スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークリッジ

今週はテネシー州ノックスビルの郊外、オークリッジにある国立研究所を訪れました。以前にも何度か来た事があるのですが、ノックスビルの空港は小さい!ターミナルも一つだけ。ゲートも12個くらいしかないのではないでしょうか?典型的なアメリカの小さい空港です。小さいながらも空港の中はとても綺麗ですが!

TYS_airport.jpg


空港内にボートが飾ってあるところが田舎らしい。街を走っていると池というかLakeを多く見かけたのでおそらくボートでたくさん遊べるところがあるのだろう。

TYS_airport02.jpg


この街に来る時は日本ではあまり知られていないUS Airwaysを使います。アメリカ東海岸ではもっとも便利な航空会社で特に小さな街に行くのにとても便利です。来る時はフィラデルフィア経由で、帰るときはノースカロライナのシャーロット経由です。

乗り継ぎ先からあるいは乗り継ぎ先まではたいていプロペラ機です。

TYS_airport03.jpg


結構うるさいですが、意外とあまりゆれないし安定していて悪くないです。
Knoxvilleはこのように小さな空港を持つアメリカでも中規模の街ですが、日系企業であるデンソー(DENSO)の工場が近くにあるため日本人学校もちゃんとあり、日本人も決して少なくないようです。

生活費も安く自然も多いけれど、大きなお店もきちんとあることから引退してからこのあたりに来る人も少なくないようです。僕も引退するならこういう街の方が良いかなとも思いました。

今回訪れた国立研究所はノックスビルから車で30分ほどのところにあるオークリッジというとても小さな町にあります。最新の研究で有名ですが、昔から核兵器の研究をしている研究施設があり、そこは研究所の中でも少し異質でゲートも別に持っていてアメリカ人でも中々立ち入りできないほどセキュリティーが厳しくなっています。

私はこの核兵器研究所ではなく材料研究グループに所属するお客さんを訪問しました。一緒に実験をするためです。詳しくは話せませんが、今回はフロリダ州立大学の研究者の持ってきた試料の解析を試みました。

それにしてもこの研究所は大きいです。銃を持ったガードのいるゲートでチェックインした後、ビルがぼちぼちと見え始めるまで走ること4マイル(約6.4キロ)。そこからお客さんのいるビルまで2マイルほど走りました。研究所の中はまるで森になっており、鹿や七面鳥などが普通に道端に現れます。今回は鹿を見かけました。

oakridge01.jpg


oakridge02.jpg


それとよく車にひかれたスカンクがいて臭いです。半端じゃなく。
今回泊まったホテルとオークリッジのメインストリートの写真をいくつかご紹介します。

oakridge03.jpg


Doubletreeホテルはヒルトン系ですが、比較的安く綺麗でとてもよいホテルでした。綺麗なプールとレストラン、バーも付いていました。
メインストリートにはホテルの他にウォルマート、シアーズを要するモール、中華レストラン、ステーキレストラン、メキシカンレストランなどがありました。それでもとても静かなメインストリートです。oakridge04.jpg


ホテルのすぐ前にあったメキシカンレストランは中々美味かったです。
ノックスビルにはJapanese restaurantもあるのですが、今回は行きませんでした。また機会があれば行って見ようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

New Englandにも夏

New Englandにも夏が来ました。New Englandの夏はやはりビーチ・水遊びでしょう。こちらは冬が長いので夏になると毎週末のように競うかのようにビーチに行く人たちがいます。北に向かうフリーウェーは渋滞。

人気のあるビーチに行くと駐車料金を25ドルくらい取られます。それでも11時くらいまでにはパーキングが一杯になってしまうので海で遊びたければ早めに海に行かねばなりません。私はボストンの北のBeverlyという街に住んでいます。街にもビーチがありますし、少し北に行くと人気のあるビーチがたくさんあります。

車で20分くらいのところにあるグロースターという街にはかなり人気のGood harbor beachがあります。私はそのビーチはまだ行ったことがなく近いうちに行こうと思っています。

去年はHamilton Beachというニューハンプシャー州のビーチに何度か行きました。そこもとても人気のビーチでものすごい人でした。

Hampton_beach02s.jpg



Hampton_beach07s.jpg


hamilton_beach08.jpg


ところ狭しと人人人。でも水が冷たいので水に入っている人は少ないのですが・・・

今年の夏はニューイングランドの夏を満喫しよう!

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

たまには楽しいドライブの旅

普段は飛行機で出張に行くのだが急に出張が決まったことと距離が比較的近かったことから車で行くことに。場所はニューヨーク。とはいえニューヨークシティではなくニューヨーク州真ん中の方の超~ど田舎、Binghamtonという街だ。

そこにあるSUNY (State University of New York at Binghampto)に訪問した。私の住むボストンの北、べバリーから大学に着くまでおおよそ7時間。街中を出てからは快適に運転できたのだが、朝のラッシュに重なったのとフリーウェーで事故があったためMass Pike-I-90に乗るまでに1時間半もかかってしまった。普通だったら30分でいけてしまうところなのに・・・。

SUNY at Bは最近、ナノテクノロジーに力を入れているらしくとても大きなナノテクノロジーセンターを建設中だった。わが社の装置の入っているビルはまだガラガラでこれからどんどん人を雇いセンターを大きくしていくのだという。

それにしても街が寂れているのにとても驚かされた。昔は工業で栄えたらしいのだがダウンタウンに行っても人が少ない。それに治安の悪そうなエリアがまちまち。それでもお客さんはとてもよいひとtで歓迎してくれたし、同僚のエンジニアともとてもよい仕事ができ、まあ満足。同僚のエンジニアが帰る前の日にとてもよいイタリアンレストランに連れて行ってくれた。

binghamton01.jpg


彼の先祖はイタリア系でSons of Italyというクラブにも入っているらしいが、彼の連れて行ってくれたLittle Veniceというレストランはイタリア系の家族によって経営されているとても歴史のあるレストランでレストランの中にはきれいな絵画があちこちに飾ってありとても趣があった。

binghamton02.jpg



食事はマンマの味というべきディッシュが多くありとても楽しむことが出来た。

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

プロフィール

TOSHI@PHX

Author:TOSHI@PHX
2000年に大学院留学のために渡米、波乱万丈のアメリカでの16年間をよき伴侶(はっぱ)と息子(2ヶ月で渡米、現在高校2年生)と共に乗り越える。フェニックス、ボストン、そしてフェニックスを経て現在、カリフォルニア州アーバインに生息。

いつか、アメリカンドリームをかなえることを夢見つつ、今日も研究室で実験に励む。

フリーエリア
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。