North_end_exc04.jpg

ノースエンドへ入口です。
North_end_exc03.jpg

基本的には綺麗なレンガ造りの街ですが、ビーコンヒルやバックベイとは異なり、ビルの高さが全体的に低いような気がします。歩いているとレストランの多さに驚かされます。

North_end_exc01.jpg

私達が目指すのは革命の英雄、ポール・リヴィアの家(Paul Revere)の家です。ノース・エンドのイタリアレストラン街をしばらく歩くと到着。

Paul_Revere_house01.jpg

ブースでチケットを買って中に入りました。これが↓その家です。コロニアル・スタイルだそうです。この家は最初、1680年に建てられ、その後、火事で壊れたり、多くの修復作業を経ていますが、2つのドアを初め1680年のオリジナルのものが多数あるようです。

Paul_Revere_house03.jpg

残念ながら中は撮影禁止。中は思ったよりも小さく、あっと言う間に見てしまいました。
ポール・リヴィアは金属鋳造をやっていたようで、私(学生の時は金属工学専攻)少し?コネクションを感じました。

続く


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

ホワイトクリスマスへの期待!

10月に一度かなり寒くなったボストン。そのまま冬に突入か?と皆心配しましたが、その後、急に暖かくなり、しばらく過ごしやすい日が続いていました。でも今度こそは本格的に冬突入の様相です。

先日、大きなスノーストームがやってきて結構雪を降らせました。

我が家の窓から見た積雪の様子。私の街では10~15センチくらい積りました。
09snowstorm01.jpg

大雪が降るのは大変ですが、我が家も妻が頑張ってクリスマスのライトアップの準備を始めたところだったので、ライトアップに雪が映えます。このまま、今年はホワイトクリスマスになってくれるように今から願をかけています。

09snowstorm02.jpg

雪やこんこん、あられやこんこんと雪が良く降っています。明日の朝は家を早く出るのでちょっと心配。
09snowstorm03.jpg

次の日の朝。このように雪が枝に積った木がとても綺麗でした。
09snowstorm04.jpg

先日までの暖かい気候が嘘のようで朝は除雪車のかいた雪が凍ってアイスバーになっていました。少し転んで手を軽く傷めてしまいました・・・。現在(夜)のボストンはマイナス3℃です。昼は少し暖かくなるようですが、訪問の際には防寒着の準備が必須です。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

ボストン・オールストンでしゃぶしゃぶ

オールストンはボストン大学(Boston Universiity)やハーバード大学に近いことから学生が多く住んでおり、非常にアジア系レストランがたくさんあるところです。学生が多いこともあり、バーや酒屋も多数ありますが、韓国レストラン、中華、タイ、しゃぶしゃぶと様々なアジアレストランがあり、しかもかなり質が高いように思います。

先日、仕事でお世話になっているお客さんと上司と一緒にボストン・オールストンにあるTOKIというしゃぶしゃぶレストランに行く機会があったので少し記事を書いてみようと思います。

レストラン入口
shabu_toki10.jpg

中の感じ。平日の6時くらいに行ったのでまだ混んでなく落ち着いて食事ができました。
shabu_toki02.jpg

まずは前菜に焼き鳥。アメリカでは残念ながら簡単には美味しい焼肉には出会えません。このお店の焼き鳥は何を食べてもとても美味しかったです。
shabu_toki03.jpg

こういう美味しい焼き鳥はいくらでも食べれちゃうので気をつけないと・・・。
shabu_toki05.jpg

私達は全員、黒豚のしゃぶしゃぶを注文しました。めちゃくちゃおいしそう!
shabu_toki11.jpg

しゃぶしゃぶ鍋は真中で別れており、それぞれ違うスープを選ぶこともできます。スープは和風、とんこつ味噌、野菜だし、韓国味噌風、トムヤンクン風と種類が豊富です。

shabu_toki06.jpg

早速、黒豚君をスープにて調理。ごまだれとポン酢がありましたが、まずはポン酢で、そして2つ目はごまだれで食べました。ポン酢は当然、さっぱりしていてとても美味く、ゴマだれはもう少し濃厚な感じですが、これも大変美味しかったです。
shabu_toki07.jpg

私は個人的にはゴマだれの方が好みです。
shabu_toki08.jpg

野菜、くずきり、うどんなどもお肉について来て、ボリューム十分。豚や野菜からのだしがでたスープでうどんを頂きました。うま~い!ご飯をもらっておじやにすることも出来ます。

お腹が膨れたところでデザートのマンゴーアイス。
マンゴー以外にも緑茶、小豆、バニラなどの味もありました。マンゴーアイスを食べて口がすっきりとしました。マンゴーアイスはやはりいけます。
shabu_toki09.jpg

しゃぶしゃぶレストラン、TOKI。かなり気に入ってしまいました。次回からはしゃぶしゃぶを食べたくなったらここに行こうと思いました。お勧めします!



以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      


テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

英語の引用シリーズ2

“This instant - this one now, is always your life's beginning, a fresh chance to start living your destiny.”-Martha Beck-

訳:この瞬間、つまり“今この時”は、いつも人生の始まりであり、あなたの運命に生きるための新たチャンスなのです。

マーサ・ベックさん、良い事を言いますね。
私はポジティブに考えるのが難しい時がありますが、今この瞬間を新たな人生を始めるチャンスと捉えられるように考え方を変えていければと思いました。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

ボストン・シーフードレストラン

海がすぐそばのボストンにはたくさんのシーフードレストランがあります。今週は、ボストンで開かれている学会に出席するためにたくさんの研究者達が世界各国から来ていたこともあり、どこのレストランもかなり込んでいました。私の恩師の先生とそのご友人の先生、そしてその先生の大学院生と夕食に行くことになりなりました。

ボストンだからシーフードを食べたい、と言うことで、学会の開かれていたHynes Convention CenterのあるBoylston StreetにあるAtlantic Fish Coに行って見ることにしました。

レストランの場所はプルデンシャルセンターのBoylston Street側の出口から出てすぐです。レストランの外観。
atlanticfishco.jpg

ボストンの食べ物で有名なのはニューイングランドクラムチャウダー、生がきとロブスターなどだと思います。先生方は既にクラムチャウダーを食べられていたので、恩師のご友人の先生と彼の博士課程の学生さんは2人でLobster Feast for Two(ロブスターの宴、二人用)と生がきを注文されました。

まずはアペタイザーの生がき。マサチューセッツ産のものです。レモンとチリソースにホースラディッシュ(わさびみたいな味がするような気がする)でお好みに応じて味付けします。私は個人的にはレモンとホースラディッシュで食べるのが好きです。
atlanticfishco03.jpg

そしてでてきたロブスターの宴、二人用は↓

lobsterfortwo_atlanticfish01.jpg

2パウンドのロブスターにたくさんのムール貝ベークドレッドポテトが付け合せありました。食べられたお二人は“美味い!”とおっしゃっていました。

私はつい先日、自宅でロブスターを食べていたので、Giant Scalops(巨大ホタテ)のソテーを頂きました。バターでソテーしてあり、少し表面が焦げ気味でしたが、非常に美味しく、食べ応えのある大きさでした。さすがGiant。

atlanticfishco02.jpg

atlanticfishco04.jpg

今回は先生方に夕食をご馳走になってしまいました。ありがとうございました!

Atlantic Fish Coそれなりに値ははりますが、街中にあることを考えれば、リーズナブルだと思いますし、アメリカのシーフードレストランでは非常に美味しいと思いました。個人的にはLegal Seafoodよりも好きでした。お勧めできます。


以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

ボストン・バンカーヒルモニュメントの夕暮れ

以前にフリーダムトレールの記事で書きましたが、ボストン・チャールズタウンにあるバンカーヒル・モニュメントは、ボストン・フリーダムトレールの中でも象徴的なものです。

bunckerhillmonu01.jpg

bunckerhillmonu02.jpg

1775年6月17日にこの丘の上でアメリカ軍とイギリス帝国軍が有名な戦い、“The Battle of Bunker Hill”を繰り広げました。これはアメリカ革命戦争初期の最も大きな戦いの一つです。塔の中は結構狭いですが、螺旋階段になっていて頂上まで上がることが出来ます。頂上には窓があり、ボストンとチャールズ・タウンと一望することが出来ます。ここからの眺めは私のお気に入りです。

先日、夕暮れ時にバンカーヒル・モニュメントに行く機会があったのでその時の写真を紹介します。
日本からのお客さんと一緒に上まで登ることにしましたが、狭いらせん状の階段を登りながら心臓がばくばくしてしまいました。最近は運動不足・・・・もっと運動しなければと思いました。登るのは大変でしたが、登り終えてからの景色はとても素晴らしく、その苦労が報われました。

海側(南東)の景色
bunckerhillmonu04.jpg

チャールズタウン北西の景色。多くの人が通勤に使うフリーウェー93号線が見えます。
bunckerhillmonu10.jpg

夕暮れのボストン。夕日が良く似合います。青い空と赤く染まる雲と地平線近くの空に飛行機雲のコントラストが素敵でした。

View_from_Bunker_hill2009.jpg

もう少しだけアップでボストン、メモリアルブリッジ、ジョン・ハンコックビル、プルデンシャルタワーがこの塔から綺麗に見えていました。やはり夕暮れのボストンは素敵です。でも太陽は無常にもそそくさと沈んで行きます。こういう綺麗な夕暮れが見えるのはほんの短い時間だけです。

bunckerhillmonu03.jpg

バンカーヒル・モニュメントの頂上からボストンの夕暮れの風景をじっくり楽しんだ後、階段を下りるとモニュメントが紅に染まっていて良い感じでした。

革命戦争で大活躍したプレスコット大佐
bunckerhillmonu09.jpg

そして紅に染まったバンカーヒル・モニュメント。良い瞬間を写真に収めることができました。
bunckerhillmonu08.jpg



以下のランキングに参加しております。励みになるのでクリックにより本ブログの応援をお願いいたします。それぞれのロゴをクリックしてください!。いつも応援ありがとうございます!
br_decobanner.gif      

テーマ : ボストン生活
ジャンル : 海外情報

tag : ボストン ボストン紹介

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。